<   2006年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
近江八幡フィールドワーク
d0004627_2047146.jpgごろごろと夕立の合間を縫って、おうみ未来塾8期生の近江八幡のフィールドワーク。
JR近江八幡駅からバスで八幡掘りの2,3停留所前で下車。







少し時間があったので、町歩き。
d0004627_20472896.jpg
この界隈は狭い通りが十文字に通っていて、行き当たりばったりにはふさわしく、
地図通りに歩けないのがいい風情。









d0004627_204746100.jpg














d0004627_2048257.jpg

街道の石碑も大津と違って大きめで、その昔の往来に思いをめぐらせながら、歩けます。
京都室町のようにビルに挟まった町家を愛でるのではなく、時がゆっくりと進んでいった街道やそれを支えた商人の歴史を感じます。

d0004627_20483362.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2006-07-31 20:48 | 新しい価値の創造
夕立
d0004627_22572379.jpgすっかり琵琶湖も夏気分。














晴天の朝、昼下がりの夕立。そして夕焼け。
d0004627_22574268.jpg


活かす過去と創る未来へ乾杯!
クヨクヨが明日のドキドキへ変身する瞬間、
どんな音楽が貴方の胸に響くのでしょうか。




Have you ever found peace in your heart?
「人って面白いよね。」、と言えた時の貴方の精神年齢は?
[PR]
by sdo-asanoya | 2006-07-28 22:59 | ことば
あっという間に
4,5日前までは、雨情報、昨日、今日は、熱中症情報。
異常気象というけれど、植物は季節の記憶を刻んでいます。

d0004627_814151.jpg
庭のブルーベリーも、だんだん実が膨らんでいます。

この時期、鳥たちとの競争。朝鳥たちが「ククッ」と鳴き出したら、飛び起きないと。
熟れ頃を見計らって最上の実をいただくのは、どっちかしら。



d0004627_22122171.jpg

さあさあ、夏が始まりました!!!
朽木の川原で、鮎の塩焼きがやっと楽しめる気候になってきました。
オフィスから見る琵琶湖はリゾート風景そのもの。

それにしても、先日の高性能会は、その後もメールで盛り上がっています。
[PR]
by sdo-asanoya | 2006-07-27 22:08 | ことば
チェンジ・メーカー
d0004627_21302151.jpg
10年程前シアトル大学で「Executive Master's Degree Nonprofit Leadership
Progoram」にいたときは、Peter M. SengeやStephen R.Coveyものをプログラムでよく使いました。その頃のbuzz wordは、Change Agent. System Thinkingもはまりネタ。

今Change Agentという言葉は最近でもよく使われていますが、組織を変えるニュアンスのあるChange Agentより、私の語感的には、時代を創るChange Makerが時代のムードを表しているように思います。

タイムリーな出会い。

先日、町田さんや田辺大さん、SIJの大室さん等と社会起業系の集まりにお邪魔しました。
この会には『チェンジメーカー~社会起業家が世の中を変える』 (日経BP社)の著者の渡邊奈々さんもおられました。そのほかにも多士済々。東京発社会起業家大爆発。高性能な方々がすばやく集まれるのは、東京の醍醐味ですね。それにしてもその後のメールの盛り上がりはすごいものがあります。

しかし、まあまあ地方も独自のリズムでそれらしくのペース配分。

契約期間との挑戦ですが、今年4月からのミッションは、淡海エリアで次の10年を紡ぐネットワークづくり。次なるチェンジ・メーカーの動きを創り、新しい風が吹きやすくすることです。マルチプルステークホールダーに対しては、柳に風と、すっくり後ろから抱きすくめるように。

今日、滋賀と京都の企業さんの会に参加しました。ものづくり企業の方が多く、業績右上がりとお聞きしました。

「砂漠は美しいな...」
「砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだよ...」
[PR]
by sdo-asanoya | 2006-07-25 21:15 | ソーシャル・アントレ
雨の文京区
本当に怖いくらいの雨。皆さんのお住まいのところは大丈夫でしょうか。
d0004627_21382218.jpg
東京というと新橋泊まりの私ですが、今回予約していただいたホテルは神田明神のすぐそば。お茶水駅の周りは、東京医科歯科大学、順天堂大学、明治大学、日本大学と大学がひしめき、そのせいか学生さん御用達なのでしょうか楽器店も多い。d0004627_22363271.jpg
高層階にある学食ってのは、京都にはないと思うけど。高層ビルでの講義を受ける大学の授業というのを一度味わってみたいけど、どうなんだろうか。





神田明神から湯島天神ニコライ堂(東京復活大聖堂)へ、雨の中を歩く。
d0004627_22355964.jpgロシア語で会話する尼僧。

東京は坂と緑が多い。












古書街で立ち寄った書店で「星の王子様」フェア。2005年1月で著作権が失効し、新訳本も数種あり。これからいろいろなフォームで表現や創造の羽が広がるのでしょう。買い損ねた王子ものを京都で購入。
『星の王子さま』内藤濯訳(岩波書店)
 私が持っていた(いる?)ものより分厚く、小さい頃の毛布のように懐かしい感触とは違う。
 あの本探さないと。
『星の王子さまの本』星の王子さまクラブ編(宝島社)

心で見なくちゃ、
ものごとはよく見えないってことさ。
「かんじんなことは目に見えないんだよ。」
[PR]
by sdo-asanoya | 2006-07-22 21:39 | ことば
浜大津界隈
d0004627_22232422.jpg浜大津、雨にけむる。小一時間程浜大津界隈を、会議の前に散策。晴れていると歩けない距離でも、雨のグレーの気分に誘われて歩けるものです。






ショウキさんが屋根にある北国街道の町家や昔賑わっていた商店街を抜け、長等神社、三井寺界隈をポコポコ歩く。そしてまた商店街へ。静かだ。

d0004627_2224860.jpg商店街は朝9時でも魚屋さんや八百屋さんが思いのほか賑やかに、お菓子屋さんや豆腐屋さんもお店開き。京都の寺町通りのようにお寺もそこ、ここにあります。デイケアセンターも多い。




d0004627_2237143.jpg


酒屋、味噌屋、乾物屋等々、レトロな感じにしなやかに存在しています。

それぞれの幸せ、それぞれのドラマ。
[PR]
by sdo-asanoya | 2006-07-19 22:24 | ソーシャル・アントレ
米原市曲谷集落
d0004627_2047448.jpg
 今日は土砂降りの祇園祭山鉾巡行でしたね。

 『大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2006』は3年に1度のアートイベント で、
今年も2006年7月23日(日)~9月10日(日)50日間 、山と川、棚田と美しい集落の点在する新潟県十日町市と津南町の760k㎡という広大な地域で、過去2回の芸術祭で制作された130点の作品に加えて、40の国と地域200組のアーティストの作品が制作、設置されるという壮大なプロジェクト。以前ブログで紹介した2003年の芸術祭のプレイベントは、中川幸夫さんプロデュースの空中から20万本のチューリップの花びらを散華した『天空散華』。ことしはどんなドラマが繰り広げられるのでしょうか。

 今年の取り組みの中でも、空家再生―コミュニティ・ミュージアム・オーナー・プロジェクト(CMOP)は、40軒の空家・廃校をリノヴェート(改修・改造)し、アーティストの作品の展開の場所としており、オーナーが購入・レンタル、管理費用を持ち、コーディネータ(オーナー代理)が、家主、アーティスト、建築家、施工者、地元協力者を束ねて、物件リニューアル。空家が宿泊施設、ギャラリーに変身し、地域資源となる仕組み。実際に見てみたいですね。

★縄文の遺跡が出土する滋賀県・奥伊吹谷の曲谷集落
 8月19日、20日にかけてキャンプイン企画『EVE氣 みちひらきまつり』が開催されます。
これはおうみ未来塾7期生の皆さんが、地元の人を巻き込んで繰り広げる地域プロジェクトの一環。8月19日に向けて、今日からてるてる坊主。

■EVE氣 みちひらきまつり
 琵琶湖の源流、米原市旧伊吹町曲谷地区にて、『EVE氣 みちひらきまつり』というキャンプインによる超スローなフェスを開催します。
 オーガニック・グルーブなライブとスピリチャルなワークショップやスローフード屋台、エコツアーなども同時開催予定です。
 原生林に囲まれた大自然に抱かれて、ストレスを解放し、まったりとリラックスとした休日をお過ごし下さい。

【開催日時】
 2006年8月19日(土)~8月20日(日)
 8月19日正午開場 <雨天決行>
【会  場】
 滋賀県米原市曲谷

【出演アーティスト】
 ●ジョゼ・ピニェイロ(ブラジル) 
 ●KOW  
 ●neomii 
 ●UooMoo
 ●Wooji&Amachi   他

★伊吹の自然とスローフード
 郷土の伝統食やさまざまなスローフードが中心。
 大自然のなか「食」を通じて、奥伊吹の実りの豊かさを感じていただけます。
★自然を満喫するエコツアー
 縄文そのものを感じていただけます。
 河川の源流をめぐりながら、清流や森のすばらしさを体験。この地域を知り尽くしたガイドが
 お連れします。
★伊吹の天然素材ワークショップ
 天然素材を活用して、実際の暮らしに役立つものや、
 子供たちが楽しく遊べるものを中心に、この地域の伝統技術なども盛り込みます。
★自然はショップ
 「スローライフ」。縄文の時間が流れる奥伊吹にふさわしいセレクションで、楽しく豊かな
 ひと時をお楽しみいただけます。
●その他地元の方々による、多彩なイベントが盛りだくさん!
 ※ワークショップ、エコツーリズムヘのご参加は別途費用が必要と なります。

【チケット・駐車場・キャンプサイトは事前申し込みが必要です!】
 大人/3,800円(2日間通し)
 小中学生/ 1,000円(2日間通し)
 幼児無料
 テント1張り:1,000円
 駐車場(2日間):1,000円
[PR]
by sdo-asanoya | 2006-07-17 20:29 | LOHAS・ライフスタイル
「詩のボクシング」
d0004627_21432288.jpg
以前私のブログでもご紹介した「詩のボクシング」が滋賀県であります!

館長の北村想さんは民間登用ということで、4月に県庁周りをご一緒したお方です。

しが県民芸術創造館
2006年7月16日(日) 13時00分開演
会場 練習室1
料金 【滋賀大会参加料】500円
【入場料】無料
主催 【主催】(財)滋賀県文化振興事業団
【共催】滋賀県教育委員会
【後援】NHK大津放送局 e-radio

今年はあなたがチャンピオン
声と言葉のリングに集まれ!
リング上で、2人の朗読ボクサーが自作詩を朗読し、どちらの言葉がより観客に届いたかを競う言葉の格闘技「詩のボクシング」
1997年音声詩人楠かつのり氏が「日本朗読ボクシング協会」を設立してから9年、第6回全国大会への出場権をかけて滋賀大会が8月開催されます。

表現スタイルは自由(詩・エッセイ・俳句・和歌・童話・日記・手紙等々)
朗読方法も自由(演劇・講談・ラップ・舞踊・アナウンサー風等々)
武器は唯一自分の「声」(身ぶり、手ぶり、パフォーマンスは可)
複数のジャッジが、朗読ボクサーたちの言葉を受け止め判定を下す! すべての朗読ボクサー達よ熱き戦いに参戦せよ

●朗読ボクサー募集
【応募資格】滋賀県出身・在住・在勤・在学のいずれかに該当する15歳以上の方。
【応募方法】住所、氏名、リングネーム(あれば)、年齢、職業、電話番号を明記のうえ、郵送、持参、FAXまたはE-mailでお申込み下さい。
【締切日】平成18年7月2日(日)必着
【審査員】
・楠かつのり(日本朗読ボクシング協会代表)
・禅定正世(今・昔語り 高島市今津町在住)
・北村想(しが県民芸術創造館長)

★第2回「詩のボクシング」滋賀大会
日時 2006年8月27日(日) 13時00分開演

複数のジャッジが、朗読ボクサーたちの言葉を受け止め判定を下す! 
予選を勝ち抜いた16名の朗読ボクサーによるトーナメント戦。赤・青コーナーに分かれ自作詩を1ラウンド3分以内で朗読、ジャッジが判定する。決勝戦は、「即興詩対決」が行われる。滋賀大会チャンピオンには、第6回「詩のボクシング」全国大会の出場権が与えられる。
審査委員長 楠 かつのり
 審査員   禅定正世(今・昔語り部)
       島田悦子(甲南第2小学校教諭)
       井村征爾(青春組み立てキット代表)
       北村想(しが県民芸術創造館長) 申込先・問合先
問合先 しが県民芸術創造館
TEL 077-564-5815
FAX 077-564-5851
[PR]
by sdo-asanoya | 2006-07-15 21:40 | ことば
三都物語
以前、旅行会社のキャッチコピーで
「三都物語」というのがあったように思います。

神戸、大阪、京都。旅人と住人とでは、感じ方が違います。

祇園祭のグランドフィナーレは、仕事です。
今日の琵琶湖のあの夕暮れと室町に聞こえているお囃子を一度に受け止めよう。
d0004627_22161476.jpg

それぞれの時間。神戸にはそれに合った時間。
[PR]
by sdo-asanoya | 2006-07-14 22:21 | LOHAS・ライフスタイル
神戸 ひさびさ
d0004627_22163026.jpg
先日ひさかたぶりの神戸。
フィルムオフィスにお伺いする機会がありました。
代表の田中さんは観光カリスマにも選定された熱い女性。話は尽きず、すっかり田中さんペースに。

アポの前に時間があったので、神戸散策を暑い盛りに実行。いやはや暑い暑い。
d0004627_2218366.jpg















d0004627_22193673.jpg















三宮から高架下、元町の大丸周辺を抜け、中華街、メリケン埠頭からまた三宮まで。ずっと前仕事していた土地勘のあるところですが、洋館リメイクを除き、懐かしい街並みはそのまま。震災はどこか奥深いところに留まりつつも、街は存続しています。
d0004627_22222991.jpg

それから目的のフィルムオフィスのある国際交流会館までポートライナーで。これに乗って神戸空港まで行けるようになっています。新橋の「ゆりかもめ」程の旅情はないものの、海を楽しめます。でも高齢一人住まいの女性で、この界隈に住むのはどんなだろう。

震災の時は神戸と姉妹都市のシアトルで人々の絆を実感した私。久々の神戸を歩いていて、複雑な気持ちがよぎりました。
[PR]
by sdo-asanoya | 2006-07-13 22:15 | ソーシャル・アントレ