日中社会起業家フォーラムの余韻
日中社会起業家フォーラムは本当に参考になりました。

日中社会起業家フォーラムでは、北京昌平農家女実用技能育成学校校長の学校設立や収益構造に関してお話され、助成金構造からの転換の課題がわかりとても参考になりました。啓蒙啓発から実践ができる人材育成へのステップづくりは、日本でも地域づくりに大切なこと。地域の人達の自発的なまちづくりには経済活力の仕組みがビルトインしなくてはというのは、世界同調路線。

フォーラム前の中国から来られた方々とのお話も、「そうそう、そうよ。」と違和感なく、元気をいっぱいいただきました。中国にも友人ができたといううれしい感覚を持ちました。

詳細は田辺さんのブログに濃厚に。

シアトルから日本へ帰国する前に「Reiko、カルチャー・ショックに気をつけて。」という声しきりでしたが、社会を少しでも前向きにしたいという方々との知己を得て、今日まで来ています。Glocalizationですね。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-01-22 21:41 | ことば
<< ことことこっとん トゥーランドットの熱情 >>