ソーシャル・ギャザリング & CSR
明日、あさっては、SIJのソーシャル・ギャザイング
KSENで企画していた連続セミナー「CSRの新しいながれと社会起業家」も
東京と京都の企画が固まりました!

転送歓迎、長文です。
====================================================
■連続セミナー「CSRの新しいながれと社会起業家」

 CSRの先駆者が京都にやってくる!
 ~あの『社会起業家』(岩波新書)で絶賛されたマーリンさんのセミナー~
    http://www.sccj.com/modules/news/article.php?storyid=119
            http://www.ksen.biz/csr/

 2005年10月24日(月)14:00~16:00 at ぱるるプラザ京都
    10月25日(火)18:30~20:30 at ひと・まち交流館京都
====================================================
最近日本でもCSR(企業の社会的責任)に対する関心が高まって来ています。
アメリカにおいて長年、企業の社会責任に対する評価や協働に取り組むNPOの
活動を続け、この分野では第一人者と目されている、アリス・テッパー・マーリ
ン女史を日本へ招き、CSRや社会的企業に関する最新のお話を聞くと共に、日
米両国の意見交換を通じてお互いの発展を図ります。(通訳あり)

●第1回講演会
 テーマ:「CSRの新しいながれ」
    ~サプライチェーンマネジメントと中国を含むアジアの事例を踏まえて~
 日時 :10月24日(月)14:00~16:00
 場所 :ぱるるプラザ京都 4階会議室(京都駅前)
     http://www.mielparque.or.jp/kyt/kyt01.html

※このセミナーでは、企業・NPOが社会的に果たすべき説明責任、およびそれ
をステークホルダーがどう評価するかを考えます。特に、中国に進出する日本の
企業は数多く、グローバル企業としての労働CSRの方向性が問われているため、
SA8000の視点から関心の高まるサプライチェーン・マネジメントについて
考えます。

●第2回講演会
 テーマ:「NPOが社会にインパクトを持つためには?」
      ~社会起業家マーリンさんと語る~
 日時 :10月25日(火)18:30~20:30
 場所 :ひと・まち交流館京都 3階第5会議室
     (京都市下京区河原町五条下がる東側)
     http://www.hitomachi-kyoto.jp/access.html

※ミセス・マーリンは、SAIの前身であるCEP(経済優先順位研究所)の設
立以来30年以上におよぶNPO活動に従事しており、とくに「企業に社会責任
を認知させたパイオニア」として知られています。このセミナーでは、直接ご本
人からNPOや社会起業家についての意見を伺うと共に、参加者との意見交換も
行います。

●参加費(各回とも)
 一般:2000円、NPO関係者:1000円、学生、SCCJ会員:500円
 ※逐語通訳を行いますので、英語の出来ない方も安心してご参加下さい。

●定員(各回)
 50名(要事前申込み)。定員になり次第申込みを締め切ります。

●申込み方法
 ・ホームページから: http://www.ksen.biz/csr/ (KSENで受付けています)
 ・FAX:下記の内容を記載のうえ、FAXでも申込を受け付けます。
 (  )10月24日(月)のセミナーに参加します
 (  )10月25日(火)のセミナーに参加します

  お名前            
   一般・NPO関係・学生、SCCJ会員<○をお付け下さい>
  ご所属団体・会社
  連絡先住所
  TEL          FAX        e-mail
 ※参加申し込みに当たって、みなさまからお預かりする個人情報は、本講座
 以外の目的で使用することはありません。

□主催
 特定非営利活動法人日本サスティナブル・コミュニティ・センター(SCCJ)
 http://www.sccj.com/

□企画・運営
 京都ソーシャル・アントレ会(KSEN)
 http://www.ksen.biz/

□助成
 財団法人国際交流基金日米センター(CGP)

□後援(申請中を含む)
 京都府 京都市 京都商工会議所 京都新聞社 KBS京都 京都文教大学
 特定非営利活動法人きょうとNPOセンター 京都CSR研究会

□講師プロフィール
 アリス・テッパー・マーリンさん(Ms Alice Tepper Marlin)
 ウェルズレイ大学、ニューヨーク大学大学院卒業後証券アナリストを経て、
1969年にSAIの前身であるCEP(Council on Economic Priorities)を設立。
以来33年間代表を務め、CEPは社会責任投資(SRI)の分野でパイオニア
となる。現在は、企業の労働環境や地域社会との連携を進めるための基準(S
A8000)を設定したSAI(Social Accountability International)の
代表を務める。またニューヨーク大学大学院客員教授として「市場・倫理・法」
を担当する。


■特定非営利活動法人 日本サスティナブル・コミュニティ・センター 概要
1999年1月設立。「地域情報化、ベンチャー、NPOで元気なまちづくり」を
キーワードに、ユニバーサルデザイン製品の開発支援や、医療・福祉機関の情
報化支援プロジェクト「どこカル.ネット」、どこでもインターネットができる
都市作りを目指す「みあこネット」などの事業を通し、地域市民による問題の
解決を行っています。http://www.sccj.com/

■京都ソーシャル・アントレ会(略称:KSEN/ケーセン)は、京都を中心とした社会
起業家(ソーシャル・アントレプレナー)のネットワークを構築し、いきいきと
した活動をしている方々を応援する団体として、2004年10月22日に発足しました。
「ソーシャル・アントレ」の輪を広げていることで、さまざまな分野に新しい風
を起こせれば、と願っています。会員は、社会起業家、企業人、研究者、学生や
NPO関係者など多様な人材が集まっています。http://www.ksen.biz/

-----------------------------------------------------------------------

ここから以下、東京での開催のご案内です。

====================================================
■CSRの新しい流れ:アジアにおけるサプライチェーン・マネジメント

 2005年10月21日(金)14:00~17:00 at 国際協力銀行本店
====================================================
日本においても、CSRは、法的遵守の範囲を超えた「持続可能な発展」に寄与
する企業経営のあり方とみなされるようになってきました。

本セミナーでは、1960年代より、企業活動の社会的評価に取り組んできたマー
リン氏が、米国でのCSR最新動向に加え、中国を中心としたアジアの具体的な
事例を中心に労働分野に関するサプライチェーン・マネジメントについて、
基調講演を行ない、専門家の方々とのパネルディスカッションを行います。

なぜCSRが普遍的な規準と結びついてきたのか、どのようにCSR投資を考えるべ
きなのか、グローバル企業が取り組むCSRについて、ディスカッションを行な
います。

□日時 :2005年10月21日(金)14:00~17:00
□場所 :国際協力銀行本店9階講堂
    (東京都千代田区大手町1-4-1、東西線竹橋駅出口3b)
□主催 :CAC-社会起業家研究ネットワーク
     京都ソーシャル・アントレプレナー・ネットワーク(KSEN)
     特定非営利活動法人日本サスティナブル・コミュニティセンター
     財団法人海外投融資情報財団(JOI)
□助成 :財団法人国際交流基金日米センター(CGP)
□後援 :国際協力銀行(JBIC)

□使用言語:基調講演は英語。但し日英の資料をご用意します。
パネルディスカッションは日本語(マーリン氏の発言のみ逐次通訳付)。

□参加費:無料

●プログラム/
 14:00-14:10 開会挨拶/
 14:10-15:00 【基調講演】
 【サプライチェーン・マネジメントとSA8000:CSRの新しい流れと中国の事例】
  アリス・テッパー・マーリン(SAI 代表)
 15:00-15:15 ブレイク/Break
 15:15-16:30
 【パネルディスカッション】

●パネリスト
・アリス・テッパー・マーリン(SAI 代表)
・岡田 仁孝(上智大学 教授、比較文化研究所 所長)
・木村 卓郎(国際金融公社(IFC) 東京事務所副所長)
・鈴木 均(日本電気株式会社 CSR推進本部 総括マネジャー兼社会貢献室長)

 モデレーター/ 川本 卓史(京都文教大学教授、KSEN代表)

 16:30-17:00 質疑応答/Questions & Answers

 総合司会:安間 匡明(海外投融資情報財団(JOI) 事業企画部長)

●申込み方法
東京開催分のお申し込みは、CAC事務局で受け付けております。
参加ご希望の方は、別添申込書にご記入の上、CACに10月14日(金)迄に
メールにてCAC事務局に問い合わせください。info@cacnet.org
申込書はCACホームページ http://cacnet.org/ から入手ができます。
[PR]
by sdo-asanoya | 2005-09-30 08:09 | イベントお知らせ
<< エコナビゲーション 裏と表 >>