11月7日おうみ市民活動フォーラム
11月7日に、おうみ市民活動フォーラム
『新しい公益を考えるマルチパートナーシップの時代』を開催いたします。
滋賀県の市民活動や県の動きやこれからの方向性などなど、話題満載のフォーラムですので、ぜひご参加ください。

【開催趣旨】
「よき社会」を実現しようとする「志」と「使命感」をもって活動するNPOや企業、大学が新しい公益をつくる重要な担い手として期待されています。地域の個性を活かしながら新しい時代に即したまちづくりの取り組みが全国で始まっており、その中核に市民や企業、大学と行政との協働連携を促進する仕組みがあります。そこで、当フォーラムでは、それぞれのお取り組みや想い、ネットワークづくりに関してご発言いただき、私たちに何ができるのか参加者と共に考え、このフォーラムをきっかけとして、協働ネットワークや協働の種を育てられるように、具体的な事例や論点整理を交えながら、議論展開していきたいと思っています。

また、11月8日、9日に開催される「NPO活動推進自治体フォーラム
滋賀大会」に全国の自治体職員が参加されますので、前夜祭という位置づけで実施し、滋賀県内のまちづくりに関する地域模様を広くしってもらいたいという思いももっています。

=============================
『新しい公益を考えるマルチパートナーシップの時代』
◇日 時 :11月7日(火)18:30~20:40
◇場 所 :滋賀県民交流センター(ピアザ淡海) 3階大会議室 
◇参加費:500円(資料代含む) ※手話通訳あります。

◇内容
 問題提起 『滋賀県のまちづくりと市民活動の変遷と今後について』
  北村裕明 氏 (滋賀大学経済学部教授)
 事例発表「滋賀県立大学の取り組から」
      近藤隆二郎 氏 (滋賀県立大学環境学部助教授)
      学生事例発表
       ・ とよさと快蔵プロジェクト
       ・中山道コンシェルジェ養成プロジェクト
パネルディスカッション: 『新しい公益を考える』
   コーディネーター:北村裕明氏(滋賀大学経済学部教授)
   パネリスト:岩根順子氏(サンライズ出版株式会社代表取締役)
          藤原久代氏 (マキノまちづくりセンター)
          近藤隆二郎氏 (滋賀県立大学環境学部助教授)

○問い合わせ・申し込み 淡海ネットワークセンター
TEL:077-524-8440
FAX:077-524-8442
E-mail:office@ohmi-net.com
[PR]
by sdo-asanoya | 2006-10-24 19:09 | イベントお知らせ
<< ちょこっとソーシャルにお金とつきあう 木札音声ガイド装置 >>