「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
カンコンカン

d0004627_22535169.jpg
山には赤い花より、青や紫色の花が多い。
3週間ほど前は山藤が山を下る時に、今を盛りと咲いていました。

庭ではてっせんや勿忘草の花びらが落ち、リラも息を潜めました。
そういう頃が小満(しょうまん)。

太陽黄経が60度のときで、万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来る頃。四月中。暦便覧には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されている。
麦畑が緑黄色に色づき始める。
沖縄では次の節気と合わせた小満芒種(すーまんぼーすー)という語が梅雨の意味で使われる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

芒種
水無月(みなづき)
ういろの甘さ
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-05-27 22:53 | ことば
近畿ソーシャルビジネスフォーラム2009
地方にある地域では、貨幣経済と共生経済がクロスしています。Businessはbusy-ness。忙しく元気でいること。ビジネスと一言ではいえない深みと広がりはすでに地域で根付いている、また新しくできつつある「出来事」の積み重ねと不易流行の事例発掘。SB熱風が過ぎ去ったところからドラマが始まる。今はまだまだ黎明期。

近畿ソーシャルビジネス
フォーラム2009

平成21年6月27日(土) 14:00~18:00 (開場13:30)
プログラム:
【第1部】
基調講演「地域社会の人々から愛されるソーシャルビジネスとは」(仮題)
講演者: 日本理化学工業株式会社 
会長 大山泰弘氏
パネルディスカッション「障がいのある人の仕事力がビジネスを変える」(仮題)
パネリスト: 日本理化学工業株式会社 
会長 大山泰弘氏
(特活)エクスクラメーション・スタイル 
副理事長 吉野智和氏
コーディネーター: (特活)大阪NPOセンター 
理事 兼 事務局長 山田裕子
【第2部】
基調講演「地域社会に変化をもたらす市民のお金とは」(仮題)
講演者: (特活)北海道グリーンファンド 
事務局長 鈴木亨氏
パネルディスカッション「市民による社会への投資とは」(仮題)
パネリスト: (特活)北海道グリーンファンド 
事務局長 鈴木亨氏
(特活)きょうとグリーンファンド 
事務局長 大西啓子氏
コーディネーター: 淡海ネットワークセンター
(財団法人淡海文化振興財団)
常務理事 兼 事務局長 浅野令子氏
コメンテーター: 京都産業大学 経営学部
ソーシャルマネジメント学科 准教授 大室悦賀氏
【第3部】
近畿ソーシャルビジネス・ネットワーキングのこれからの展望


参加費: 無 料
定 員: 200名
会 場: 京都リサーチパーク1号館4階 サイエンスホール
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134
TEL:075-322-7888 [HP] http://www.krp.co.jp

申込方法: 氏名、所属団体名・部署、役職、住所、電話番号、
メールアドレスをご記入の上、 問合せフォームからお申込み頂くか、参加申込書にご記入の上、FAXにてお申込み下さい。
【問合せフォーム】   申込書:
主 催: 近畿ソーシャルビジネス・ネットワーキング(大阪NPOセンター)
問合せ先: 近畿ソーシャルビジネス・ネットワーキング(大阪NPOセンター)
〒553-0006 
大阪市福島区吉野4-19-20大阪NPOプラザ201号
TEL:06-6460-0268 FAX:06-6460-0269
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-05-24 22:35 | イベントお知らせ
日差し
日本都市農村交流ネットワーク協会の総会に出席。
そういういえばあれからもう1年。
おなごのまちづくりは、広域でなきゃと盛り上がり、懐かしい方々との企画アイデア出し。

左目が、どの角度から見ても必ず見てくれる八方睨み五つ爪龍の秘密。
意味不明の方は、一度ご体験あれ。

天竜寺での総会後は、お庭でツバメの池や軒先を矢のごとく飛びかう様を眺めていました。ツーツーツーと池の水を羽でかき混ぜ、軒先のどこが心休まる場なのか、気ぜわしく、それは命の表現。無の少し手前のトランス状態。一心に眺めるということはこういうことをいうのでしょうか。

d0004627_22105863.jpg

この季節ならではの光がどうなってるのかと、大悲閣まで行く近道は渡り船。大悲閣から私の住む比叡山を見、ゆるゆる川沿いの道を歩き、帰路へ。
びわ湖一周の胸いっぱいの空の空気とはまた違う気を感じてこの日は終了。

達磨さんは転ばない?
d0004627_2264898.jpg


気の路。ここはいつか来た路。
d0004627_21493680.jpg


盆地を越えて比叡の山へ。
空に浮かんだ着ぐるみのような雲は、私の記憶の中で益々大きくなります。
いつもの京福ではなく、阪急で。このルートも桜の季節はさぞや美しいことでしょう。
早朝の桜日和のお出かけは、来年までのお楽しみ。
d0004627_21511095.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2009-05-23 21:48 | ことば
花のように
d0004627_22525747.jpg

ここのところマスクの人多しで
オフィスにいても、世間の重い静かさが感じられます。
そんな時こそ、世界の安寧を願い、
花一輪のいとおしさを胸に眠りたい。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-05-21 22:52 | 新しい価値の創造
湖北 惣村
d0004627_22375958.jpg

ある時のその瞬間を念写する時間は一秒ほど。
こことそこをつなぐトンネルから見える風景。
海津大崎つづれ折で陰と陽が舞い散ります。
d0004627_22424761.jpg

それは細く長くともいつかは出るのがトンネル。

湖北にはそんな明るさが、見える。
それが見える企画をと考えています。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-05-19 22:36 | 新しい価値の創造
「NPOとともに社会変革に挑戦する米国タイズ財団」 in 龍谷大学
新型インフルエンザのため、中止に...
そのかわり、濃密な交流会がセットされました。

2010年3月に再び日本NPO学会が京都でまた開催されます。

2001年京都での学会開催に関しては、京都の良さを味わってもらおうと開催にいたるまで忙しくも楽しい日々を過ごしました。2001年の特別セッションでは、『「NPO教育と人材育成」米国、韓国、日本の現状と課題から探る』というタイトルでサンフランシスコ大学教授のMichael O'Neillさんにもおいでいただきました。

以前、アメリカの「NPO教育と人材育成」に関してオニールさんに会いにサンフランシスコ大学まで。その途中には緑豊かなプレシディオの丘があり、あの中にタイズ財団があると思ったものです。まだサンフランシスコにいた岡部さんにも何度か会いました。

5月25日は龍谷大学でタイズ財団のドランモン・パイク会長のお話が聞けます。岡部さんにも2年ぶりくらいでお会いできるのが楽しみです。久々のアメリカン・フレーバー。今年からはまた国外とのネットワークもつなげ、広げていきたいと思っていたので、いい機会です。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-++-+-+-+-+-+-+-+-+
龍谷大学大学院 NPO・地方行政研究コース 特別公開シンポジウム
「NPOとともに社会変革に挑戦する米国タイズ財団」

日  時:2009年5月25日(月)18:00~20:00
場  所:龍谷大学 深草キャンパス 3号館102教室
講  師:ドラモンド・パイク 氏 (タイズ財団 会長)
・コメンテーター並びに通訳:岡部一明 氏(愛知東邦大学教授)
・コーディネーター:白石克孝(龍谷大学教授)
*連携協定団体ならびに一般の方の参加をお待ちしています

■主催:龍谷大学大学院 NPO・地方行政研究コース
■後援:(特活)京都NPOセンター、(財)京都地域創造基金、(特活)大阪NPOセンター、(特活)コミュニティー・サポートセンター神戸、(特活)奈良NPOセンター、(社福)大阪ボランティア協会、(財)淡海文化振興財団

<会場へのアクセス方法>
・地下鉄「京都」駅から竹田方面へ「くいな橋」駅下車、東へ徒歩約7分
・JR「京都」駅から奈良方面へ「稲荷」駅下車、南西へ徒歩8分
・京阪「四条」駅から淀屋橋方面へ「深草」駅下車西へ徒歩3分

<お問い合わせ先>             
龍谷大学大学院 NPO・地方行政研究コース
〒612-8577 京都市伏見区深草塚本町67
事務局
TEL:075-645-7891 (教学部:藍澤)
aizawa@ad.ryukoku.ac.jp
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-05-17 22:21 | イベントお知らせ
おくり 人
d0004627_22594130.jpg

人間の尊厳
そのとし(人)のあるできごと
風月花に沈めて
また楽しからずや
星降り、日はまた昇る

日本映画独特の時間撮りの中で、尊厳に対してのストイックな所作が美しかった。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-05-13 22:59 | 新しい価値の創造
KSEN 5周年
5年前のご縁をみんなでかみ締めるのも面白きかな。
持ち寄り一品交流会の時間はすぐさま去れど、つながりの発端をみんなで思い出すのも一興。この写真を撮ってくれた御仁に始めたあったときは、サラリーマンの言動。それが今ではカジュアルスタイルの心若き思想家。これから新しい時代を創っていく若者との論壇もまた楽しからずや。
d0004627_23440100.jpg


それぞれの時間と共有できる時間をそれぞれ味わえるのは、寄り合う仲間がいてこそ。
KSENを立ち上げたのは、人材を求めている人と求められたい人が出会う場を創ること。立ち上げ会はRホテルの地下のカフェ。20人くらいの人が集まり、気炎を上げていました。そうそうアリス・テッパーマリンさんを招聘しての企画をしました。来年くらいはまた海外ネタでも。

最近TさんがKSENのご縁で働き場ができ、またまた若い人達のつながりもできつつあり、毎年確実に歳をとるのですが、KSEN5年の熟成を感じた運営委員会でした。ゆるゆるつながりもいいものです。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-05-12 23:44 | 新しい寄付文化の創造
おなご会 SWAN
d0004627_7424646.jpg

 先日は、「滋賀女性リーダーネットワーク」(「Shiga Women’s Attractive Network 」略してSWAN(白鳥)」の会議に出席してきました。むちゃくちゃパワフルな女性達。7月の比叡ゆば本舗ゆば八八木社長のお話に関しての企画会議。八木さんの傍でお話を聞くだけで「明日も頑張ろう!」という気持ちになります。

 会議のあった日は大津平和堂6階にできたコミュニティカフェ「E's Cafe」のお披露目の日でもあり、立ち上げられたチームきせき(Mira-clue)の経緯を仕掛け人の黄瀬さんからお伺いしました。最初の一歩、二歩を少しづつ支えあいながら自己実現と社会貢献を目指す熱き人達の想いの結集。ここからステキな出会いがどんどん生まれてくるのでしょうね。

 ゴールデンウィークが終わり、今年はこれから。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-05-11 07:42 | 新しい価値の創造
My private garden tour
d0004627_21501385.jpgスズメバチが、朝の気温が高くなると、目覚まし時計代わりの羽音で私を目覚めさしてくれます。

ブルーベリーも白い花をいっぱいつけて、ここでもクマンバチさん大忙しの玄関先。





そして、オーブン料理には欠かせないローズマリーも紫の花を咲かせて
Parsley, sage, rosemary and thyme,
d0004627_21525068.jpg











d0004627_21271393.jpgリラも花咲くき、
その傍らには勿忘草。











スズラン(Lily of the valley)も可憐な花をつけ
花言葉は、意識しない美しさ、純粋。でも毒があるのよ、君影草。
d0004627_2156241.jpg

つる草は枯葉の上のテーブルクロスd0004627_21572640.jpg













d0004627_21585634.jpg
キャンプ地から持って帰ってきた山椒も庭で存在感を増してきています。フキも虫さんと競争しながら食べごろの時には摘み、春の味を楽しみます。

人間界の悲喜こもごもを包み込むように、季節の恵みがおおらかにやってきます。


鶯もさえずりだした
My privete garden tour
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-05-04 21:49 | ことば