花X絆
「花があたえてくれるコト
京都・パリ、3人のフラワーコーディネーターによるチャリティイベントに参加してきました。

京都市国際交流会館から見える東山と、青の和花、黄のパリ花、紫ピンクのプーゼ花の饗宴。NPOXアートでの社会的贅沢空間を満喫しました。

■出演者プロフィール (abc順)
◎福山 重文 ( 
花政/ 京都)
創業1861年の京都の老舗花店『花政』の花職人として活躍。
山野草や和花を用いた花活けは、「欠かせないもの」として多くの
老舗店に愛され続けている。

◎佐伯 美奈 シアンフェラーニ ( 
リューディ/ PARIS)
1994年、大学卒業後に渡仏。パリ、モンパルナスのアトリエ
『LIEU DIT』(リューディ)、アラン・シアンフェラーニ夫妻のもとにて研修。
2002年に同夫妻の養女となる。
同夫妻の引退後2005年7月からは、アトリエを引き継ぎオーナーとなる。
カトリーヌ・ミュレー(NHK番組スーパーフラワーレッスンで話題)が
著書に紹介する、パリの人気フラワーコーディネーターの一人。

◎浦沢 美奈 ( プーゼ/ 京都)
京都西陣生れ。フリーのフラワーコーディネーターを経て、
1992年『フローリストショッププーゼ』をオープン。
京都ではぐくまれた色彩感覚と、パリスタ イルのデザインを
生かした花束は、プーゼスタイルとして全国的にファンに
支持されている。
京都市内に3店舗とフラワーアレンジメント教室「アトリエプー ゼ」を
主宰する傍ら、TV、雑誌などで活躍中。
著書「お花屋さんの花ノート」(文化出版局)、
「お花屋さんの花レシピ」(文化出版局)。
佐伯 美奈との共著書
「小さな花のナチュラルアレンジ パリ・京都 花のある暮らし12ヶ月」
(主婦と生活社)。
[PR]
by sdo-asanoya | 2011-08-20 23:47 | 新しい寄付文化の創造
<< 明日は松本へ わくわく☆ドキドキ♥劇場探検ツアー >>