気楽に元気で
昨年一年は記念出版の準備で本当に多くの人にお世話になりました。
その甲斐あって出版できる運びとなりました!
『滋賀の市民社会のカタチ 気楽に元気で 淡海ネットワークセンターの10年

○サンライズ出版サイトより
=================
滋賀県における市民活動・NPO支援センターとして1997年4月に設立された淡海ネットワークセンター(財団法人淡海文化振興財団)が、「ひと」「環境」「まちづくり」の3つの分野で活動する滋賀県内の市民活動・NPO団体の「人」を紹介。座談会では、明日をになう若い人たちが、市民活動を通じて実現したい滋賀の未来を語る。滋賀をもっとおもしろくするための“気楽”で“元気”な活動報告書。
=================
タイトルとなった「気楽で元気に」は、日高先生の巻頭のことばからとりました。
何年か前に淡海ネットワークセンターで播磨靖夫((財)たんぽぽの家理事長)がお話しておられた中でのことば「悲観主義は性格。楽観主義は哲学」(アランの幸福論に重なる言葉と感じます。)と「気楽に元気で」が重なります。

『気楽に元気で』若者座談会では、若い人達がこれから形作っていく未来の姿に元気が出ました。紙面では載り切らないほどの夢とロマン。本当に面白かった。県外の人にも、滋賀県での綿々とした市民活動の歴史と広がりを知っていただきたいと思います。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-05-17 22:28 | ことば
<< 残響 ソーシャル・イノベーション企画 >>