早朝 ハス 烏丸半島
びわ湖のハスは大きくウテナに潜む物語
d0004627_22262022.jpg

「美しすぎると詠めないの。」とは、母のことば。そんな朝がありました。
d0004627_22202252.jpg

私は早朝が好き。特に夏の朝が。
雨で窓が開けられない夜の寝苦しさは、6時頃急に涼しくなり、鳥が鳴き出し、少しまどろみあと15分ベットにいたい。
d0004627_230461.jpg


そんな早朝の蓮池物語。
二人でいたい。
d0004627_2224496.jpg

一人でも
d0004627_22252750.jpg


まどろみはいいののよ
一輪 いち りん
散らしながら
それでもいいのよ
黒スイレンは私の心の中の秘め事だから

『短歌という爆弾』
しんしんとひとりひとりで歩く
(わがまま)について

今年の夏は四万十川の風に吹かれてみたい。
[PR]
by sdo-asanoya | 2010-07-30 22:59 | ことば
<< 会社経営の経験からまちをみる 函館ゆり園 夏 >>