カテゴリ:イベントお知らせ( 226 )
びわ湖ホール 広報マーケティング担当職員募集
 財団法人びわ湖ホールは、平成23年4月公益財団法人に
移行したのを契機にびわ湖ホール舞台芸術基金を創設しました。
同時に社会との多様で効果的な関係性の構築や多様な
資金調達を行うため、広報・マーケティング部を創設しました。

 現在平成25年度採用の期間職員(広報マーケティング担当)の
募集をしております。
募集する内容及び応募方法等の詳細につきましては、
「平成25年度期間職員募集要項」及び「受験申込書」をダウンロードし、
ご覧ください。
http://www.biwako-hall.or.jp/2013/01/6651/

平成25年度はびわ湖ホール15周年の記念イヤーで、
エキサイティングなラインナップを準備中です。

多くのご応募をお待ちしています!
[PR]
by sdo-asanoya | 2013-01-12 18:15 | イベントお知らせ
歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」 11月30日、12月2日
スイスの名門バーゼル歌劇場との共同制作
【沼尻竜典オペラセレクション 歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」

いよいよ公演日が11月30(金)、12月2日(日)と迫ってきました。
http://www.biwako-hall.or.jp/2012/10/6294/


歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」関連企画をふたつご紹介します。

1.海老澤 敏 オペラ講座『コジ・ファン・トゥッテの魅力』
http://www.biwako-hall.or.jp/2012/10/6294/
モーツァルト研究の第一人者 海老澤 敏によるお話で、
公演が一層楽しめること間違いなし!

開催日:2012.11.30(金) 時間11:00 (10:30開場)
会場:中ホール 料金1,000円
(11月30日 or 12月2日のチケット提示の方は無料)
事前申込不要。当日直接会場までお越しください。

2.オペラ・ワークショップ 
http://www.biwako-hall.or.jp/2012/10/6295/

本番を間近に控えた大ホールで、舞台装置や衣裳を間近で
ご覧いただきながら、演出家等が今回のプランについてお話します。

出 演:ジョルジュ・デルノン(演出家)
クラウディア・イッロ(衣裳プランナー)ほか

開催日:2012.12.02(日)
時間:10:00 (9:45開場)
会場:大ホール 料金1,000円
(11月30日 or 12月2日のチケット提示の方は無料)
事前申込不要。当日直接会場までお越しください。


そして、来年3月は、歌劇『椿姫』です。
http://www.biwako-hall.or.jp/2012/05/2111/
こちらの方も、プレトークマチネ、オペラワークショップがあり、
乞うご期待!
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-11-25 17:32 | イベントお知らせ
コジ
今年もあと2ヵ月で終わりです。
ちょうど今頃、風邪を引いていたのですが、
そういう頃か。なんていっていられません。
秋を楽しまないと。黄色から赤が混ざる道々。
d0004627_2153028.jpg

沼尻竜典オペラセレクション モーツァルト作曲 歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』(全2幕)
イタリア語上演・日本語字幕付
開催日 2012年11月30日(金) ・12月2日(日)
時間 両日 開場:13:15 開演:14:00
会場 大ホール
http://www.biwako-hall.or.jp/cosifan/

オペラワークショップやプレトークマチネなどなど、
本番までに楽しみ満載です。

びわ湖ホール芸術監督の沼尻さんの記者会見動画も見られます。
http://www.biwako-hall.or.jp/cosifan/
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-11-02 21:53 | イベントお知らせ
びわ湖ホール声楽アンサンブル 定期公演 50回目!
明日のびわ湖ホール声楽アンサンブル第50回定期公演は完売御礼ですが、
女声メンバーがこのドレスを着て登場します。
http://www.biwako-hall.or.jp/2012/10/6362/

びわ湖ホール声楽アンサンブル第50回定期公演 「木下牧子の世界」
http://www.biwako-hall.or.jp/2012/05/2091/
開場:13:30 開演:14:00
完売御礼と、うれしい。
終了後特別会員やサポート会員との交流会。
期待値は広がっています。

びわ湖ホールのメインロビーでは、
びわ湖ホール声楽アンサンブル 定期公演ポスター展 ~50回の軌跡~として、
設立から今までの軌跡をご覧になれます。
http://www.biwako-hall.or.jp/2012/10/6358/

次回のびわ湖ホール声楽アンサンブル第51回定期公演は、2月2日(土)で、
モンテヴェルディ作曲 歌劇『ポッペアの戴冠』(演奏会形式・ハイライト)。

開催日2013.02.02(土)
時間開場:13:30 開演:14:00 終演予定17:00
会場小ホール

東京の紀尾井ホールでも、2月9日公演です。
http://www.biwako-hall.or.jp/2012/10/6403/

着実に応援団がついてきているのが、うれしい。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-10-26 23:27 | イベントお知らせ
コラボは大津
琵琶湖大津 秋の音楽祭2012は、中盤です。
今日は、帰宅途中にジャズの音色。
http://blog.e510.jp/2011/09/otsu20110907-03.html

混み合わず、しっとりと浜大津の街を楽しみながら、
偶然出会うジャズ。それが(浜)大津の良さかと思います。
夕闇のそぞろ歩きの「大津まちなか食と灯りの祭2012」で、
出会う灯りも楽しきかな。

今日とあさっての大津ジャスフェスは、晴天に恵まれ、
浜大津界隈ではジャズの音色。
明日は、浜大津アーカス(京阪浜大津からすぐ)で
午後4時からびわ湖ホール声楽アンサンブルの歌声が楽しめます。

そして!!!

びわ湖ホールx琵琶湖ホテルのコラボ企画もあります。
http://www.biwakohotel.co.jp/news/XVuR8gCKiX.html

〇歌劇『コジ・ファン・トゥッテ』宿泊プラン
2012年12月2日(日)午後2:00開演
スイスの名門バーゼル歌劇場とびわ湖ホールとの協同制作。
沼尻竜典(びわ湖ホール美術監督)指揮、ジョルジュ・デルノン
(バーゼル歌劇場総裁)演出による世界初演のオペラと、
ホテルステイをセットに。

〇『ザ・チーフタンズ』観賞券付・レストランプラン
11月24日(土) 午後6:00開演
ロックやポップス、映画音楽で活躍。アイリッシュミュージックを
現代風にアレンジし、グラミー賞やアカデミー賞にも輝いた
バンドの結成50周年記念公演。

〇ジャン=ギアン・ケラス チェロ・リサイタル』観賞券付・レストランプラン
12月9日(日) 午後3:00開演
チェロ界のカリスマ的存在、ジャン=ギアン・ケラスのびわ湖ホール
初リサイタル。バッハの無伴奏チェロ曲1・3・5番をお届けします。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-10-13 22:16 | イベントお知らせ
秋に寄せて
d0004627_10571385.jpg

朝晩はすっかり涼しくなり、
今年度も下半期に入りました。

もう何年も前からのお知り合い
陶芸家竹中浩先生の作陶50周年の節目に
東京日本橋は壷中居(こちゅうきょ)にて
10月15日から20日まで個展を開催されます。

東京におられる方はぜひ行ってみて下さい。
静謐なフォルムに身も心も洗われる思いがします。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-10-05 10:58 | イベントお知らせ
京都発 ソーシャルビジネス普及講演  10月16日
京都発 ソーシャルビジネス普及講演 
第二回目は、10月16日(火)。
情報技術を活用した多文化社会のビジネスモデルについて考える』

【開催趣旨】
阪神・淡路大震災被災地に暮らしていた約8万人の外国人に情報を
伝えるために「外国人地震情報センター」は設立され、その後
「多文化共生センター」と改称し、多文化共生社会の実現をめざし
活動をしています。2001年に「多文化共生センター」の有志によって
設立された株式会社グローバルコンテンツは、情報通信技術を活用した
多言語情報サービスを提供することを通じて、「多文化共生社会」の
実現をめざしています。
今回は、グローバルコンテンツの代表取締役である中村 満寿央氏をお招きし、
設立の経緯、現在の活動、これからの計画についてお話いただき、
非営利組織と株式会社との共奏関係や情報技術を活用した多文化社会の
ビジネスモデルについて、議論していきたいと考えています。

【開催概要】
■10 月16 日( 火)
 18:30 ~ 20:00

■場所:京都テルサ 東館3 階 A 会議室 

■講師:中村 満寿央 氏
株式会社グローバルコンテンツ 代表取締役

株式会社グローバルコンテンツ
http://www.globalcontents.co.jp/
在日外国人向けの4言語(英語・スペイン語・ポルトガル語・
フィリピノ語)によるニュース・生活支援情報や、日本人向けの
語学講座・現地ニュース等の情報ガイドを、携帯・スマート
フォンサイトで提供。また自治体や地域国際化協会向けの
多言語情報提供システムの開発・運営をおこなう。

■プログラム:
18:00開場
18:35講演 『多文化共生社会を目指して グローバルコンテンツの場合』
19:30トークセッション 
    『情報技術を活用した多文化社会のビジネスモデルについて考える』
20:00終了

■申し込み
email:office@kyoto-sbn.com/TEL..075-681-9100/FAX:075-693-4625

【講師紹介】
中村 満寿央 氏
株式会社グローバルコンテンツ 代表取締役
電気メーカーの技術職を経て、19 98年から2001年まで多文化共生センターの
事務局長を務め、グローバルコンテンツ社の設立時から取締役副社長として、
おもに技術面を担当。2006年より現職。特定非営利活動法人多文化共生センター
大阪の理事も兼務。

【主催】一般社団京都ソーシャルビジネス・ネットワーク
【協力】京都ソーシャル・アントレプレナー・ネットワーク(KSEN)

【お問合せ】
一般社団法人京都ソーシャルビジネス・ネットワーク(担当:金田)
URL..http://www.kyoto-sbn.com/
email:office@kyoto-sbn.com/TEL..075-681-9100/FAX:075-693-4625
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-09-24 21:49 | イベントお知らせ
三文オペラ 大津祭
小さい頃、その時代と同じで商店街が元気だった頃、
大津祭りを見たことがあります。

そして、何十年かが過ぎ、今年も大津祭が開催されます。

祭りのあり方もその頃と随分変わっているようで、
それでいて「町衆」がいる街に、祭りがあります。

大津祭もそのひとつ。ゆっくりと豪華華麗な13基のからくり人形とお囃子が、地域の営みを感じさせます。ちま吉君の活動もおもしろい。京阪電車のラッピングも見もの。

10月6日、びわ湖ホールでのオペラへの招待『三文オペラ』の後、
宵宮を楽しみ、翌朝は本宮を見る。

正しい読み方、どうでしょうか。

西行桜狸山
源氏山
殺生石山
湯立山
西宮蛭子山
孔明祈水山
龍門滝山
西王母山
石橋山
神功皇后山
月宮殿山
猩々山
郭巨山
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-09-23 22:38 | イベントお知らせ
今日から「びわ湖大津秋の音楽祭」
今日から「びわ湖大津秋の音楽祭」が、始まりました!

カフェテリアプランのように、オペラやコンサート、まちなかでの
イベントを梯子し、1日観光パックが自分で作れる、そんな
楽しみがあります。

親戚の住む街を訪れるような、懐かしい感覚と新しい発見のある
大津へ、この秋ぜひお越しください。

たとえばこんな組み合わせ

1) 湖都大津を音楽と食で楽しむ (9月22日(土)
11:00 びわ湖ホールロビーコンサート
11:30 びわ湖ホールから浜大津までそぞろ歩き
  なぎさ公園や旧大津公会堂でのカフェランチ
14:00 古庭園・大人のライブVol.7古楽に遇う
   (三井寺の古裡で味会う古楽)
17:00 大津百町バル (食べ・飲み歩き)
大津泊、翌朝はびわ湖絶景のなぎさ公園のお散歩など、
いかがでしょうか。

2)オペラと大津祭に酔う (10月6日(土)、7日(日))
14:00 びわ湖ホール オペラへの招待 「三文オペラ」 
    栗山昌良先生による演出。   
夕刻  大津祭り【宵宮】
    祭囃子とからくり人形がじっくり楽しめます。
大津泊、翌日は【本祭】。
祇園祭にはない、鄙美(ひなび)をお楽しみください。

3)クラシックとジャズが遇う (10月13日(土)、14日(日))
12:00 街中でジャズが楽しめる大津ジャズフェス (20:00まで)
14:00 びわ湖ホール気軽にクラシック5
    後藤正孝ピアノコンテスト
   (2011年リスト国際ピアノコンクールの覇者)
大津百町をぶらっと歩いて出会うジャズ。音のある街歩きを
ぜひお楽しみください。
大津泊、翌日は京阪電車に乗って三井寺や石山寺。
「ちはやふる」で一挙若者たちの間で有名になった近江神宮も京阪浜大津から!

ぜひこの機会にチラシをご覧いただき、
自分だけの観光パック作ってみてください。
http://www.biwako-hall.or.jp/akinoongakusai/
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-09-15 17:00 | イベントお知らせ
琵琶湖大津 秋の音楽祭2012
先週土曜日には、近江神宮の京阪車庫にて、琵琶湖秋の音楽祭のラッピング。
雨が降る予想でお昼前から、風が吹き、雨の気配。
それが大きくそれて、大晴天。

お昼からは公演があったので、失礼しましたが、
朝は多くの子ども達とお母さん、お父さん。
子ども達そっちのけで、手伝っていただいたお母さん、お父さん達に感謝です。

もくもくと仕事する4,5人でのチームプレイで車体にラッピング。
張り士、吹き士、伸ば士などなど、時間が経つと役割ができ、
協働作業の面白さがありました。

出来上がったラッピング電車が走っています!

午後から琵琶湖ホールに帰ってきたスタッフは、首に紫外線を受け、
red neck。本当にご苦労様でした。
d0004627_2233204.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2012-09-12 22:36 | イベントお知らせ