「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ゆっくりと踏みしめて
新婚旅行は中山道を踏破
おうみ未来塾卒塾記念と新婚旅行を兼ねて、なんと4月27日(日)午前11時東京日本橋を出発し、滋賀県の草津宿を目指して歩かれるカップルがいます。
武州・上州路、信濃路、木曽路、美濃路、近江路。長い道のりの中で見つける日々の日常が、これからの人生の糧となる歩み。

幸あれ!
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-04-30 21:29 | 新しい価値の創造
琵琶湖一周
d0004627_21134397.jpg

石坂線も源氏千年紀。
窓も含めて車体全体がキャンバス。

おうみNPO活動基金の関係で、
明日は、大津から源流民を増やそうプロジェクト山村の古民家「大門坂荘」オープンにあわせて奥伊吹。北周りぐるっとして久々のマキノ、そして大津へと琵琶湖一周。

てるてるぼうず、明日天気になあれ。
ブログ写真日和になりますように。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-04-25 21:13 | 新しい価値の創造
頑張リズム
d0004627_2257685.jpg
おうみ市民事業化連続講座でお世話になっている田辺大さんからのお知らせです。
毎年アメリカのボストンにあるハーバードビジネススクールで開催される社会起業大会。この帰国報告会が東京工業大学(大岡山キャンパス)で開催されます。
【日時】4月27日(日)15:00~16:30(開場は14:45より)
(関西や九州でも計画されているそうです。)

※4月22日追記・緊急告知:今回、特別ゲストとして、トッド・ポーターさん(アショカ・ジャパン設立準備チーム)から、一言スピーチを頂くことになりました。(同時通訳あります) アショカ・ジャパンについて、国内でスピーチが行われる、史上初の舞台ということで、田辺さんの活躍がますます輝いていますね。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-04-22 22:53 | イベントお知らせ
風景 in におの浜
d0004627_2124868.jpg














d0004627_2122134.jpg空をいっぱい吸ったような一日。オフィスには3ヵ月分のカレンダーを見る側と琵琶湖を大画面で見る側があります。私はカレンダー側。
今日は帰り道、琵琶湖の空と湖を堪能している人々が歩いている遊歩道を少し歩きました。
生業文化、芸術文化、生活文化の行きかうところ.
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-04-19 21:22 | ことば
春が噴き出す
おうみでも春は咲き、市民活動もふつふつと沸いています。

三月までセンタースタッフだったTさんの新たな活動拠点である「まちなか交流館」オープニングのご案内と山村の古民家「大門坂荘」オープン源流民を増やそうプロジェクト。 
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-04-18 21:56 | イベントお知らせ
旅心
フォトプロではない私が撮った桜の写真の中では、これが好き。あの頃のムードでしょうか。っていつよと、半世紀生きている自分への問いかけ。
d0004627_7525179.jpg
ふらんすへ行きたしと思へども
ふらんすはあまりに通し
せめては新しき背広をきて
きままなる旅に出でてみん。

荻原朔太郎の「旅情」より抜粋 

春雨の続く今日この頃
よく晴れた日の車窓からの風景を思い描きつつ
今日はKF大学での初授業
新しい出会いの始まりです

授業が終わり、桜が余韻になりつつある庭へ。滋賀県から出向中のSさんにこのタイミングで会えればと思っていたら、近くのお食事場でばったり再会。念じていれば通ずるもの。「浅野さん!」「あれっ、Sさん!」自分リズムで京都でもがんばって。
d0004627_2136010.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2008-04-14 07:50 | ことば
市民メディア全国交流集会 in 京都
毎年各地で実施される市民メディア全国交流集会が、ことし京都で開催されます。
内容はまだまだこれからのようですが、これからの展開が楽しみですね。

□概要(市民メディア全国交流集会2008)
名称:第6回市民メディア全国交流集会@京都 (仮)
開催日時:2008年9月12日(金)~14日(日)(12日は夕方から)
開催場所案:
  旧立誠小学校/アートコンプレックス1928/京都三条ラジオカフェ/
  京都YMCA/京都文化博物館 他(仮)
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-04-12 22:17 | 新しい価値の創造
三井寺 疎水あたり
三井寺あたりも桜満開。山が薄紅に浮かび上がっています。
京都の疎水とはまた違う風情の桜です。
夕暮れ時の撮影なので、桜も少し寒そう。
d0004627_22224538.jpg















平日の午後5時以降は人もあまり歩いていなくて、しっとりと町並みを歩けました。

d0004627_2223770.jpgこの疎水が京都まで続き、ハイキングにぴったり。金曜日頃には桜川となっているでしょう。生活区分で創る「まちづくり」が、良いと思う今日この頃。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-04-08 22:23 | 新しい価値の創造
Over oblivion 忘却の彼方に
昨日は氷点下の寒さ。今日の朝も霜はつかないけれど、かなり寒かった。
昼食時には、琵琶湖のほとりで人々が戯れ、春爛漫。三井寺の桜は朝の蕾から夕方にはすっかり大人の装い。といってもまだ青い春。そんなに急がなくてもいいのに。明日は、私だけに見せてといっていられないほどの人並みとなりましょう。

まだ余呉の蕾は少し膨らんだくらいでしょうか。
じわじわとそれぞれのライフスタイル追求が面白い。
こんな企画が5月25日(日)からあります。
~余呉からはじまる田笑(たわら)の
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-04-05 22:09 | ことば
すこしで
僅かな光の角度の違いや温度で、昨日は蕾でも今日は九部咲きとなり、皇子山球場の桜の淡いピンクにはっとした車窓。三井寺の桜は山の中腹で蕾もぷっくりしているのでしょう。山がピンクのベルトをしているように見えます。この週末は、山全体がチェリーピンク。三井寺から京都の蹴上までをいつか桜満開の時に歩きたい。

ルービックキューブのように、人事もその時のタイミングですっかり様変わりという変化を体験できるのは、良い経験と思っておきましょう。。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-04-03 22:46 | ことば