吉兆バーベキュー
d0004627_14452762.jpg

京都太秦にある長澤農園にて、無農薬野菜の収穫、市販野菜との食べ比べ、
吉兆風バーベキューと、 盛りだくさんの京都スローフード協会の企画に行ってきました。

フランスから来ているエコノミック・リサーチャーのジュリエットさんの通訳で、京都スローフード協会の徳力さんにお会いした時、吉兆バーベキュー企画で、長澤さんと吉兆の徳岡さんにインタビューすれば、日本の食の経済に関してよく分かるからと、ご招待していただき感謝です!

前日37度。から梅雨の紫外線にどれくらい耐えられるか、熱中症にはかかりはしないかと、心配だったのですが、雨対策のテントが日よけとなり、涼やかな風も吹き大いに助かりました。

太秦といえば映画村。住宅街に農場があるんだろうかと半信半疑。おとぎの国のかわいい電車京福電車の太秦駅から案外近い社宅の真ん中に農場はありました。

京福電車の駅名
西院、帷子ノ辻、車折、太秦。正しくルビをふれますか?

話は長澤さんに戻ります。
夏期は主に、なす、キュウリ、トマト、オクラ、万願寺とうがらし、サニーレタスや赤紫蘇、たまねぎ、ミニトマトなど多品目。冬はねぎやたまねぎ。丹波にも農地を持っておられるという飛地農場。長澤さん所有の農地を企業やスーパーに貸す賃借料が経営の安定に役立っている。近郊農家は、こういうところが多いと、取材に来ていた「ソトコト」のライターさんは言っていた。

農薬で体がぼろぼろになって15年くらい前から、有機栽培に転換。今では、農協へおろすことなく、吉兆始め、欲しい人が買いに来るという人気農家。「てんかす」や鰯や鰹を肥料として使う工夫など、猫もうらやむ天然肥料。実際猫が食べに来たこともあったそうです。

有機栽培への熱い想いのレクチャーの後、野菜の食べ比べ。氷水のはった桶に漬かっていると、どんなものでも、目に涼しく、食べてもおいしい。だけど、やはり違うもんですね。バーベキューたまねぎも甘さと旨みだけで、至福状態。

そして、日も傾きかけた頃、ビールを片手に、吉兆風バーベキュー。
徳岡社中の絶妙チームプレイによる野菜、お肉、鳥等々、バーベキュー狂の
私にはたまらないトランス状態でfanatic eating。

ジュリテットの徳岡さんへの質問
料亭でなんで有機野菜にこだわるの?

徳岡さん曰く
有機野菜を売りに料理しているのではなく、
おいしい食材を求めていたら有機野菜にたどり着いた。

11月には東京ファーマーズマーケット2005が開催され、
「シェフがつなぐシュフとファーマーの美味しい関係」がメインテーマで、
徳岡さんも参加されるようです。

仕掛け人 
徳岡邦夫さん 
おいしいものを求道し、有機野菜にたどり着く
徳力滋さん 京都スローフード協会 代表
京都コンセルジェはこの人
[PR]
by sdo-asanoya | 2005-06-30 13:42 | LOHAS・ライフスタイル
<< 農のあるライフスタイル実現に向け 同志社女子大学での講演 >>