風の色 嵯峨野
嵯峨野に行く時には、もう何度も行っている船で千鳥が淵を通り、対岸の大悲閣へ行くルート。圧倒的な緑。
d0004627_2334231.jpg

保津川、高瀬川の開削をした角倉了以は今でいうPFIを実行した人。
d0004627_235972.jpg

彼が住んでいたところが大悲閣として今も、絶景隠れスポットとしてあります。
ご住職の想いがあってか、ごちゃごちゃ感がかえってゆっくりとした気分にさせてくれるところです。

黄砂交じりに風は吹き、千鳥が淵で笛を吹いていた人魚。
d0004627_2341088.jpg

大悲閣から渡月橋までのup and downの道は静かで、吟行にはぴったり。

SHOUT
shouT SHOut
風に笛の音が混じり
千鳥が淵から龍が昇り立つ。
zaWA ZAWa

d0004627_2344436.jpg

大悲閣からの眺めは絶景。何度行ってもいつも新鮮。
もう何度ブログで載せたことでしょうか。
私の住む比叡の山が京都盆地を挟んで見えます。
d0004627_23143369.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2010-05-25 23:05 | ことば
<< 今年の春草物語 かんさい元気人リレートーク特別編 >>