「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:肩書き( 2 )
個人の肩書き
あなたは、自分を表現する屋号や肩書きをつけるとしたら、
どんなものをつけますか。
漢字で表現するのがベスト。

一筆書きのように自分を21世紀的に表現するとしたら
「自分のできること」x「自分のしたいこと」x「社会・世界」

名刺交換する際、自分の属している組織で使う肩書きの他に
自分表現の名刺を持っている人が出てきました。

最近出会った方の肩書き

・ロングステイコンサルタント
・Good Life Style Evangelist
・文筆家
・与力
・市民活動家

仮想の研究所所長ってのも良いですね。

私の肩書きは、プランナー・プロデューサ。

きもの業界でいうと悉皆業。
悉皆とはすべて、ことごとく、残らずという意味。
きものつくりの複雑な工程や販路等熟知して
きものを世に送り出す企画提案型プロデューサ/コーディネータ。

京都でも地域創発型悉皆屋と呼べる人がでてきました。

こういう方々とネットワークをつくって、地域力を高めていきたい。
[PR]
by sdo-asanoya | 2005-04-03 18:44 | 肩書き
しなやかな個
●「個」の確立と新しい公の創出
1999年に出た「21」世紀日本構想」懇談会報告書の中で特に感銘を受けた言葉です。なにか好きな言葉は、と聴かれるたびに、「個」の確立と新しい「公」の創出、と申し上げます。
NPOマインドの琴線に触れます。

「21」世紀日本構想」懇談会報告書
多様性が基本となる21世紀には、自分の責任でリスクを負い、
先駆的に挑戦する「たくましく、しなやなか個」が求められる。
個が自由で自発的な活動を行い、社会に参画していくことにより、
従来の上からの「公共」でなく、個人を基盤とした新たな公が創出される。
多様な他社を許し、支え、また、合意には従う公である。
個の確立が公を創出し、公の創出がより大きな選択と機会を個に与える
共鳴効果が、社会に新しいガバナンス(協治)を生み出す。

これからは、自分でつける自分の肩書きが必要な時代となるでしょう。
自分の好きなこと、できること、ライフスタイルを表すとしたら、
みなさんは、どんな肩書きをつけますか?

d0004627_15305830.jpg
[PR]
by sdo-asanoya | 2005-03-16 15:00 | 肩書き