Seasonal Greetings
d0004627_224013100.jpg

あけましておめでとうございます!

お年賀のやりとりをしていると、明日はもう仕事始め。

2年前も、年末年始と風邪。去年もそうだったように、今年も。。。
人間、緊張の糸が切れてもいい時間があると思った瞬間、
ジグソーパズルが一枚外れるのと同じで、あとはパラパラと絵が崩れていくような、
そんな感じです。でも、風邪は神様からの贈り物と、朝はゆっくりと過ごすことができました。

時代を超える反骨精神と起業家精神で、
今年も幾山か越えたところに見える風景を楽しみに、波乗りをします。

年始のあいさつは、やはり「雨ニモマケズ」宮沢賢治。
あきらめない、何度でも、少しつづ、少しでも、。


雨にも負けず

風にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫なからだをもち

慾はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている

一日に玄米四合と

味噌と少しの野菜を食べ

あらゆることを

自分を勘定に入れずに

よく見聞きし分かり

そして忘れず

野原の松の林の陰の

小さな萱ぶきの小屋にいて

東に病気の子供あれば

行って看病してやり

西に疲れた母あれば

行ってその稲の束を負い

南に死にそうな人あれば

行ってこわがらなくてもいいといい

北に喧嘩や訴訟があれば

つまらないからやめろといい

日照りの時は涙を流し

寒さの夏はおろおろ歩き

みんなにでくのぼーと呼ばれ

褒められもせず

苦にもされず

そういうものに

わたしは

なりたい
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-01-03 22:40 | ことば
<< 1月企画のご案内 あすに向かって >>