日野、そして近江八幡へ
世間は、年末の締めくくりでなにかと忙しく動いているようです。
明日とあさっては、『現場で学ぶ!おうみ市民活動楽宿(がっしゅく)』で、日野町と近江八幡へ行ってきます。雪もなさそうで、ほっとしています。
d0004627_23243811.jpg

現場の人間にはジンジン響く言葉の紡ぎ手飯島博さん(NPO法人アサザ基金 代表理事)との濃密時間。 多様性のあるネットワークで発展の芽が育つ「すきま」をつくるということをみんなで共有したいと思います。

経済セミナーの『特集=いま社会起業家に注目しよう!』 での
飯島さんの「中心の無いネットワークで社会を変革する」より抜粋
想定外の出会い(接点)を生み続ける「中心の無いネットワーク」
思想や理念ではなく、モノからネットワークしろ
「否定をしない強さ」を持て
総合化は「する」ものではなく、「起きる」ものだ。総合化が起きるためには、「場」の創出が必要である。『伽藍とバザール』を夢中で読んでいた頃を思い出します。相補性と相乗効果に関して朝までtalk。

飯島さんには2003年においでいただき、再度の登場となります。今いっそう飯島さんのことばの実現性が確認できるのではと思っています。
淡海ネットワークセンターブックレット No.18
市民型公共事業-霞ヶ浦アサザプロジェクト
よみがえれアサザ咲く水辺~霞ヶ浦からの挑戦
飯島 博((特)アサザ基金)
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-12-20 22:56 | イベントお知らせ
<< 社会起業家精神と自治の心 つぶやき >>