かごめ、かごめ、かごのなかの......
d0004627_2144191.jpg

もう秋なんだ。

1週間ほど前は半袖、今は綿タートル。
何があっても時は過ぎ行く。

「普通」を普通として生きること。

 お江が生きた戦国時代は桃山ルネサンスが花開いた時期でもあり、同時に西欧のルネサンス音楽が日本に来た時期でもありました。豪華絢爛な西洋文化が東洋文化と出会い、融合していく。これを音楽的に表現した企画がふたつ。

音源の中にやさしく響く人間の営みの色々を感じました。

〇10月10日月曜日
「アントネッロ 古楽(こがく)アンサンブル ~西洋音楽との出会い~」
西洋文化が日本文化と出会い、融合していく様が今回の公演で実感できます。国内外で高い評価を受けている古楽アンサンブル アントネッロが、当時の演奏スタイルをナレーションも交えながら分かりやすく再現します。

〇10月16日日曜日「ガブリエリの響きから天正少年使節が聴いた音楽~」
天正少年使節が渡った16世紀末ヴェチアはは音楽文化が花開き、黄金や宝石で輝くサン・マルコ大聖堂で少年使節はオルガン奏者のジョバンニ・ガブリエリの演奏を聴いたとされています。トークコーナーも、大津歴史博物館の樋爪館長に「大津と京極家」の関係についてお話いただき、特別ゲストとして、京極龍子役でドラマにご出演の鈴木砂羽さんと、千利休役の石坂浩二さんに茶道の指導をされている小澤宗誠さんに撮影現場での秘話などをお話いただきます。この日の朝には、樋爪館長に大津の歴史を知る絶好のまちあるきツアーを組んでいただきました。

盛りだくさんの企画で、今から楽しみです。
[PR]
by sdo-asanoya | 2011-09-30 21:54 | イベントお知らせ
<< ソーシャルビジネス町家塾のご案内 創造都市 CCA >>