松の灯り
d0004627_22321163.jpg
今日の風は、春一番の嵐か。
ランチを買いに行った帰り道の風は、台風のようで凧のように舞い上がりそうでした。
白波どころか、大波が岸に打ちつけていました。夕方は温泉で見れば風情の春雪も、明朝の出勤が心配。第5回(2007年)おうみNPO活動基金採択団体成果発表会があるのですが。外はまた雪がもう20cmくらいで銀世界。

そんな青白さを暖める赤。
おうみ未来塾から飛び出した種が、その土地の記憶をエネルギーに育っていくようです。

近江八幡市立島小学校体育館で、農村再生ドキュメンタリー映画「ほんがら
完成記念上映会 (2008年3月8日(土)開演 18:00)

「ほんがら松明」の作りかたを憶えているのは、地元で生まれ
育った70代以上の古老のみ。カメラに向かって老人たちが発する言葉から
は、単なる懐古主義ではなく、島町の未来へ託すメッセージが伝わってき
ます。郷土へのゆるぎない誇りと愛情。そして、その思いに応えるかのよ
うに、動き始めた現代の青年たち・・・。Webより抜粋
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-02-23 22:26 | イベントお知らせ
<< 春の雪 好奇心が恐怖心を超える時 >>