心の陽だまり

d0004627_2362932.jpg
新年に今年こそはと思うことは、数十年重なると結構ある。
その中でも極めて多かったのは、日記を書くということ。
ブログを始めてから、日記を書くということが不定期ながらできてきた。
時々ブログ見てますといわれ、安否確認にもなっていそう。

年賀状届く中、親御さんの喪中葉書を送っていただいた方々は、
どうしていらっしゃるかと思う。
幸いなことに、昨年長期入院していた母親は、今日随分たくさん歩けて、
京都三条界隈を買い物。

心のリラクゼーションや鍛錬は、頭の中の妄想状態でぐるぐると。
まずは、朝の深呼吸で無心となることからはじめよう。
健全な精神は健全な体から。これは今年の目標。
何をしないといけないかは分かりきっているの、ここでは余り書きすぎず、
まずは自分がどう状態でいたいかイメージづくり。Image is everything.
水たまりのカエルもいっちょっ飛んでみないと、と思う。

今までの整理整頓は、無秩序の中の平衡状態となっているのを維持する?
まずは、いろいろな資料や書類の整理から。
そういう時の音楽は、ポルカかフラッシュダンスか。

すっかり疎遠になっている人達への連絡は、深呼吸と整理整頓から。
アメリカでの生活、帰国後の生活、これからの10年。
温故知新とイメージ刷新は、心身の贅肉落としから。

手仕事で、大寒から立春までのリズムづくり。
明朝は、秋とったアケビのツタでリースづくり。
昨日はリース飾りを買いに愛東マーゲレットステーションまで、
雪の世界をドライブ。

今日は、本屋でターシャターシャ・テューダーの本の数々を、
眺めていました。

ターシャは、こう語っています。
「人生は短いのよ。文句を言っている暇などないの。目の前にある幸せを、精一杯味わうことよ」と。

92歳で永眠するときに見る夢とは。

いろいろな想いが
何十年という層をなし
ある種のフォームを成している
それを溶かして
また新しくする
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-01-03 22:57 | ことば
<< 日中社会起業家フォーラム in 関西 あけましておめでとうございます! >>