おうみ未来塾 10期の始まり
ネットワーク形成なら未来塾という定位置が、定まりつつあります。県外の人からのポジティブな評価が高いような気がします。こういう塾が日本全国に広まれば、そればすごいことに。

6月15日(日)
おうみ未来塾 第10期開講記念講義(一般公開)
日高敏隆塾長 記念講演「10年 新未来」

「おうみ未来塾」も第10期生を迎えることになりました。思えば1999年、「地域プロデューサーとは何か?」と、手探りで始まったおうみ未来塾。未来塾がどう育っていくのか、初めは誰にもわかりませんでした。「おうみって何?未来って何?」みんなで、そこから考えていくのが、最初の活動だったような気がします。そして、そのために、我々は何をしたらよいのか?みんなで、それを探りました。先輩たちは色々なことを試みてくれました。その中で、未来塾のやるべきことが見えてきました。いま、未来塾も10年!「10年ひと昔」と、世の中では言います。けれど、ぼくは「10年、新未来」と言いたい。この滋賀が、これからどんな新しい未来を築いていくのか?10期生の皆さんには、大いに思い思いのことを試みてほしいと考えています。(おうみ未来塾 塾長 日高敏隆)

日 時:2008年6月15日(日)14時30分~15時30分
会 場:県民交流センター207会議室
(大津市におの浜1-1-20ピアザ淡海2階)
講 師:おうみ未来塾塾長 日高敏隆氏
(滋賀県立大学初代学長、京都大学名誉教授、動物行動学者)
定 員:20名(一般参加者)
受講料:無料

6月22日からは、おうみ未来塾でも話題になる社会起業(運動性X事業性)の切り口で、共感とマーケットで地域課題を解決したい人のための!
市民事業化連続講座が始まります。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-06-04 22:44 | イベントお知らせ
<< そうなの 市民XX >>