「ほっ」と。キャンペーン
京漬物の食べ比べ
京都スローフード協会「市販漬物と無添加・無着色漬物との食べ比べ」
ブランド:近為、村上重、西利、大こう、吉兆
種類:千枚漬け、菜の花塩漬、大根(たくあん)、赤かぶ漬、大根正油漬、梅蕪漬、壬生菜漬

食べ比べは、ひたすらお茶で塩味を抑えて、香り、味、色、歯ごたえ、後味の項目に従って、
表に記入していく。不覚にも、菜の花漬から始めてしまった私は、次の種類ではもはや
味覚がおかしくなっていましたが、恣意的だけど万民的に「おいしい」と感じるものが好き派
と、あっさり無添加派の違いは分かりました。今回は浅漬派。やはり吉兆の浅漬は、リフレッシング。大根正油漬は、かめばかむほど、味わい深く、嵐山の風景が思い浮かびました。

恣意的だけど万民的に「おいしい」と感じるものが好き派
あっさり無添加派
浅漬派、古漬派
漬物屋さんが漬けたお漬物らしいものが好き派
料理屋が漬けたお料理風が好き派

個人の味覚によって白黒はっきりどのブランドが良いかというものではないし、
誰かの嫌いは。誰かの好きと個人の嗜好によって評価が変わるのが面白かった。
同席した元大手漬物屋さん勤務、現在有機野菜栽培中の方によると、
みんながおいしいと思う添加物の配合は分かっていて、漬けるというより配合するという
ニュアンスに近いということでした。

京漬物の食べ比べ会場は、小川通丸太町上ルにある「繁なり」。
仕出屋「二和佐」のお料理を座敷で食べさせてもらえるところです。
塩漬けの舌には、「二和佐」で評判の出し巻きやあわびの煮物、各種突出し、
お刺身、葛かけおぼろ豆腐、アサリのオジヤなどなど、美味美味。
仕出弁当は、おいしいと同席した某大学の先生がおっしゃっていました。

ここは京都府庁釜座通りの近く。釜座(かまんざ)通りには以前は、お茶の釜を作っていたところ。三条釜座通り界隈では、茶の釜を作っているところは、現在2つくらいしか残っていないとか。三条釜座通りには、大西清右衛門美術館 があり、釜の作り方や茶会での炭おこしなど、時の経つのを忘れてビデオ鑑賞ができます。街歩きに疲れたらぜひ寄りたいお勧め所。

繁なり
若旦那のひとりごと

シーフードは、生クリームとバターで大変リッチ。
シアトルで、あっさり料理は何かと問われれば、ステーキと言っていた私。

中近東でリサーチしていたアメリカ人の友達は、当然のごとくベジタリアン。「肉」を食う日本人をなんと思うでしょうか。「甘さ控えめ」が、上品と思っている日本人と、ちょっとした知識階級と思っているアメリカ人ベジタリアンって、どうなんでしょうか。

次回例会は、日本の肉と米国以外の肉との食べ比べということです。

サローネ・デル・グスト/テッラ・マードレ参加レポート(イタリア・トリノにて)
吉兆ワールド満載の報告やビデオがあるので、ぜひ。
[PR]
by sdo-asanoya | 2006-03-12 22:16 | LOHAS・ライフスタイル
<< 思わず遠くへ来たもんだ ケータ... 同志社でシンポジューム >>