夕べと書き方
いつもこの頃になると、どうしようもないほどの首と肩の痛さ。
今年は本当に痛く、ついにマッサージどころへ行きました。
痛気持ち良さは、バスの時間に合わせての15分ではとても足らず。
オフィスのスタッフに聞くと、肩こりは血行と関係ありと。

年度末までの決行はいろいろあれど、二つご紹介。
=====================================
企業とNPOの対話の夕べ~地域をともに創るパートナーとして~
2009年3月3日(火)16:00~19:00
=====================================
GEICのお仕事は注目しています。

【会場】
草津市立市民交流プラザ 大会議室 地図はこちら
(JR「南草津駅」東口より徒歩3分(駐車場あり))
【参加費】500円

【対象】
・NPOとの連携や事業化、CSRに関心のある企業・団体関係者
・企業との連携・協働に関心のあるNPO・市民
・企業とNPOの連携・協働に関心のある自治体職員
・NPO支援組織の関係者
【定員】50名程度

【内容】
<講演>
「企業、NPO、そして地域が喜ぶパートナーシップの成功に向けて」
地球環境パートナーシッププラザ(GEIC) 平田 裕之 さん

<交流会&ワークショップ>
肩の力を抜いて、お茶やお菓子をつまみながら、企業とNPOの協働についての可能性を探る交流会です。ワークショップなどを通じて、「具体的に、できることから」一緒に考えてみたいと思います。

【講師プロフィール】
地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)
平田 裕之 さん
 地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)は、持続可能な社会の実現に向けて、NPO・企業・行政の環境パートナーシップの促進を行うために環境省と国連大学が協働で1996年に開設した施設。
 企業、NPO等との協働によるCSR事業の形成等に向けて交流・協働の機会を提供する「NPOと企業の協創円卓会議」や、企業へのNPO情報、CSR情報の提供などの個別相談対応を行っており、企業とNPOが連携し、地域に喜ばれるための望ましいパートナーシップの実現のためのポイントをまとめた「企業、NPO、そして地域が喜ぶ地域環境パートナーシップの成功に向けて<ポイント集>」の作成に携わった。
 今回の講演では、企業とNPOがパートナーシップを結ぶ際に具体的な参考としていただくために、「ポイント集」の事例を中心に、企業とNPOが連携する際に各々が抱える課題の解決方法や連携を円滑化するための仕組み作りなどについて取上げる。

============================
【伝わる文章の書き方講座
2009年3月14日(土)13:30~16:45
============================
淡海ネットワークセンターの情報交流し「おうみネット」は、祖父江さんの芯が通った仕事があればこそ。
 市民活動では、団体の活動を広く知ってもらうために、パンフレットやニュースレターの作成、ホームページやブログなど、書いて伝えることがほとんどです。
 そこで今回、分かりやすい文章、伝わる文章を書くための講座を開催します。
 文章作成ワークをとおして参加者同士で学べます。書くことが得意な方も苦手な方も、伝わる文章の書き方のコツをつかみませんか。みなさまのご参加をお待ちしております。

【会場】
滋賀県男女共同参画センター G-netしが 研修室A
(近江八幡市鷹飼町80-4 TEL:0748-37-3751)

【講師】祖父江立美さん(うーぴ企画代表)
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-02-28 22:04 | イベントお知らせ
<< 風の回り道 Non session >>