「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:ことば( 269 )
春は来た!
春は、自分の理由でなく、やってくる。

どんだけブログ書いていなかったか。
その理由は簡単。
PCの買い換える時期がとうに過ぎ、重たくて開けられなかっただけ。
これも近々に解消しましょう。

今年の春はやってきました。

びわ湖ホールのロビーコンサートはたった30分ですが、至福の時間。
今日は今年最後のロビーコンサートでした。
d0004627_2234549.jpg

びわ湖ホール声楽アンサンブルOBの黒田さんと二塚さんの
たおやかではりのある歌声で、大津に春はやってきました。

通勤途中で出あった朝の蕾は、恥じらいながら夕方には花になり、
2,3日で豊満な春の空気を吸い込んで春になります。

あと一日で、どんな姿に桜はなっていくのでしょうか。

2007年から始まった電車と青春21文字メッセージ。
初回の「好きもさよならも同じ駅」 いいよね。
石坂線各駅の青春。

唐橋の駅のそばにある絵画教室に幼稚園の時に通い、
そして今でも石坂線。
そんな日々を送っている人の想いを今日も京阪は、運んでいます。
[PR]
by sdo-asanoya | 2013-03-30 22:16 | ことば
あなたに逢うまでの時間
d0004627_2338498.jpg

『会うまでの時間』俵 万智 自歌集

ずっと『あなたにあうまでの時間』と思っていた。
確かに「会うまでの時間」の方が、さまざまなシーンを含むけど、
やはり私は「あなた」と入れたい。
自歌集では、四万十川の歌が私の中ではホームラン。
それ以来毎年行きたいと思っています。

昨年四万十ドラマ社長畦地さんには、陸前高田でお会いして、
ベストスポットを教わっているものの、まだ見ぬ四万十を恋して。

今年3月には、また京阪電車ラッピングの「電車と青春 21文字のメッセージ」。
京阪石坂線の「電車と青春 21文字のメッセージ」現在審査中とのことです。
http://ishizaka21kao.blog98.fc2.com/blog-category-1.html

キャリアの中の『あなたにあうまでの時間』。
もう会いましたか、それともこれから。
[PR]
by sdo-asanoya | 2013-01-07 23:41 | ことば
突然 赤
急に寒くなってから、突然そこらじゅうが朱。これからだんだんと紅葉と思っていたのですが。ぬるぬる寒くなるのではなく、シュッと寒くなる。そして朱。昨冬の薪の残りは今年の夏の暑さよけ。「私の夏の思い出」を吸い込んだ薪の炎を見ながら、来年の今頃は、どんな気分で炎を見るのかと、いっちょ飛んでみよう。そんなことを幾度してきたことか。
「お一人様の暮らし方、住まい方」の事例をおっかけ、勉強する。そんな来年に向けて、「ここ」での、できることをイメージどおりにする時期。これからです。
d0004627_21502927.jpg

d0004627_215112.jpg

赤、朱、紅、あかの庭です。
d0004627_21513839.jpg

d0004627_21515719.jpg

そして、突然百合が咲いています、白百合に紫。
d0004627_2152191.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2012-11-13 22:08 | ことば
今年はクリスマスツリーを飾らなきゃ

d0004627_2263568.jpg
そろそろ薪ストーブで火を見つめながら、
これからのことを思う頃。

毎年、クリスマスには生のモミの木を買ってきて、
今年はどんな飾りにしようか、ドアにはどんなリースを
作ろうかと、ホットワイン友達のパーティに招かれ思ったものでした。
シアトルにいた頃は、友達のパーティはおなごNPO関係のギャザリング。
思えば時間もたち、それから随分時が経ちました。

鏡に映った私は、母親そのもの。

スズランの実は朱く、
来年のチェンジシフトも赤く、染まりたい。

たんぽぽのぽぽのあたりがぽぽですよ。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-11-04 22:08 | ことば
秋の庭2012
朝、一階に下りる階段で感じる秋
d0004627_1104022.jpg

朝もやの雫が残る百合
d0004627_1112080.jpg

ピンクのたわわのさるすべり
d0004627_1113719.jpg

何だろう この紫の花は?
d0004627_1115737.jpg

ブルーベリーの収穫が終わり、
庭は足早に秋の整えをしています。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-09-04 11:02 | ことば
いろいろだから 静か 6月4のイブ
一年に一回めぐってくる誕生日。
虫歯予防デイ。
無視が最大の暴力といったのは、マザーテレサだったか。
d0004627_2150115.jpg

お誕生日にオペラグラスと未来を紡ぐ時計をいただきました。
ピンボケの目は、無視しないように焦点を合わせ、時計はリズムを創るため。

太陽は明日また昇ってきます。
新緑の早朝は、鳥の声が目覚まし時計。
それだけでいい。
寝床でふっと息をして、
そして降り注ぐ日常を刻みましょう。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-06-03 22:08 | ことば
トキは飛びたち
d0004627_22151772.jpg

いつものように いつものことが 
それでいて 少しづつ 違う
つる薔薇の赤がないけど
時は刻む
いつものように
d0004627_2215534.jpg

今年の春の庭は、寒く
青の花が咲き
つる薔薇の赤がないけど
それでも 少しづつ 暖かくなる
鳥が鳴く、カエルが啼く
d0004627_22161980.jpg

いつものように いつものことが 
それでいて 少しづつ 違う
違ってもいいの
それだからこそ
生きている私
d0004627_22164074.jpg

生きている私
呼吸している私
笑い、悩んでいる私
それだからこそ
春が私に巡ってくる
d0004627_222031.jpg


でもつる薔薇の赤は欲しい
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-05-27 22:21 | ことば
春の庭に少しづつ
例年にない寒さ

いつまでたっても、綿タートルネック。

そのせいか、筍の時期に庭の山椒は間に合わず、いつの間にか5月半ば。
いつもなら山椒の葉っぱを手でパンパンとたたき、わかたけ汁や筍ご飯に春の香りをふりかけたのですが、その楽しみは来春に持ち越しましょう。

庭には、八ヶ岳で買ってきた黒百合が何年もかけてやっと咲き、スズランが白い花を咲き始めています。つる薔薇はまだ咲かず、ブルーベリーの小さな白い花にはやっとハチがブンブンと舞いだしました。まだまだいつもの春の庭にはなりきれていませんが、紫に近い小さなそれでいて存在感のある黒百合がひとつ咲きました。今年も八ヶ岳に黒百合を買いに行きましょう。
d0004627_222252100.jpg


私にできぬことばかり
せすじのばして
かたひじはらず
すんなり さらさら 
ゆきましょう
春の水のように
by 相田みつを 

出張で行った東京国際フォーラムの中にある相田みつを美術館。今度はゆっくりと時間を取って、ことばと出会いたいと思います。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-05-15 22:49 | ことば
いつもどおりに
d0004627_226412.jpg
気 体 心

ガタンと新聞が新聞受けに入れられる。

小鳥のさえずりも凍りそうな早朝。

逡巡とした思いの果てに夜は空ける。

いつもどおりに目を覚まし、いつもどおりにコーヒーを飲む。

A peace in a bowl.

いつもどおりに、それぞれの日常が、それぞれのリズムで目覚める。

そんな幸せが訪れるように、祈ろう。そして動こう。

年は明けました、皆様。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-01-03 22:08 | ことば
一歩つづ 少しづつ 
来年の幕がもう少しで開きます。

今年はびわ湖ホールのジルベスターコンサートで新年を迎えます。


一歩つづ 少しづつ 
頑張らない 諦めない

雨で視界が狭くなった時には
足元を見て

先が見えなくても、胸の鼓動を聞きながら

歩こう

少しづつでも


晴れていれば、遠くの山々の蒼をバックに
足元の
野辺の草花に目をやり

歩こう



一歩つづ 少しづつ 
頑張らない 諦めない

諦めない!

Best wishes to everyone!
[PR]
by sdo-asanoya | 2011-12-31 11:28 | ことば