BOPビジネス最前線に関わる渡辺氏に聞く BOPビジネスと日本企業の可能性と盲点とは?
KSEN(京都ソーシャルアントレ会のお知らせです。

今回は運営委員の牧野さんの仕切りでの企画です。国際協力の新しい形として注目されている、BOPビジネスがテーマです。

官民連携、企業のビジネスの可能性を皆で考える場にしたく、民、官、NPO、幅広い方のご参加をお待ちしております。お知り合いにもお声かけ頂きたく、宜しくお願い致します!

以下転送歓迎です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

KSEN、同志社大学総合政策科学研究科岡本研究室 合同企画
~BOPビジネス最前線に関わる渡辺氏に聞く BOPビジネスと日本企業の可能性と盲点とは?~

【開催趣旨】
現在、貧困、環境、水資源等々、世界的に解決しなければならない問題が多々できていますが、公的機関を通じた協力(ODA等々)だけでは間に合わず、官民連携、企業のビジネスを通して、問題解決に期待がかかっています。
そんな中、今回は、日本の*BOPビジネス促進の最前線に関わられている渡辺珠子氏にお話をお伺いします。BOPビジネスの具体例を呈示して頂きながら、日本企業が途上国で新たにビジネスを始めるチャンスがあるのか、また、その際の留意点をお話頂きます。

民、官、NPO、学生さん、幅広い分野の皆さまで議論したいと考えており、
皆さまの参加をお待ちしております!

* BOPとは、途上国におけるBOP層(Base of the Economic Pyramid層 )を対象
(消費者、生産者、販売者のいずれか、またはその組み合わせ)とした持続可能なビジネス。

【開催概要】
■日時:2011年6月16日(木)18時30分―20時30分
■場所:同志社大学新町キャンパス臨光館306号室
■地図はこちらを参照下さい(http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_campus.html)
■講師:株式会社日本総合研究所創発戦略センター 新興国マーケティングチーム 副主任研究員 渡辺 珠子氏
■演題:BOPビジネスと日本企業の可能性と盲点
■主催:同志社大学総合政策科学研究科岡本研究室
■共催:KSEN(京都ソーシャル・アントレプレナー・ネットワーク

■プログラム:
18時半~19時半:講師講演
19時半~20時半:自由討論、質疑応答■事前予約不要・入場無料・来聴歓迎

■イベントページはこちら: http://www.ksen.biz/modules/eguide/event.php?eid=41
■ 本イベントのチラシは同大学院総合政策科学研究科のサイトからご覧いただけます

【講師略歴】2002年名古屋大学大学院 国際開発研究科(国際開発専攻)修了後、メーカー系シンクタンクにて中国を中心としたアジア諸国のマクロ経済動向調査、ODA関連調査やヒューマンスキル研修設計、営業支援コンサルティング等に携わる。2008年㈱日本総合研究所入社。現在、創発戦略センターグローバル・アジア・オフィス新興国マーケティングチームリーダー。専門はインドにおける省エネルギー関連調査、BOPビジネス立上げ支援事業(インド、中国、アフリカ)。BOPビジネスについては、JICA BOPビジネス促進制度に関する制度設計(2009年)、民間企業のBOPビジネス立ち上げ支援、等の各種調査・コンサルティングに従事。

■【京都ソーシャル・アントレプレナー・ネットワーク】
連絡先:http://www.ksen.biz/modules/contact/
略称:KSEN(ケーセン)/京都ソーシャル・アントレ会]は、京都を中心とした社会起業家(ソーシャル・アントレ)のネットワークを構築し、いきいきとした活動をしている方々を応援する団体として、2004年10月22日に発足しました。
会長 : 川本 卓史(かわもと たかし)
株式会社カスタネット社会貢献室顧問。
ブログ:川本卓史京都活動日記
[PR]
by sdo-asanoya | 2011-06-09 22:20 | イベントお知らせ
<< Noism 6/18 音の効用 >>