市民XX
今日は京都府立大学の学生さんと京都府のNPOパートナーシップセンターへ。丁寧なご説明の後(Sさん、thanks!)、旧府庁や屋上緑化の取り組み現場を見学。あいにくの雨でしたが、現場での学びは何よりの学習。

本屋さんなどに立ち寄り最終着地点は「京都メディアフォーラム」。
ドイツでのG8と市民メディアの取り組みと洞爺湖サミット対応の日本の市民メディアの取り組み等々お聞きし、FMわいわいの日比野さんはじめ市民メディ系の知り合いと久々の再会。地域で生きている人々が発することばの多層性の重要さを改めて感じました。メディアというとインターネット、若者、グローバルと私の住んでいる世界とは違うと思いがちですが、地域の人ならではの表現方法があります。そういう取り組みをひろっていきたいと思っています。みんながいろいろな切り口で参加ができる市民調査や市民メディア。そしてみんなで課題を解決しようとする事業の立ち上げとそれを支える制度的厚みと寄付行動をはじめとするお金で世界を変える方法などなど、連携・協働のカタチはいろいろありますね。

ところで、6月14日(土)関西で開催される社会起業報告会は、盛況で会場も大部屋へ変更!生徒さんも連れて参加しようか考え中の方は、ぜひ申し込みを。

滋賀県でも味わい深い取り組み多数
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-06-02 23:49 | 新しい価値の創造
<< おうみ未来塾 10期の始まり めちゃめちゃ 面白い! >>