blissful moment
11月の三連休も終わり、今年を振り返りつつ、来年のことを思う頃となりました。

住宅地を抜けてバス道に行くと
はっとするような黄色や赤に彩られた空間が待っています。
雨のそぼふる翌朝は、道にも紅葉の饗宴が広がり、
普段の通勤路は、自然が用意してくれた大舞台となります。
すっぽりと包まれる何ともいえない感覚。
それは「まあ、なんて...」と一息止めるような瞬間なのです。
d0004627_0184020.jpg

昨日まで 風にゆれたる 紅葉は   
十色パレット 雨のバス道 

時間調整のために少しの時間を御所で過ごしました。
d0004627_021993.jpg

拾翠亭に始めて入りました。御所には足早の観光客がめっきり少なくなり、拾翠亭から見える庭園を静かに眺める時間が広がっていました。手に持っていた『ことばのゆくえ 俳句短歌の招待席』by坪内稔典&永田和宏を読むにはぴったりの木漏れ日。秋はふわりふわりと手の中を通り過ぎていきます。
d0004627_0211986.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2010-11-27 00:17 | ことば
<< 猫の背中に 彼女は天使だ >>