京都発 ソーシャルビジネス普及講演  10月16日
京都発 ソーシャルビジネス普及講演 
第二回目は、10月16日(火)。
情報技術を活用した多文化社会のビジネスモデルについて考える』

【開催趣旨】
阪神・淡路大震災被災地に暮らしていた約8万人の外国人に情報を
伝えるために「外国人地震情報センター」は設立され、その後
「多文化共生センター」と改称し、多文化共生社会の実現をめざし
活動をしています。2001年に「多文化共生センター」の有志によって
設立された株式会社グローバルコンテンツは、情報通信技術を活用した
多言語情報サービスを提供することを通じて、「多文化共生社会」の
実現をめざしています。
今回は、グローバルコンテンツの代表取締役である中村 満寿央氏をお招きし、
設立の経緯、現在の活動、これからの計画についてお話いただき、
非営利組織と株式会社との共奏関係や情報技術を活用した多文化社会の
ビジネスモデルについて、議論していきたいと考えています。

【開催概要】
■10 月16 日( 火)
 18:30 ~ 20:00

■場所:京都テルサ 東館3 階 A 会議室 

■講師:中村 満寿央 氏
株式会社グローバルコンテンツ 代表取締役

株式会社グローバルコンテンツ
http://www.globalcontents.co.jp/
在日外国人向けの4言語(英語・スペイン語・ポルトガル語・
フィリピノ語)によるニュース・生活支援情報や、日本人向けの
語学講座・現地ニュース等の情報ガイドを、携帯・スマート
フォンサイトで提供。また自治体や地域国際化協会向けの
多言語情報提供システムの開発・運営をおこなう。

■プログラム:
18:00開場
18:35講演 『多文化共生社会を目指して グローバルコンテンツの場合』
19:30トークセッション 
    『情報技術を活用した多文化社会のビジネスモデルについて考える』
20:00終了

■申し込み
email:office@kyoto-sbn.com/TEL..075-681-9100/FAX:075-693-4625

【講師紹介】
中村 満寿央 氏
株式会社グローバルコンテンツ 代表取締役
電気メーカーの技術職を経て、19 98年から2001年まで多文化共生センターの
事務局長を務め、グローバルコンテンツ社の設立時から取締役副社長として、
おもに技術面を担当。2006年より現職。特定非営利活動法人多文化共生センター
大阪の理事も兼務。

【主催】一般社団京都ソーシャルビジネス・ネットワーク
【協力】京都ソーシャル・アントレプレナー・ネットワーク(KSEN)

【お問合せ】
一般社団法人京都ソーシャルビジネス・ネットワーク(担当:金田)
URL..http://www.kyoto-sbn.com/
email:office@kyoto-sbn.com/TEL..075-681-9100/FAX:075-693-4625
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-09-24 21:49 | イベントお知らせ
<< 10月6日、7日、8日は大津へ 三文オペラ 大津祭 >>