<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
でっかい道
秋は陰陽をつけながら、こちらにやってきます。
あけびもこの週末には採っておかないと。

僕の寝顔をこんなにアップされたら、困りますが...
このふわふわの幸せがいつまで続くか。
だからこそ今を愛して、生きなきゃ!
d0004627_0514347.jpg
噂には聞いていた、北海道NPO。大室さんのガイドで、いろいろ回ってきました。事務局目線を離れて、調整していただいている受身のしばしの喜びは、また格別。北海道は、文字通り、「でっかい道」。羊蹄山をずっと見ながらのドライブも大雨と晴天でした。旅の模様は、ゆるゆるご報告していきます。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-09-27 00:52 | 新しい価値の創造
ナンシー
d0004627_23172414.jpg
Nancy Sinatraの声で聞いた”UNTIL IT'S TIME FOR YOU TO GO”

You're not a dream
You're not an angel
You're a man

I'm not a queen
I'm a woman
Take my hand

We'll make a space
in the lives
that we'd planned

And here we'll stay
Until it's time
for you to go

Amazing Graceを超える、葬祭歌でも使える永遠の恋の歌ではないかな。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-09-23 23:17 | ことば
講演会『社会企業家のためのベンチャー・キャピタル:社会的起業の促進と支援』
駐大阪・神戸米国総領事館 関西アメリカンセンターと(特活)関西国際交流団体協議会の共催で、講演会『社会企業家のためのベンチャー・キャピタル:社会的起業の促進と支援』が開催されます。
近年、ノーベル平和賞のグラミン銀行やコミュニティ・ビジネスなど社会的課題の解決に取組む「社会的企業」が注目されています。講師のミラー氏が代表を務めるNFFは、1980年の設立以来NPOへの経営、資金的な面から、地域課題を解決できるNPOや社会起業の支援を続けてきました。是非この機会に、社会起業やNPOを支える「お金の流れ」を作り出す仕組みにふれてください。
日時:2007年10月3日(水)15時~16時30分 
場所:駐大阪・神戸米国総領事館 関西アメリカンセンター(西天満2-11-5)

講師:クララ・ミラー(ノンプロフィット・ファイナンス・ファンド(NFF)代表)
Clara Miller(President & CEO Nonprofit Finance Fund)

そういえば、駐大阪・神戸米国総領事館で、数年前にNPOのWeb戦略に関して、アメリカから来た方の講演会で司会をしたことがあります。あの頃から比べて、今はNPOにとってもWebはかかせないものとなりました。改めて時の流れを感じます。

明日から北海道NPO視察。寒そうなので、風を引かないようにしないと。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-09-23 17:31 | イベントお知らせ
お京阪
日中は暑いのに、夜はさすがの秋の装い。

京阪電車社内は、夏の思い出真っ盛り。
d0004627_22171010.jpg

「僕の好きな色」
「浜大津を駆け抜けるお京阪電車」
「琵琶湖畔での家族水泳」
「湖面を巡る湖船」
「夏に揺れる恋心」(これはなかったけど、きっと小学校生の心の中には宿っていたはず)
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-09-20 22:17 | ことば
日経地域情報化大賞 2007
d0004627_2145106.jpg
ブルーベリーは、すっかり採り終わり、もうそろそろアケビの収穫の頃。

いつもこういう時期にあるのは、『日経地域情報化大賞
今年の大賞は、『Ruby City MATSUEプロジェクト』
それぞれの概要も、でています。 この賞にエントリーしていたときが、なつかしいです。デジタル感度は、本当に地域によって違いますね。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-09-18 21:42 | 新しい価値の創造
宇治 お久しぶり!
d0004627_21591829.jpg
今日は、宇治での講座。女性は、メールアドレスや電話等自分のものを持つことが、自分起こしの始まり。「自分の名刺を持とう」だけで講座になるほど複雑な課題です。

久しぶりの宇治橋は、複雑な天候でした。何年か前、京都新聞の方と宇治橋、橋守の通園さんのご協力により「着物de宇治」企画ができました。あの頃よりはるかに活気を帯びている宇治橋商店街の中に「働きたいおんなたちのネットワーク」さんが借りている居場所があります。酔っ払い運転の車が突っ込んだ時は深夜で誰もいない時。昼間だったら、大惨事。ご近所の方々がシートやコーンを持ってきてくれたりといつものご近所付き合いがあってこそのお手伝いがあったそうです。京阪宇治からJR宇治までの徒歩10分程のドラマには、観光客もそぞろ歩き。
d0004627_22101583.jpg

もう秋ですね。温かくって気持ちいい。胸に抱くときゅるんっと手を胸に回してくれるのです。生きているって本当に気持ちいい。今年は暑くても膝の上でグルグル。今も膝の上で、幸せいっぱい。柔らかくてゴロゴロにゃんにゃん。Have a sweat sleep!寝られないときは、ぜひこのうっとり感を。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-09-15 21:58 | 新しい寄付文化の創造
米原 CB
今日は晴天。米原に行ってきました。

おうみNPO活動基金の説明会を夕方に受け、滋賀ビジネス・フォーラム2007と同時開催の「しがコミュニティ・ビジネス・フォーラム」に参加してきました。携帯電話でのショットはいまいちですが、基調講演はカスタネットの植木さんによる基調講演とパネル・ディスカッション。
d0004627_2315316.jpg
基調講演、ディスカッションとCBにまつわるいろいろな色合いを咀嚼しました。
◆基調講演およびパネルディスカッション
『21世紀は、社会企業家の時代』
~ベンチャー企業の危機を救った社会貢献とサポーター~
◇講師:植木 力 氏
( 株式会社カスタネット 代表取締役社長・社会貢献室長 )
 パネルディスカッション
「21世紀のビジネススタイルを考える
  ~コミュニティビジネス・社会企業家の成功の秘訣~」
◇コーディネーター
永井 美佳 氏 ((社福)大阪ボランティア協会NPO推進センターインキュベートアドバイザー)
◇パネリスト
植木 力  氏 (株式会社カスタネット)
宮村 太  氏 (安曇川流域・森と家づくりの会)
冨岡 尚子 氏 (NPO法人環境工房ころころ)
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-09-13 23:02 | 新しい価値の創造
帰去来
もうそろそろブルーベリーの収穫も終焉。
d0004627_22185919.jpg

この週末には、鳥たちの饗宴でベリーは、それぞれの道に。
その前のふっくらとしたベリーを摘んでオフィスでみんなにおすそ分け。
週末の今年最後の収穫は、お菓子作りでみんなを幸せにしている人に差し上げられるほど、
採れるといいな。

週末は、宇治で女性の感性や実行力を活かせるようにとの趣旨で開催される講座に参加します。10月には東京都でのフォーラムでコーディネータ役をおおせつかっています。「女性」や「多文化」、「市民」ということばも、しなやかな全体性の中でこそ活きる言葉だと思っています。自分たちの正当性の証明のために、言葉を人質に取るのではなく、多様性の豊かさの中にその意味を見つけたいと思います。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-09-12 22:19 | ことば
ソーシャル・ギャザリング 2007
週末は、ソーシャル・ギャザリング。
d0004627_22582590.jpg

ジョン・バードさんの(BIG ISSUE創設者)基調講演が、ギャザリングの意味を端的にあらわしていたと思います。governmentや伝統的な手法の市民活動から、社会的事業への転換を図ろうとしている人たちのムーブメント。2日間充実した時間を過ごしました。
体を何分割かして参加したいセッション多しでしたが、2つ参加しました。
■分科会3「メディアとソーシャル・イノベーション~消費者・大衆に何をどう伝えるか~」
○小黒一三氏(『ソトコト』編集長)
真面目になりがちな「ソーシャル」談義への軽いブロージョブ。        
○粟田政憲氏(『エココロ』発行人) 
絵心とエゴ心ではない女性向けエコ心。                   
○森摂氏(『オルタナ』編集長)    
なぜか突然送られてきた「オルタナ」。知らないうちに送付リストに載っていたのですね。 この雑誌もそろそろ有料化でも勝負。
☆ファシリテーター:マエキタミヤコ氏(サステナ代表) 
笑顔の素敵なファシリは見習うこと多し。いつか滋賀県にお呼びしたいお方です。
■分科会6「協働-お役所とソーシャルベンチャーと住民のイイ関係」
大変面白かった!!!協働というとその緊張関係に身構えがちですが、行政、NPO、企業や地域の方々のそれぞれの良心と「前に進む」という気構えの共有。協働マニュアルというお作法だけでは超えられない互恵互酬のプラットフォーム。プラットフォーム参加者は、やはり多様でなきゃ、です。
○藤倉潤一郎氏(プラットフォームサービス株式会社代表取締役社長兼鶴ヶ島市協働政策幹) 非営利株式会社で赤字公共施設をインキュベーションビルに。
○北川賀寿男氏(長浜市産業経済部観光振興課副参事)
昨年の未来塾のフィールド合宿の際にお世話になった北川さん。分科会でも熱弁。行政の縦割りや垂直構造を乗り越える行政マンの裏技等々、合宿では聞けなかったお話しも聞けました。
○近納裕政氏(茨城県土木部道路建設課道路企画担当(前・桜川市市長公室主事))
地方では公民起業家は大切な存在です。やる気のある若手行政マンが動かした協働プロジェクト。
○西本千尋氏(株式会社ジャパンエリアマネジメント代表取締役社長)
学生時代から早稲田のまちづくりを中心に全国を駆け巡り、乱立する広告塔や看板などを街に似合うものに統一し、広告収入でまちづくり。社会起業家プラットフォームで知り合った藤倉さんの運営するビルへお引越し。その縁で、ファシリ役の浅野さんとも知り合い、政策の見直しを可能にしつつある。市場活用とNPO的な全国的ネットワーク形成でボイスも広がっている。各省庁の厚い壁も、その中にいる人たちからの助言で少しづつ溶けていく。
☆ファシリテーター:浅野大介氏(内閣府経済財政運営統括官付政策企画専門職)
ワンクリックでヒットという感じ。いつか滋賀県に来ていただきたいとラブコール。行政内部の仕掛け人は重要です。

充電200%で、これから秋の陣が始まります。
d0004627_232414.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2007-09-10 22:59 | 新しい価値の創造
みんなの居場所
d0004627_22443192.jpg
今は私の住む山では、風雨は穏やか。
新幹線で静岡あたりで足踏み中の方には、申し訳ありません。

先日は、田辺大さんを講師にお招きしての「おうみ市民事業化連続講座」最終日。いろいろなアイデア満載のプレゼンでした。当事者感覚の経営者とコンサル目線が、受講生の琴線に触れたようです。オブザーバーには、営利と非営利の「やらなくちゃ感覚」の方においでいただきました。「命かけてこそ」というメッセージは、皆さんの胸に伝わった思います。どこの地域でもそうかもれませんが、地域を見つめる目線と大きく何かが起こっているか外を見る潔さのバランスが大事。琵琶湖を眺め、そして外の風を感じ、大きな世界を見ることができる柔軟性と多様な価値観のバランス。事業性への芽生えは、ダイエットやガーデニングと似ている。毎日の心がけ。これが難しい。講座で終わりではなく、これから本当にどうしたいか、ピアグループの形成です。

今日は、おうみ市民事業創出支援プロジェクトのプロデュース委員会でした。「街の保健室」をつくりたいマイママセラピー代表の保健婦さんのプレゼンとそれにつづく意見交換。どこまでしたいという整理と子育てNPOとの連携や行政施策への展開等々、田辺さんのいう胸に突き刺さるような共感のプロデュースです。NPOのコミュニティ形成のsocial impactをどう可視化できるか。これからが楽しみです。

9月8日、9日は、また六本木ヒルズでのソーシャル・ギャザリングです。またあの巨大な蜘蛛にご挨拶できます。
[PR]
by sdo-asanoya | 2007-09-06 22:40 | 新しい価値の創造