<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
おうみ市民事業化連続講座
「共感とマーケットで地域課題を解決したい人のための!
市民事業化連続講座」を開催します。

昨年お世話になった田辺大さん(有限会社フォレスト・プラクティス 代表)を中心にじっくり共感のコミュニティづくりを学びたいと思います。初回7月3日は、かものはしプロジェクトの村田さんや滋賀県内の若手の動きの事例報告があります。


おうみ市民事業創出支援プロジェクト
===============================
共感とマーケットで地域課題を解決したい人のための!
市民事業化連続講座
===============================
地域や社会の課題解決に取り組む市民やNPOの活動が、市場経済の仕組みの中でサービスや事業として展開され持続的・発展的に社会的価値を生み出す動きが注目されています。こうした、市民事業に取り組もうとする、いわゆる社会起業やコミュニティビジネス、事業型NPOの担い手に求められる意識や実践的能力を養うことを目的に、4回連続講座を開催します。

【会場】
滋賀大学大津サテライトプラザ
 大津市春日町1-5
 平和堂アルプラザ大津5階(JR大津駅前)  
 TEL・FAX:077-524-3692

【対象】
社会起業、コミュニティビジネスに興味のある社会人・学生
活動の事業化をめざすNPO・市民活動団体
おうみNPO活動基金助成への応募を検討しているNPO・市民活動団体
組織経営のあり方に関心のあるNPO・市民活動団体
定 員
20名

【参加費】
5,000円 (全4回を通しての参加費です)

【テーマ・概要】 
ACT.1 オープニングサロン「“市場メカニズムを通して社会的課題を解決する”ということ。」
日時
7/3(火) 18:30~20:30

講師
大室悦賀(おうみ市民事業創出支援プロジェクトマネージャー)

ゲスト
村田早耶香さん(NPO法人かものはしプロジェクト 共同代表)
斉藤毅さん(NPO法人五環生活 ベロタクシー彦根パートナー代表)
岩永健一さん(立命館大学起業研究団体VBC「滋賀県いいもの発信プロジェクト」)

※ オープニングサロンのみ、連続講座受講者以外の方にも公開で開催します!
一般参加費:2,000円 /一般定員:10名

ACT.2 講座「市民事業の構造を知り、基礎を創る」
日時
7/22(日) 10:30~16:30

ACT.3 講座「市民事業を企画する」
日時
8/5(日)10:30~16:30

ACT.4 講座・発表会「市民事業を伝える」
日時
9/2(日)10:30~16:30

ACT.2~ACT.4 専任講師
田辺 大さん(有限会社フォレスト・プラクティス 代表)
社会的な活動を事業化するための基本となる考え方や、そのプロセスについて、ワークショップを通して学びます。

事業のカタチで、組織基盤を強化するきっかけを見つけたい方
やろうとしていることを事業化する手法を学びたい方
ぜひご参加ください!

【専任講師プロフィール】
田辺 大(たなべゆたか)さん(有限会社フォレスト・プラクティス代表)

中央大学法学部卒。奥尻・神戸震災のボランティアに参加。日野自動車、プライス・ウオーターハウス・クーパースに勤務後、日本で最初の社会起業コンサルティング会社である有限会社フォレスト・プラクティスを設立。盲ろう者(目と耳に障がいがある)の雇用促進を目指す福祉ビジネス・手がたり運営者。NPO法人アサザ基金がコーディネートする環境パートナーシップ市民事業、おおた市民活動推進機構が運営する協働オフィス「ぷらっとホーム大森」をプロデュース。日本NPO学会にて2004年から4年連続し学会発表。ハーバードビジネススクール社会事業大会に2003以降連続参加。ブログ「社会起業家 成功への10ヵ条」。2006年おうみ社会起業塾講師。東京工業大学大学院NPMコース(博士後期課程)。

【主催】
淡海ネットワークセンター

【協力】
滋賀大学地域連携センター

【申込】
お名前・所属(勤務先・学校・所属団体等)・住所・電話・FAX・Eメールを記入のうえ、6月29日(金)までに、郵送・FAX、Eメールで、下記までお申込ください。

【お問い合わせ・お申し込み】
淡海ネットワークセンター
((財)淡海文化振興財団)
 〒520-0801 大津市におの浜 1-1-20 (ピアザ淡海2F)
 TEL.077-524-8440 / FAX.077-524-8442
 E-mail office@ohmi-net.com
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-05-31 22:32 | イベントお知らせ
企業・団体の社会貢献活動セミナー 滋賀
d0004627_23284845.jpg

昨日の雨は、嘘のような晴天。
やっと、冬服と夏服の入れ替え。
日中の暑さが嘘のように、寒い夜です。
寒がりの私は綿のタートルネックとセーター。

5月31日は、淡海フィランスロピーネットと社会福祉法人滋賀県社会福祉協議会主催のセミナーでお話する機会をいただきました。100名以上の参加で、現在NPOの方が半数だとか。事例発表の方々のいい味を引き出すようにしたいと思っています。

3月15日開催した『企業とNPOの対話の夕べ ~ 連携と事業創造の可能性をみつける ~』では、企業もNPOもとってもポジティブな対話がありました。5月31日はもっと大きな対話や協働の芽がでるような時間が持てればと思います。

クラスタリングのお話は、少しづつ紡いでいます。
去年は、11月7日開催のおうみ市民活動フォーラム『新しい公益を考える マルチパートナーシップの時代』を開催しました。今年も面白い仕掛けができたらいいな。でも、欲張りすぎず、着実に「瀬田の唐橋」のたとえのように。

5月31日の詳細です。
●平成19年度 企業・団体の社会貢献活動セミナー
====================================================
 安心、安全で元気な地域社会づくりを進めるためには、地域を構成する企業、団体、NPO、市民、社協、行政等がお互いを理解し、各々の特性を活かして連携、協働することが求められます。本セミナーは企業と地域(NPOや市民等)が協働した実践事例を通じて、地域の一員としての企業・団体の社会貢献活動の取り組みを学びます。

◇日時:平成19年5月31日(木)15:00~17:30(受付14:30)
◇会場:クサツエスとピア
    (草津市西大路町4-32)
    JR草津駅西口より徒歩3分
◇プログラム:
 15:00~15:10 開会、オリエンテーション
 15:10~15:40 基調講演 浅野 令子氏(淡海ネットワークセンター 
                    常務理事・事務局長)
 15:40~17:30 パネルディスカッション「地域が元気になる企業の社会貢献とは」
              ~地域との協働実践から学ぶ~(仮題)
     <コーディネーター>浅野 令子氏(淡海ネットワークセンター 常務理事・事務局長)
     <パネリスト>渡辺 了 氏(((株)平和堂SC事業部 マネージャー)
           木村 浩一氏(京阪電気鉄道(株)大津鉄道事業部 部長)
           藤井 里香氏(いしづみの家共同作業所 所長)
 17:30~19:30 交流会
◇参加対象:
 ・県内の企業・団体関係者
 ・社協、NPO・市民活動団体等関係者
 ・企業・団体の社会貢献活動に関心のある方
◇参加費:
 ・セミナー:無料
 ・交流会:5,000円(当日、受付にてお支払いください)
◇申込締切日:5月23日(水)
○主催:社会福祉法人滋賀県社会福祉協議会、淡海フィランスロピーネット
○後援:滋賀経済団体連合会、財団法人勤労者福祉協会
○協力:淡海ネットワークセンター(財団法人淡海文化振興財団)

お申込・お問い合わせ先
 社会福祉法人滋賀県社会福祉協議会
 地域福祉部ボランティアセンター 担当
 〒525-0072 草津市笠山7-8-138
 TEL:077-567-3824
 FAX:077-567-5160
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-05-26 23:20 | 新しい価値の創造
急がば廻れ。
d0004627_22134380.jpg

とある会議で、委員さんがおっしゃっていた言葉。

急がば廻れ 瀬田の唐橋
武士(もののふ)のやばせの舟は早くとも急がば廻れ瀬田の長橋

琵琶湖の対岸までは、船で渡ると近道だけど、天候に左右され、リスクもある。
回り道だけど、唐橋まで戻って、渡る。
きっちり道筋歩むと、それが早道。

近江八景
=========
石山の秋月
勢多(瀬田)の夕照
粟津の晴嵐
矢橋(八橋)の帰帆
三井の晩鐘
唐崎の夜雨
堅田の落雁
比良の暮雪
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-05-25 22:13 | ことば
いいものは触って、感じなきゃ。 Calling
庭に咲くスズランもすっかりたけ、ブルーベリーも花から少しつづ、実がなりつつあります。
金沢の余韻でso exicited and 思い出す10年分の「生かされ具合い」を感じています。

子供とアート。本質を見抜く目。
d0004627_7542233.jpg

「いいものは触って、感じなきゃ。」
米国ワシントン州に住んでいたとき、ワシントン大学の先生がおしゃっていました。
小学生にも普通はガラスケースに入ってるような高価な茶器を使っての茶道体験。
感じる度合いは、大人の比ではなかった。
松風の音、水一滴の音、気配、香り。あの感覚。

小さい頃、家にあるアンチークとおぼしき木箱をいくつも一人であけて、触った感覚は、体とこころの細胞となっています。触れた瞬間の心のざわめき。

『小学生3年生に聞きました。』
『琵琶湖は、何県にありますか?』
小学生琵琶湖検定ってのがあるとベンチマーク設定の励みになりますね。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-05-24 22:27 | 新しい価値の創造
綿菓子
穀雨 あけそめてみず 湖(うみ)の豊穣 
d0004627_23303037.jpg
この写真の大文字山の向こうは琵琶湖。私の住んでいるところ。

私のブログは、綿菓子をイメージしています。ふわふわふわり。
親しいお仲間との近況ブログ。の、はずですが、アクセス件数が増えています。
なんでだろう。

なにはともあれ、今年も半年が過ぎようとしています。

淡海ネットワークセンター設立10周年。
皆様に見守りいだきながらのmemorial yearフォーラムです。

地域を見つめて。
おうみの市民社会のカタチ
~これからの10年を創る
『30年後を思って、次の次の10年を創る』が私的なテーマです。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-05-22 23:31 | 新しい価値の創造
e-messe 2007 コンパクト・シティ金沢
d0004627_17234582.jpg東京への新幹線は頻繁にあって、一列車乗り遅れても、なんとかなる。
しかし、同じ時間で行けるところでも、本数が少ないところへ行くのはドキドキします。
当日は、風雨がすごく、湖西周りでの強風の日、金沢での講演に間に合うかと、
本当に、はらはら。お立ち台でお話する段になり、ようやく数時間の緊張がとけました。


本番に緊張がとけるのは、良くないのですが、展示場の広さに心も高揚。
シニアとICTの熱気と、冷静な「働くおなご」の皆さん、なんとなく参加した人たちなどなど、
雷雨の中で、「あの場」におられた方々に祝福あれ。
ひさびさに、NPO、ベンチャー、地域情報化で、まちづくりの3題話の話題に参加でき、有意義な時間を過ごせました。起こすことの楽しさと難しさの共有。町衆ICT企業のオーナーが
気さくで、ワイガヤ交流がいいんですね。d0004627_17312422.jpg
時間の合間に「金沢21世紀美術館」で、しばしの休息。
市役所の隣のアート空間がたまりません。
格式ばらない開放的な建築。「いいものは触って、感じなきゃ。」
子供のときからの感性磨き場。


美術館でまちおこし。『超美術館革命
蓑(みの)豊(ゆたか)館長の次なるポジションは、大手オークション会社サザビーズ北米本社の副社長。アートも社会起業家の活躍するフィールドですね。
d0004627_2131033.jpg













d0004627_17251389.jpg今度行くときは、海岸や山を一気に堪能できるコンパクトシティ金沢をじっくり味わいたいと思います。
金沢でお世話になった、皆様、ありがとうございました。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-05-19 23:42 | 新しい価値の創造
金沢
d0004627_2327194.jpg
昨日は、滋賀県男女参画推進協議会でお話させていただく機会がありました。
講演終了後の強風は、もう台風。
ようよう、大津へ帰ってきました。昨日は本当に寒かった。

今日は、彦にゃんで、沸いている彦根に行きました。
昨日からの強風の中にある滋賀県立大学。

白波というよりビッグウェーブ。サーフィンができるくらいの
白波が立つ湖がそこにありました。
研究棟の扉も本当に開けにくかった。

来週はひさびさの金沢。
e-messe kanazawa 2007
5万人が集まる北陸最大のデジタル総合展

■日時
2007年5月17日(木)~19日(土)
10:00~17:00

■ステージプログラム
5月17日(木)
◆基調講演 (13:00~14:00)
 団塊世代の生き方~社会とのあたらしい関係性の構築について~
【講師】
 浅野 令子氏
 淡海ネットワークセンター 事務局長

5月18日(金)
◆テクニカルセミナー (11:00~12:00)
 今後の技術革新の方向性
 【講師】
 佐野 勝大 氏
 マイクロソフト(株)  戦略技術室 室長

◆e-ネットキャラバンPR(10:30~11:00 / 14:00~14:30)
 主催: 総務省北陸総合通信局
 安全なネット社会を作り、全国に安心の輪をひろげようという思いから生まれた「e-ネットキャラバン」。
 その活動の中心であるネット安心講座の模擬体験をはじめ、e-ネットキャラバンの取り組みをご紹介します。

・e-ネットキャラバンの概要説明
・e-ネット安心ミニ模擬講座
 ネットの常識
 「思いやりと謙虚さ」
 「危険なサイト」
・パネル展示 等

5月19日(土)
◆産学官交流イベント(10:30~13:30)
「e-com ishikawa 2007」(マイコンカーラリー)
 石川県内の工業高校生自作MCRマシンのタイムトライアルレースを開催。
 当日はインターネットや携帯電話でライブ中継します。

◆産学官交流イベント(14:00~16:30)
「e-searcher contest 2007」(e-サーチャーコンテスト)
 目指せ!ネット検索達人。
 石川県に関する難問・珍問にインターネットで解答を検索。
 その正確さと速さを競います。

■主催者: (社)石川県情報システム工業会

■開催日付: 2007/05/17

■開催場所: 石川県産業展示館 1号館
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-05-11 23:21 | イベントお知らせ
未来可能性
d0004627_22121897.jpg
おうみ未来塾塾長日高敏隆先生にお会いしてきました。
「未来可能性」にこめられたFuturabilityについての先生の思いに触れました。
「持続可能性」と「F未来可能性ーFuturability」
この続きを考えたい方は、6月10日大津へ。

おうみ未来塾 第9期開講記念講義(一般公開)
『人と地域の未来可能性を拓く』
2007年6月10日(日) 14時30分~15時30分

「唯一、人間という動物だけが、地球環境破壊を引き起こすことになった。では、科学・技術をもっと発展させれば地球環境問題を解決できるのか? そうではないことはもはや明かであり、効率を重視し、自然を支配しようとする人間の文化や生き方そのものを変える必要がある。これは、地球環境問題に限ったことではなく、地域が抱えるさまざまな課題に共通して言えることで、その地域やそこに住む人の未来のことを考える、従来と異なった発想が求められる。「未来可能性」(Futurability)という概念が今や不可欠なものだと、ぼくは思っている。」
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-05-08 22:11 | イベントお知らせ
あの道
d0004627_21391461.jpg
以前行ったことのある宇川温泉の「よしのの里」へ。部屋にはキッチンと広いパティオがあるので、今回はバーベキューセット持参です。キャンプとはまた別のちょぴりアウトドア感覚。





d0004627_21394859.jpg
宮津の公設市場で魚を調達。醤油のこおばしい匂いとともに、さざえに舌鼓。広いパティオからは、海水浴シーズンには大賑わいの海岸が広がっています。温泉からの眺めも、うれしい。




海岸には人もいなくて、海水浴シーズンまでのしばしの静寂。d0004627_2140748.jpg

帰路は、大宮町にある大江山(おおえやま)にお立ち寄りコース。








大江山は、京都府丹後半島の付け根に位置し与謝野町、福知山市、宮津市にまたがる連山である。標高833m。酒呑童子伝説で知られる。また、雲海の名所としても知られている。
ウィキペディアより
d0004627_21404394.jpg


d0004627_21411028.jpg
酒呑童子伝説で有名な大江山の山頂まであと1kmというところに鬼嶽稲荷神社があります。秋の早朝に広がる雲海がすばらしいということですが、今回は雲海ではなく、晴れた新緑に彩られた山々の陰影。京方面を眺めながら旅人の感慨はどんなものだったのでしょうか。

小倉百人一首
「大江山いく野の道の遠ければ、まだふみも見ず天の橋立」(小式部内侍)

d0004627_2144634.jpg

鬼伝説がある大江山は、金属鉱脈が豊富で、日本の鬼の交流博物館が建っているあたりに鉱山があったらしく、たたら師の炎で傷ついた形相が鬼伝説にいっそうの存在感を与えているようです。

以前京都橘大学のパネルでご一緒した方が、大宮町を鬼で町おこしの仕掛け人の方でした。山科駅まで、楽しくお話しました。(その明るさの影の努力や辛抱いかばかりだったかと今思う私です。)公民起業家という言葉もなかった時ですが、熱い思いで女子駅伝も町を元気にするんだとおっしゃっていました。こういう出会いが大切で、私を呼んでくださる方々の期待に応える努力と余裕を持たなくては。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-05-02 21:48