進む
11月初旬に撮った日野菜も、今頃はおいしいお漬物になっているのかな。
d0004627_229293.jpg
木枯らし一番かと思うほど強い風がふきました。
本格的な冬を迎える前の庭掃除での焚火や暖炉でポチポチなる薪の暖かさがうれしい季節。

悲観主義は気分に属し、楽観主義は意思に属する。
アラン 『幸福論』より

今年もあと1ヵ月あまりとなり、今年のムードにふさわしい漢字を考える時。
「欺」という悲観的な言葉ではなく、毎年私は「信」「念」「祈」。

There is a will. There is a road.
意思あるところに道は通ず。
念じ、行動することが楽観主義という言葉の意味か。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-11-18 22:05 | ことば
<< SWAN 楽校 仰木の里の秋 >>