「許す」というカギがあれば「忘れる」というと扉は開きます....
by ひろまかずとし

「許す」は、「時間」という鍵が開けてくれるんですね。
「時間」は、「変化」という扉を開けてくれます。
「変化」は、「進む」という「自分時間」が開けるのです。
どこにも行かず、溜まっている自分時間も、いつか「いとおしい」と思うには、
少しづつ絶え間なく変わっていくことが大切。

啓蟄から清明へ。
球根の控えめな花から、大地の息吹をいっぱい吸い込んだ花へと、
進んでいきます。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-02-20 22:38 | ことば
<< 言霊 淡海 彦根方面 >>