<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
想いの交換
 昨日のフォーラム『買い物も市民活動?~私の“選び”が社会を変える~』は、市民活動の広がりと、市場を利用しうまく地域や社会の流れを変えていく取り組みが実感でき、有意義な時間でした。

 ひさびさにお会いした奥谷京子さんから(WWBジャパン代表)は、知見充実実績の積み重ねの日本各地での社会起業の取り組み紹介。
●株式会社フェリシモの能勢さんからは、お客様とのコミュニケーションを大事にしている企業ならではの商品開発の様子や障がい者の方々を巻き込んだ品質管理の様子も参考になりました。
●地域交流研究会の塚村さんからは、ディオス北千里専門店会が中心となって、6年間毎月一回地域交流研究会を開催し、地域の学校や商店街、学生さんなどなど、知恵の出し合いで様々な取り組みをされていることを説明していただきました。表決をしない知恵の出し合いの楽しさで研究会が「コーディネーター」なんだということを聞き、また機会を設けてヒヤリングに行かないとと思います。
●エコロカル ヤスドットコム 遠藤さんからは、誰もが少しづ地域通貨『すまいる』を介在させ、地球温暖化防止や“環境と経済の両立”をしている地域活力推進の取り組みのご様子を話していただきました。

 そして上記事例報告団体の他にも以下の団体にも参加いただき、それぞれの取り組み熱意いっぱいに紹介していだきました。

ボルネオ保全トラスト
ボルネオの生物多様性を保護する為の活動をしている。
●里山パン工房
 地元マキノ町産の米を自家製粉しパンを生産。消費者も安心のパンです。
http://www.eonet.ne.jp/~ossaka/
北比良グループ
 比良山系の麓でとれた食材を使った無添加米味噌やさつま芋チップなど 美味しい物を作っています。
●安曇川流域・森と家づくりの会 安曇川流域で育った良質な木を使った家づくりを通じて、豊かな森づくりを目指しています。
●知的障害者授産施設(通所)れもん会社
 障がいのある人の「仕事」と「生活体験」の場を提供しています。

 基調講演の奥谷さんがおっしゃっていた「値決め」、「コミュニテイ・トレード」、「交流」の言葉が、事例発表などからも分かり、消費行動に訴える活動の重要性や地域の多様な主体との協働の取り組みが聞けて、こういう風に時代は動いているんだと改めて実感したフォーラムでした。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-11-30 21:50 | 新しい価値の創造
フォーラム 明日
 先日はおうみ未来塾の甲賀市の多文化共生の取り組みについてフィールドワーク。
大津にいると滋賀県の実情が分かりにくいのですが、以前から多文化共生は滋賀県でもっとエコーを共有しなくてはと思っていました。派遣労働の深淵を私たちでできるものにしなくては。

いよいよ明日となったフォーラムのご案内。
一般の人にも地域課題を「買い物」という誰もが参加しやすい形で解決していける!という、気づきを持って帰って欲しいと企画しました。「交換」による市民活動の新しい展開が分かるフォーラムです。ママ達には託児サービスもあります。当日参加もOK。
-------------転載------歓迎----------------------------
フォーラム『買い物も市民活動?
 ~私の“選び”が社会を変える~』
2008年11月29日(土)14:00~17:30
-----------------------------------------------------
 地元で生産された野菜を買うことで地元の農家ががんばれる。
このお店を利用すると地域での太陽光発電に協力できる。この商品を買うと障がい者の就労を応援できる。いろいろなメッセージや思いが込められた、商品やサービスを“選ぶ”ことで、地域社会が変わり、元気になっていきます。子どももおとなも、お買い物で地域づくりに参加することができます!
 そんなヒントが見つかるフォーラムです。会場では、地産地消を進める市民団体、福祉の職場を生み出す市民団体などが出展し、交流もしていただけます。みなさまのご来場お待ちしています。

◇日時:2008年11月29日(土)14:00~17:30
◇場所:生活協同組合コープしが(滋賀県大津市)
 コープぜぜ2階生活文化ホール
◇参加費:500円
◇定員60名程度
◇プログラム
13:30 開場 14:00 開会

【講師紹介】 
○奥谷京子さん
 女性の起業活動支援。WWBジャパン代表。起業スクールのほか、農業や地域を元気にする人向けの講演や セミナーの講師をしている。
 ホームページ:http://www.p-alt.co.jp/wwb/(別ウインドウで開きます)

【事例紹介】
●株式会社フェリシモ 能勢加奈子さん(ecolorグループ グループリーダー)
 カタログ販売会社フェリシモは、商品の購入によって地球環境保全に消費者が参加できる商品、海外ボラン ティアができる商品などを提供し、身近なところからエコライフや途上国との関係について消費者へ情報を 提供している。
 ホームページ:http://www.felissimo.co.jp/ecolor/v3/cfm/partner.cfm(別ウインドウで開きます)
●地域交流研究会 塚村好朗さん(ディオス北千里専門店会 会長)
 ディオス北千里専門店会が中心となり、「まちづくり」をテーマに地域の住民、学校関係者、市職員など多 様な人が気軽に集まれる地域交流研究会を開催している。月に1回開催を6年間継続している中で、学校で聴 覚障害児の支援に結びついた事例、学校と商店街が協力して保護者へ安全情報を提供するシステムを構築し た事例などがある。
●エコロカル ヤスドットコム 遠藤由隆さん(野洲市まちづくり政策室 主席主幹)
 地域通貨『すまいる』を介在させ、地産地消の推進による地域内経済の活性化と、太陽光発電装置の普及推 進による地球温暖化防止など“環境と経済の両立”を目指した『すまいる市』を展開している。
 ホームページ:http://www.smilemarket.net/(別ウインドウで開きます)

◎出展団体
 上記事例報告団体の他にも出展予定。
●里山パン工房
 地元マキノ町産の米を自家製粉しパンを生産。消費者も安心のパンです。
●北比良グループ
 比良山系の麓でとれた食材を使った無添加米味噌やさつま芋チップなど
 美味しい物を作っています。
●安曇川流域・森と家づくりの会
 安曇川流域で育った良質な木を使った家づくりを通じて、
 豊かな森づくりを目指しています。
●知的障害者授産施設(通所)れもん会社
 障がいのある人の「仕事」と「生活体験」の場を提供しています。

◇参加申込:参加希望の方は、お名前、住所、連絡先を電話、
 FAX、E-mailで淡海ネットワークセンターまでご連絡ください
※E-mailでお申し込みの場合は件名に「11/29フォーラム参加希望」
と明記してください。
※当センターホームページからも申し込みできます。
URL:http://www.ohmi-net.com/
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-11-28 22:26
龍譚寺へ
観光シーズンでJRも旅気分。仕事で乗り合わせた旅人の笑顔にこちらもすっかり旅気分。
こういうときに詩心が起きてきます。

今日は紅葉の3連休中の人ごみを抜けて彦根へ。
ひとにゃん前には観光客を見ることはあまりなかったのに、ひこにゃん効果はすごい。

ボンネットバスでなら結構車なしでも、市内移動できます。
d0004627_2259982.jpg













そして紅葉の龍譚寺へ。この模様は後日にでも。明日は、甲賀。d0004627_22594581.jpg
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-11-23 22:59 | ことば
『買い物も市民活動?』
 先日の淡海フィランスロピーネットのトップセミナーは、企業ができるお金で変える方法のお話。11月29日は市民が自分達の意思あるお金で社会を良くするお話。今日の協働サロンは生協理事長はじめ、生協幹部総動員で、生協XNPOで社会を良くする可能性に関して熱気のこもった意見交換でした。昨晩は滋賀県職員の社会を良くする話し合い。今週、来週、再来週と会議や出張で、きちきつスケジュール。風邪をひく間のない、時間が続きます。

 11月29日のフォーラムでは、一般の人にも地域課題を「買い物」という誰もが参加しやすい形で解決していける!という、気づきを持って帰って欲しいと企画しました。
 下記フォーラム案内について、広報ご支援を賜れば幸いです。よろしくお願いいたします。
-------------転載------歓迎----------------------------
フォーラム『買い物も市民活動?
 ~私の“選び”が社会を変える~』
2008年11月29日(土)14:00~17:30
-----------------------------------------------------
 地元で生産された野菜を買うことで地元の農家ががんばれる。
このお店を利用すると地域での太陽光発電に協力できる。この商品を買うと障がい者の就労を応援できる。いろいろなメッセージや思いが込められた、商品やサービスを“選ぶ”ことで、地域社会が変わり、元気になっていきます。子どももおとなも、お買い物で地域づくりに参加することができます!
 そんなヒントが見つかるフォーラムです。会場では、地産地消を進める市民団体、福祉の職場を生み出す市民団体などが出展し、交流もしていただけます。みなさまのご来場お待ちしています。

◇日時:2008年11月29日(土)14:00~17:30
◇場所:生活協同組合コープしが(滋賀県大津市)
 コープぜぜ2階生活文化ホール
◇参加費:500円
◇定員60名程度
◇プログラム
13:30 開場 14:00 開会

【講師紹介】 
○奥谷京子さん
 女性の起業活動支援。WWBジャパン代表。起業スクールのほか、農業や地域を元気にする人向けの講演や セミナーの講師をしている。
 ホームページ:http://www.p-alt.co.jp/wwb/(別ウインドウで開きます)

【事例紹介】
●株式会社フェリシモ 能勢加奈子さん(ecolorグループ グループリーダー)
 カタログ販売会社フェリシモは、商品の購入によって地球環境保全に消費者が参加できる商品、海外ボラン ティアができる商品などを提供し、身近なところからエコライフや途上国との関係について消費者へ情報を 提供している。
 ホームページ:http://www.felissimo.co.jp/ecolor/v3/cfm/partner.cfm(別ウインドウで開きます)
●地域交流研究会 塚村好朗さん(ディオス北千里専門店会 会長)
 ディオス北千里専門店会が中心となり、「まちづくり」をテーマに地域の住民、学校関係者、市職員など多 様な人が気軽に集まれる地域交流研究会を開催している。月に1回開催を6年間継続している中で、学校で聴 覚障害児の支援に結びついた事例、学校と商店街が協力して保護者へ安全情報を提供するシステムを構築し た事例などがある。
●エコロカル ヤスドットコム 遠藤由隆さん(野洲市まちづくり政策室 主席主幹)
 地域通貨『すまいる』を介在させ、地産地消の推進による地域内経済の活性化と、太陽光発電装置の普及推 進による地球温暖化防止など“環境と経済の両立”を目指した『すまいる市』を展開している。
 ホームページ:http://www.smilemarket.net/(別ウインドウで開きます)

◎出展団体
 上記事例報告団体の他にも出展予定。
●里山パン工房
 地元マキノ町産の米を自家製粉しパンを生産。消費者も安心のパンです。
●北比良グループ
 比良山系の麓でとれた食材を使った無添加米味噌やさつま芋チップなど
 美味しい物を作っています。
●安曇川流域・森と家づくりの会
 安曇川流域で育った良質な木を使った家づくりを通じて、
 豊かな森づくりを目指しています。
●知的障害者授産施設(通所)れもん会社
 障がいのある人の「仕事」と「生活体験」の場を提供しています。

◇参加申込:参加希望の方は、お名前、住所、連絡先を電話、
 FAX、E-mailで淡海ネットワークセンターまでご連絡ください
※E-mailでお申し込みの場合は件名に「11/29フォーラム参加希望」
と明記してください。
※当センターホームページからも申し込みできます。
URL:http://www.ohmi-net.com/
 
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-11-20 22:34 | イベントお知らせ
「洞爺湖」より「琵琶湖」へ トップセミナー
11月17日(月)は、びわ湖を背景に紅葉が美しい日になりそうです。

平成20年度 企業・団体の社会貢献活動トップセミナー
「環境に配慮した企業活動からCO2の削減に向けて」
基調講演テーマ:温暖化時代の企業経営
講演者末吉竹次郎 氏 (国連環境計画金融イニシアチブ特別顧問)
対談テーマ:今、求められるCSRの実践
末吉竹次郎 氏(国連環境計画金融イニシアチブ特別顧問)

高田紘一 氏 ((株)滋賀銀行会長、淡海フィランスロピーネット運営委員長)

対談では分刻みの進行をおおせつかっています。
大きな時計を膝に用意しておかなくては。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-11-16 23:24 | イベントお知らせ
高台寺にて日中交流
 先日は、中国から来た日中友好青年団(正式名称ではありません)との交流会。
総務省の田中さんにおいで言われて集まった産官学日本人10人ほど。
京都の観光や産業政策に深く関わっておられる方々や大学関係者、企業人と私などなど。
久ぶりにお会いする方や初めての方など、この中だけでもいいネットワークが生まれそうという配合。それにしても高台寺のTさんは時間が止まったように数年前と少しも変わらない若々しさ。

 11月の夜のライトアップの高台寺あたりは避けるのが、地元衆。
しかし、集合場所の高台寺に行かねばと東山通の渋滞エリアは徒歩とタクシー徒歩と、トホトホと何とか「いしべ小路」を抜け高台寺へ到着。携帯電話を忘れどうすればと思っていたところをうまく合流。それにしても「ここは原宿?」というくらいの込みよう。

 中国からの日中友好団の皆さんとの会食。
集められた日本人の自己紹介や歌などで、和みだしてあっという間に楽しい時間は終わり。
それにしても、20代から30代くらいの中国からの青年達はすがすがしく、未来という言葉の路線から途中下車やそもそも未来列車に乗らないということなど、あるはずもなく生きているというエネルギーを感じました。
 私のテーブルには通訳者がおらず、英語のできる女性が私と席を同じくした人達との通訳係り。隣の好青年からはスパイシーな高菜漬けのような薬味をおすそわけいただきました。
私たちは日中友好のために来たの。日本で多くの友達を作りたいと、キラキラした瞳の青年達。女性はやっぱりどこの国でも元気というのは、私の多分の偏見だけれど。(私の何十年前を思い出させてもらいました。)
 私の自己紹介でボランティアのことをいった際の大きな拍手は、北京オリンピックのボランティアパワーの影響か。終了間際に「僕も北京オリンピックのボランティアだった。」海外からも多くのボランティアもたくさん来ていたと熱気を帯びた青年と話し、そうそう、世界中でそういう想いの共有が広がっていると、目頭が熱くなりました。

 夜は9時を過ぎても東山通りは大渋滞。来週三連休に京都へ来られる方は、地下鉄沿線での会議をお勧めします。バスで京都駅に向かわれる方は、くれぐれもお気をつけください。

追伸
そうそう、田辺大さんからは中国からの社会起業家の方々が関西入りするという情報をいただきました。9月の社会起業帰国発表会的な自発的な盛り上がりがでればいいな。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-11-15 22:56 | 新しい価値の創造
協働サロン ”はじめの一歩”
おうみ市民事業創出支援プロジェクト
 第3回協働サロン・生協×NPO ”はじめの一歩”
 11月20日は、生活協同組合コープしがとの協働サロン。
コープしがは、1993年の発足で、現在、滋賀県下で組合員が13万人。商品の供給活動を中心に福祉や環境などさまざまな活動をされています。
 大津市真野にある、福祉ネットワークセンター「ゆめふうせん」は生協会員だけでなく、みんなが気軽に立ち寄れるところで、会議や集いの場として、貸し室のご予約もできます。
 市民活動をしている団体や想いのある人達との協働の接点を意欲的に探ろうと、今回の協働サロン開催となりました。コープしがの役員や職員など多数出てこられる模様。
新たな協働が生まれる機会になればと思っています。

 日頃の活動を通して「こんなことしたいな!」「あんなことできたらいいな」と感じることはありませんか?
 自分たちの団体だけではできないこともコラボレーションすることでカタチにする、そんなきっかけを探しに来ませんか?生活協同組合理事など役員も参加します。直接交渉できます。

◇テーマ:生活協同組合コープしがとNPOの協働
◇開催日時:2008年11月20日(木)13:30~17:00
◇参加費:500円(お一人様)
◇開催場所:生活協同組合コープしが本部(野洲市)
(野洲市冨波甲972 TEL:077-586-1112)
◇内容
 今回は交流をメインと考えております。ティーパーティの時間で
は活動アピールのお時間を設けておりますので、チラシ・名刺など
お持ち下さい。
◇対象:NPO・市民活動団体やコープしがと協働をしてみたいと思う
方なら、どなたでも参加できます。
◇協働についての講演:
生活協同組合コープしが 白石一夫 氏
「コープしが×NPOとの協働の可能性について」
◇申込締切:11月13日(木)受付分まで
◇申込方法
 当センターホームページからメールで申込むか、チラシ裏面の
申込フォームをFAXください。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-11-15 16:24 | イベントお知らせ
企画あれこれ
d0004627_2332741.jpg
守山での講演終了後、舞台裏で座っていると「れいこ」という声あり。
振り向くと幼稚園時代からの友人。「おなか太っちょ。」と言われる快感を味わいました。

今日は休日。自宅にて煙突掃除をしてから、大津市の会議。
今週は深遠の淵を歩く各種打ち合わせや会議を経て、
週末は日本中国青年団交流事業という全容分からずながら、
京都のお寺にての交流会への参加。青年団70名に対し、日本側10数名と、
どういう会なのか闇鍋の快感。

11月17日(月)は、淡海フィランスロピーネットのトップセミナーで進行役。
分刻みの進行をおおせつかっています。粗相のないように、
ご登壇いただく末吉さんや高田さん関連の資料の読み込み。
平成20年度 企業・団体の社会貢献活動トップセミナー

それ以降もコーディネータや講師役の企画が続き、
いつまでたってもお立ち台慣れしない私のはらはらドキドキの季節は続きます。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-11-10 23:02 | イベントお知らせ
協働サロン・NPO×NPO“はじめの一歩 NPOと生協
生協とは「地域を良くしたい。」という肌感覚が合い、何回か意見交換の接点を持ってきました。Touching and believing.
11月20日はNPOと生協の接点の組み立て企画です。役員の方々が総出で出席いただけるようです。実に気さくな地域への思いいっぱいの方々です。生協も地域での更なる接点に意気込みがあり、NPOとの協働展開が楽しみ。
【第3回協働サロン・NPO×NPO“はじめの一歩”テーマ:生活協同組合コープしがとNPOの協働】

日頃の活動をとおして、「こんなことしたいな!」「あんなことできたらいいな」と感じることはありませんか?自分たちの団体だけではできないこともコラボレーションすることでカタチにする。そんなきっかけを探しに来ませんか?

【日時】
2008年11月20日(木)13:30~17:00

【参加費】
500円(お一人様) 

【場所】
生活協同組合コープしが本部(野洲市) 地図はこちら

【内容】
~協働についての講演~
 生活協同組合コープしが 白石一夫氏
 「コープしが×NPOとの協働の可能性について」
~ティーパーティ~
※交流をメインに考えております。ティーパーティの時間では活動アピールのお時間をもうけていますので、チラシ、名刺などをお持ちください。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-11-07 22:19 | イベントお知らせ
煙突掃除
少し風邪気味。深々とお風呂に入るのがステキな季節。
仕込みの原稿の発想や言葉つなぎにつまりながらも、冬支度の作業はいいものです。10何年ぶりかの暖炉の煙突掃除。どすどすどんどん、タールの大きな塊。煤で真っ黒になりながら、秋の晴天を仰ぎ見、生きている実感。

ブルーベリーマフィンなど焼けるといいのでしょうね。今年はオーブンでお菓子づくりに挑戦かな。幸せの匂いの演出も大切。アケビのツタでリース飾りのクリスマスを迎えましょう。
d0004627_2243864.jpg

足元にくっ付き虫の雑草も
ふたつ減り、ひとつ減りと
ここは落ち葉の拾いどき
どんぐり、ころころ転がっていく
My garden tour.
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-11-03 22:50 | ことば