黄砂
d0004627_21391863.jpg
桜の写真が撮れるかと期待したのですが、今日は黄砂日和。晴れているのに、琵琶湖はぜんぜん見えず、比叡の山々もかすみがちでした。和子さん片岡さん、他たくさんの皆さんの京都満開桜の様子の感動ブログ拝見して、滋賀県と京都の気候の差を痛感します。

滋賀県は五分咲きやつぼみのところが多く、来週にかけてが満開時。
桜で有名な海津大崎は、まだまだ。
車で通りかかった日吉大社は、京阪電車石坂線坂本駅より徒歩5分。
山王祭は、4月12日から4月15日まで。起源は約千三百年前、毎年3月の第1日曜に始まり、4月15日までの1カ月半、この大祭は繰り広げられるという長い神事。足元不如意というべきか。私は一回も行ったことがないです。
祇園祭は、千百年。7月1日の「吉符入り」にはじまり、31日の境内摂社「疫神社夏越祓」で幕を閉じるまでの1ヶ月。鉾町のあちこちで「コンチキチン」の練習が始まると気分はそわそわ。そういう日々を数年経験していました。今年からは淡海探索。

4月15日といえば、京都ソーシャル・アントレ会企画の『映画文化の再生-京都シネマの挑戦-~京都を映画のある街に・神谷雅子さんと映画を観よう!~』が、あります。
私は日程の関係で行けませんが、この企画の感想などを、皆さんのブログで読むのを楽しみにしています!
[PR]
by sdo-asanoya | 2006-04-08 21:21 | イベントお知らせ
<< ほっと一息 まだもう少し >>