桜川 ざわざわ
笑いは効用。

昨日は日頃のもやもやきりきり気分が、お腹がよじれるくらい笑ってすっきり。
1月にも何人かが集まって、いい時を過ごし、その時も涙流しながらの大笑い。
滋賀県でのおなご会でも大笑い。もやすっきり会と命名したほど、女性リーダーならではの、笑い癒し会。Burinig fogとは、このことでしょう。

一度京おなご会でお泊りパックしたいと思っていた「京都洛翠」が、5月10日で閉館。

以前、大きな地域情報化研究会や南禅寺でのヨガ企画など思い描いていた時に、宿泊候補に考えていたところ。庭園が本当に美しい。花冷えの一泊もいいかもしれません。

三井寺から平安神宮までの疎水道の桜が水に触らんとする桜川。
南禅寺の疎水は夜が美しい。

今年はどこの桜が私を見るのかと、心ざわざわの季節。
常照皇寺の桜は、私の心の青春の何ページと何ページ目にあるのかしら。

京都府庁の桜もまた一興。
d0004627_23105523.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2009-03-14 23:06 | ことば
<< 地域を紡ぐ人 おなご学校 >>