「ほっ」と。キャンペーン
<   2008年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
年末の焚き火
d0004627_23413913.jpg
 今年も本当にブログに書くのはもったいないほど、その筋の方々には興味深々の日々を送りました。年初も会議や市町めぐりで幕開け。

 年末は本当にこれが12月かと思うほど暖かく、ブラインドを外でゴシゴシと洗ったのを始めとして、バスルーム掃除、洗車、庭で焚き火、明日は一階の掃除にあわせて、年始の料理作りの手伝いと、なんやかや。

 来年の抱負は、20年来のネットワーク以外の方々との交流を広げること。その延長線で写真でつづる5行詩集発行かな。

 新しい惣村の青年団形成は、来年のテーマ。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-12-30 23:41 | ことば
ミラーイメージ
月日は百代の過客にて、行きかう人も旅人なり。
今年もいよいよカウントダウンの用意。
d0004627_22295892.jpg

今日は湖南市まで、雪の中を電車に揺られていきました。年末年始は、また滋賀県内で、1月17日の大交流会や次年度の企画に関してPRの旅。
通常の4人座れるコンパートメントは、草津線のかぼしゃ列車では、私が2/3になったような、縮小系。それぞれの想いを乗せて、時は過ぎ行く。

何年かぶりで、クリスマスのライトアップ。チカチカと、クリスマスライトで生きている実感を味わっています。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-12-26 22:31 | ことば
そろそろチューンナップ
d0004627_22302531.jpg
シアトル時代は、あれやこれやとクリスマスプレゼントを買いに、ショッピングをしたものです。24日の晩は、「自己満足」をラッピングした頃を懐かしく思い出しています。

明日は、クリスマスイブ。何とかクリスマスツリーに飾りをつけ、今年のイブは、暖炉で薪をいっぱいたいて、何気ない穏やかな時間をスローに楽しみたいと思っています。

風邪が胃にきたのか、しくしく。
風邪は神様の贈り物と誰かに聞きました。

ころころと風で転がることば
その響きを聞きながら
猫の記憶が眠る庭
ちらちらと落ち降る
冬深し
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-12-23 22:30 | ことば
みんながほんのりと幸せ
先日の名古屋駅での、ライトアップほのぼの感はとてもよかった。それぞれの想いの場所で、お写真パチパチ。京都駅は華やか、どこかほのか。名古屋は圧倒的な光ひかりヒカリ。
d0004627_2319201.jpg

d0004627_2224193.jpg

くまさんの夢の街の光る3分ほどのクリスマス物語が、面白かった。
d0004627_22295823.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2008-12-18 23:19 | ことば
1月17日は大交流会
あっという間に12月は半ば過ぎ。あと一ヶ月で、
『おうみ未来塾10周年記念大交流会 地域に活きる人々とともに~学びと実践~』
卒塾生の皆さんは滋賀県内外で市民の自発的な動きを展開中。滋賀県の市民活動の会合で未来塾出身の人に会わないことがないくらいの層の厚みとなっています。実行委員会や交流会企画委員会の他にも、県内4地区での地域会が開催されています。忙しい合間をぬっての想いの共有。束ねない束ね方の実践交流。ポスター展示出展団体も大募集中!

滋賀をフィールドに、地域の課題を発見し、解決のための方策を考え、そのための活動を実践する日地も事業を興すことを目指す「地域プロデューサー」を200人以上も輩出してきたのが「おうみ未来塾」。一人ひとりが、多種多様な地域課題の解決に向けた活動を今も展開しています。
  その10年間のあゆみをふりかえり、来るべき「地域の時代」を牽引する近江の志士達による大交流会を開催します。
 おうみ未来塾の卒塾生以外にも、市民活動や地域の将来に関心のある方、語り合いたい方、どうぞお気軽にご参加ください。

【日時】2009年1月17日(土)11:00~16:30
【会場】栗東芸術文化会館さきら 小ホール
(JR栗東駅 東口より400m TEL:077-551-1455)

【プログラム】
11:00 【第1部】ポスターセッション
~セッションテーマ:①環境/②福祉/③まちづくり/④教育・子育て~
 
「おうみ未来塾」の卒塾生を中心に、滋賀の多様な市民活動の取り組みを一挙紹介!
 個性豊かな面々と存分に交流を深め、智慧とエナジーを共有しましょう!

【ランチタイム】軽食をとりながら歓談・交流

13:30【第2部】交流シンポジウム
 ○基調講演「葉っぱビジネスが地域を変える」
  横石知二氏(株式会社いろどり代表取締役)
 ○パネルディスカッション「人・もの・心をつなぎ、地域に活かす」
  パネリスト:横石知二氏、谷口隆一氏、松田直子氏、溝口弘氏
  コーディネーター:藤井絢子氏(おうみ未来塾運営委員)
16:30 終了

【参加費】第1部から参加:1,500円(軽食付き)、第2部のみ参加:1,000円
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-12-14 22:26 | イベントお知らせ
CHANGE
今年の漢字は「変」に決まり。

11月17日開催された淡海フィランスロピーネット主催のトップセミナーでの鼎談でも「CHANGE」という社会の流れに関して、高田さんと末吉さんにお話いただきました。

私のシアトル時代は、レーガン政権からCHANGEを訴えてフラワーチルドレン世代のクリントン政権へと移行していった。今年は更に若い世代へとCHANGEのバトンが写った。

政治、経済をはじめ
良くも悪くも変化の多かった一年。
来年は世の中も自分達も新しく変わっていき
希望のある社会にしていきたい。
(応募者が「変」を選んだ理由の概要)

来年は、時代が新しい惣村を創る青年層へ移っていくような動きを誘発していきたい。
d0004627_2293041.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2008-12-13 22:16 | ことば
連日
メールのタイトルが面白くないと、それから続く言葉うまくいかず。
今日のびわ湖の風景のその先は、春雪から覗くつくしんぼう。
d0004627_22554328.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2008-12-09 23:04 | 新しい価値の創造
深々と
もうあと3週間ほどで、今年も終わり。

今年の漢字や流行語も気になりますが、12月10日は、電車と青春+21文字メッセージの締め切り日。
石山寺から坂本までの21駅の車窓に凝縮した想いや駅にまつわる言葉コンクール。

21は短歌のリズムですが、自由詩の中に潜む、短歌のリズムが現代と合間っての詩心。5,7,5、7、7と刻まない自由な感覚が新しい。標語と日本語の17、21の刻みリズムの中間。
ことことこっとん 恋は綿帽子。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-12-06 22:44 | ことば
おうみNPO活動基金 プレゼン
オフィスから近江大橋までの木々の紅葉は、もう3,4本の赤さを残し、おう終わり。今日は草津のP社までの往復は雨。 雨や雨や。シアトルの霧を思い出す昨日、今日。

明日あさっては、おうみNPO活動基金公開プレゼンテーション。
行政や企業関係者にも協働の種探しに、おいでいただきたい2日間です。

d0004627_22203630.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2008-12-05 22:18 | イベントお知らせ
心象風景 富山
 もう何年も黒部市へ行っていますが、今回の立山の眺めは最高でした!
d0004627_2133974.jpg

 なんというか、いつまでも奥山のその奥にも幾層の山が高くどこまでも続いていた。
魚津、滑川、黒部へと続く線路に連なる山々は人を優しく見つめて、夕やみを告げるオレンジ色が増し、雪で山並みの陰陽が深く、それもどこまでも続いていたのでした。山ひだには、何億年もの風や水と人との営みの記憶が埋もれています。

 夜のおなご会議では、気楽に提案しながらのネットワークできそうだと、立山名水で洗われた純な人達の問わず語り物語をいつまでも聞いていたかった。思想や観念からではなくモノから発想している女性の地域づくりの野太さに、夜は深々と更けていきました。

 翌日も晴天なり。山はどこまでも続き、それがいつのまにかびわ湖周辺の山並みとなり、鴨鍋が似合うオフィスからの眺めとなり、今日は終了。
[PR]
by sdo-asanoya | 2008-12-03 21:41 | ことば