ソーシャル・アントレプレナーギャザリング
特定非営利活動法人 ソーシャル・イノベーション・ジャパン(SIJ)主催
社会起業家集合イベントです。夜塾は盛り上がりそうですね。
ソーシャル・アントレプレナーギャザリング実施概要
【日時】
1日目:2005年10月 1日(土)13時30分~19時30分
2日目:2005年10月 2日(日)10時00分~16時00分
【場所】
アカデミーヒルズ49(六本木ヒルズ内)

実施プログラム~見どころ~】
<1日目>
●トークセッション
「ソーシャル・イノベーションが変える日本~閉塞した日本の経済社会を打破するソーシャル・イノベーションの可能性と課題について語り合う~」
宣伝会議編集長の田中里沙氏、北海道グリーンファンドの杉山さかえ氏、イーエルダーの鈴木政孝氏を迎え、代表理事の谷本のコーディネータにより、トークセッションを行う。

●ケーススタディ・ワークショップ
以下、3つの分科会を実施。 実践者を招き、具体的事例をもとに、それぞれの内容でのケーススタディを行う。
①「企業が社会的課題にいかに取り組むか~大阪ガス×日本航空」    
社会的事業に取り組む企業とNPOのアライアンスの方法などについて。
②「新しい商品・サービスをどのように開発し、新しい社会的価値を創出するか」
ソーシャルビジネスの商品戦略と営業戦略、市場開拓について。
③「いかに制度を乗り越え、活かすか」
既存の制度・システムの壁を乗り越えて、それをどのように新しい社会的事業・サービスとして活かしていくのか。

●フェアトレードカンパニー ファッションショー
同社が展開しているPeopleTreeというショップで販売されている商品は全てフェアトレード。衣服やアクセサリーなどを中心に六本木ヒルズの最高のロケーションで開催。

●夜塾
六本木ヒルズ内にて二次会を開催。活躍中の社会的企業家を囲み、こういった場でしか聞けない苦労話や取り組みのきっかけなど、ざっくばらんな話を聞きながら懇親を深めていただく。

<2日目>
●参加者全員参加型“リバレッジ・ポイント・ワークショップ”
「2025年、ソーシャル・イノベーションによって日本はどう変わるか」
教育、環境、福祉・医療、経済・産業、地域・コミュニティ、生活・文化などのテーマごとに、2025年を起点に現在を振り返り、今何をすべきなのか、参加者全員で知恵を出し合い考える。将来の日本を構想し、イノベーション・モデルを持ち帰ってもらうとともに、SIJ発の2025年ビジョンの提言を発表する。

●スキル別スクール
SIJスクール事業の紹介も含め、以下、3つのスクールの分科会を実施。第一線で活躍する実践者を招き、具体事例や海外事例など取り入れた講義を行う。
① ソーシャル・ビジネスのファンディング
損害保険会社勤務の実践者と、NPO法人ETICの方を招き、現在の資金調達の課題と将来の展望について、“新たな仕組みづくり”をキーワードに、海外事例も交えながら進める。
② ネットコミュニティの活用法
「関心空間」を立ち上げた前田社長をゲスト講師に、ソーシャル・ビジネスを推進する上で、情報デザイン的発想に基づいたITの活用法として、ネットコミュニティ形成方法を中心に考える。
③ ソーシャル・コミュニケーション
“コーズ・ブランディング”、“コーズ・マーケティング”の概要について、Cone,INC.の最新調査結果も交えた発表を行う。
[PR]
by sdo-asanoya | 2005-09-06 19:38 | イベントお知らせ
<< 『CSRの新しいながれと社会起... 田舎のセンスアップ空間 >>