企業とNPOの対話の夕べ ~ 連携と事業創造の可能性をみつける ~
明日はいよいよ、
●おうみ未来塾 成果発表会第7期生 塾活動成果発表 & 第8期生活動経過報告
2007年3月11日(日)13:15~16:00(受付:12:45~)
会場:コラボしが21 3階 大会議室

=========================
そして、3月15日には、
●企業とNPOの対話の夕べ~ 連携と事業創造の可能性をみつける ~
2007年3月15日(木)17時00分~19時30分(交流会=19時30分~21時00分)
会場:NEC晴嵐会館(大津市御殿浜6-28)

 岸田さんの基調講演の後は、ワークショップ形式で、知恵だしを行います。
アメリカに住んでいるときも、「ボーイング」や「ウェアハウザー」などの大企業は与える側だけでなく、NPOも与える側だろうと思っていました。3月15日には、NPOと企業との「いいとき」を持ちたいと思います。

 企業とNPOの新しい関係が始まっています。社会的課題の解決を目的に活動するNPOと、営利を主目的としながらも、CSRや社会貢献活動など非営利の理念と機能を持つ企業とが、お互いの強みを活かし合う関係を築き上げていくことが、これからの地域や社会を創るうえでの重要なポイントとなります。企業とNPOがよりよい関係を生み出していくためには、お互いのニーズを適切に満たす情報交流が必要です。企業とNPO、それぞれの知恵とチカラを持ち寄り、ともに語り合いませんか。

講演 「なぜ今、企業とNPOの連携・協働なのか~PSCの活動を通して」
講師:岸田眞代さん(NPO法人パートナーシップ・サポートセンター代表理事)
 ◇参加者意見交換「創造的な地域社会づくりのために、企業とNPOができること」

講師プロフィール:
岸田眞代(きしだ まさよ)
特定非営利活動法人パートナーシップ・サポートセンター(PSC) 代表理事。
フリーの新聞・雑誌記者等を経て、(有)ヒューマンネット・あい代表取締役。企業・自治体各種研修講師。1993年にNPOと出会い、96年企業とNPOのパートナーシップ視察を企画実施。98年にパートナーシップ・サポートセンター設立。2000年「パートナーシップ評価」発表。「NPO評価と企業評価 その社会的責任」と題する日米シンポジウムを日米4ヶ所にて開催。2002年には、「パートナーシップ大賞」を創設した。行政各種委員歴任。日本NPO学会理事。編著書に、「企業とNPOのパートナーシップ CSR報告書100社分析」(2006)「NPOからみたCSR 協働へのチャレンジⅡ」(2005)「NPOと企業 協 働へのチャレンジ」(いずれも同文舘出版、2003)「NPOと企業の社会貢献-企業は地域に何ができるか」(PSC編著)など多数。
【対象】
 ・NPOとの連携や事業化、CSRに関心のある企業・経済団体関係者
 ・企業との連携・協働に関心のあるNPO・市民
 ・企業とNPOの連携・協働に関心のある自治体職員
 ・NPO支援組織の関係者
 ※参加者の交流を図るため、名刺(10枚程度)をお持ちください。
交流会
終了後に交流会を行います。別途、交流会費(2,500円)が必要です。

【お問い合わせ先・申込先】
淡海ネットワークセンター(財団法人 淡海文化振興財団)
〒520-0801 滋賀県大津市におの浜1-1-20(ピアザ淡海2F)
電  話 : 077-524-8440
ファクス : 077-524-8442
メール:office@ohmi-net.com
HP:http://www.ohmi-net.com/
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-03-10 22:59 | イベントお知らせ
<< 映像メディアとまちづくり おうみ未来塾成果発表会 >>