蓮池
d0004627_19465541.jpg
芥川龍之介の「くもの糸」

ある日の事でございます。御釈迦様《おしやかさま》は極楽の蓮池《はすいけ》のふちを、独りでぶらぶら御歩きになっていらっしゃいました。池の中に咲いている蓮《はす》の花は、みんな玉のようにまっ白で、そのまん中にある金色《きんいろ》の蕊《ずい》からは、何とも云えない好《よ》い匂《におい》が、絶間《たえま》なくあたりへ溢《あふ》れて居ります。極楽は丁度朝なのでございましょう。

蓮は朝と思いきや、ハスの群生地のライトアップが、滋賀県草津の烏丸半島であります。

夜のハスを楽しんで
草津の烏丸半島 30日からライトアップ
 滋賀県草津市の烏丸半島にあるハスの群生地が、30日からライトアップされる。地元の常盤学区自治連合会などでつくる実行委員会が企画、「昼間とは違う幻想的なハスの姿を楽しんでほしい」とPRしている。

 群生地は、烏丸半島東側の赤野井湾にあり、広さ約11ヘクタール。平安時代初期に天台宗の開祖・最澄が植えたハスが繁殖したとされる。「地元の魅力をもっとアピールしよう」と、初めてライトアップすることにした。

 実施するのは30、31日と、8月6、7日の4日間の午後7時半-10時。草津市水生植物公園みずの森の琵琶湖岸に、1600ワットの投光器を4基設置し、群生地を照らし出す。

幻想的なライトアップされた蓮池なら、「くもの糸」はどんなストリー展開になるのでしょうか。

ライトアップなら高台寺。ライトアップされた池を覗き込むと、夜の熱帯雨林を木の上から見ているような錯覚に陥ります。もっと見たくて池に飛び込みたくなるくらい。
[PR]
by sdo-asanoya | 2005-07-31 19:34 | イベントお知らせ
<< 京都で『NPO・市民活動見本市』 『森の巣箱』 >>