<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
いよいよ10月に突入

d0004627_22284668.jpg
オフィスのカレンダーはいよいよ明日から10月へ突入!
「浅野さんめくってくださいよ。」といわれていた朝。
気がつけば、カレンダーは10月に。

紆余曲折経ながら、まあそうでしょうというひとつの結論がでる8月。
私は早く4月のカレンダーまでめくりたいけど、
この1,2ヵ月でその筋道だてをしていきます。

8月は夏休み気分を楽しみながらも、会議の連続。
学習会、連携促進ネットワーキング、筋道会議などなど。
いろんな人に支えられながら、3歩進んで2歩後退。そして少しづつ階段を上がっていく。
私の大人への階段を昇っていく過程です。
8歳くらいだった私が32歳くらいにはなったような。
まだまだこれから。

混沌の中の平衡
般若とアトム
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-07-31 22:18 | 新しい価値の創造
今日はNPO起業発表会
京都府立大学で「非営利組織論」を教えだしてから、かれこれ数年。

毎年少しづつ味付けを変えるのですが、今年は地域の多様な主体との協働の部分をかなり意識してのカリキュラム。京都府府民協働事例集『「ほっとけない」が地域を変える』を読んでの読書感想文では、長岡京市のみどりのサポーター制度やの入りやすさや舞鶴市の赤煉瓦倶楽部舞鶴のアートでまちづくりの取り組みを取り上げている生徒が多い中、地域での多世代交流拠点づくりにも関心が高かった。京都府庁へも何人かの生徒と伺い府庁NPOパートナーシップセンターの取り組みに関して説明をしていただきました。百聞は一見にしかずと、NPOの企画したセミナーや活動に参加したレポートをクラスで発表してもらいました。市民の自発的な活動の多様さや多様な主体の連携や協働などなど、見渡せばいろいろあると実感してもらえたのではと思っています。

そして、最終日にはNPO起業案発表。

いつもながら自分にそんなことができるかと不安がっていた生徒も、この日は自分の案を語りたいという仕上がりの充実感を持った発表でした。

地域での環境学習、美化活動、子育て支援、読書推進、駐輪問題、障害児支援、地元の野菜や観光資源を活用したまちづくり等々、草の根レベルの活動や行政や企業を巻き込んだ企画まで実に多彩。

自分が幼かった頃の入院体験から病院ボランティア活動に関する立案、インターネットと活用した世界の子どもをつなげる案、若者の生きがいづくりや雇用促進に関するマガジン発行、ペーパードライバーの大学生を対象に運転指導やカーレンタルやシェアやドライブなどの企画をするNPOなどなど、いくつかはそのままedge やStyleなどの若者対象の社会起業家コンテストに応募できそうなものもありました。

今年も若者の主張のみずみずしさを頼もしく感じ、授業を終えることができました。
それぞれの人生の中に、自分達で社会を変えられるという感覚を持ち続けていって欲しいと思います。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-07-27 23:41 | 新しい価値の創造
ブルーベリー日記
今日は、強風と雨、晴天の組み合わせを何度も体験しました。
台風かと思うほどの強い雨風の隙間の晴天。
強風の中に浮かぶヨットや小船。

早朝を一駅手前で降りて、びわ湖を眺めながら、しばし風景に溶け込み、散歩をしている人やおにぎりを食べている私の足元に近づく小鳥と目を合わせ、生きている実感を味わいました。

ブルーベリーも食べごろの一粒、二粒、三粒、四、五...と増えています。
その根っこでの日向ぼっこがベリーベリー大好きだったのよね。
グーグーと私の腕の中で寝ていた猫を思い出す今日この頃。
ねぇねぇネコ、ネコ、猫ちゃんや。
日向の匂いを身にまとい、今日も私の腕の中でぐっすりお休みなさい。
唇でぱふぱふと触る柔らかい産毛の耳が可愛いの。
あれからもう一年が過ぎました。
d0004627_22255625.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2009-07-26 22:26 | ことば
そうそうもうすぐ

夏はそれになりにやって来ているものの、今年の夏は今のところ山の上の夜は涼しい。
日中の雨上がりのびわ湖の光は、夏。いろいろの局面を見せながら、人の思惑を包み込み、時は進んでいきます。

今年の夏は、ふっと思い出す人に葉書でも出そうか、早朝に鳥のさえずりを聞きながら古典でも読もうかと、秋への助走。

d0004627_22432323.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2009-07-25 22:42 | ことば
限界集落サミット2
昨日は、上山田にある大洞戸舎での車座談義。
大入り満員で車の交通整理にひやひやしながらも、大洞戸舎のゲストハウスは文字通りフルハウスでした。会場としてお貸しいただいた大戸洞舎の松本さんには本当に感謝です。
このところこの企画に関して緊張の糸を張りながら準備をしていたので、今日は心も体も弛緩しています。

8月8日(土)「限界集落サミット
日時: 8月8日(土) 10:00受付~15:00
場所: 犬上郡大君ヶ畑554 大君ヶ畑体育館
参加費:2000円(昼食込み。河原でBBQの予定)
協力:菜園家族 山の学校準備委員会

こういう地道な活動で少しづつ広がる人と想いの輪。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-07-19 22:22 | イベントお知らせ
空 夏色
d0004627_22474476.jpg

空はすっかり夏色です。

朝一番の楽しみは?
チッチ鳥を聞きながら、もうすぐコーヒーを味わえるという生への感謝。

今日の朝の色はなに色?
朝露を乗せた萌黄色

好きな色はなに?
やっぱり真紅の薔薇

今日のイメージ合うカタチは?
長方形にぷっくり半円形

どんな味覚が今の気分にぴったり?
ほの甘い夏の冷菓

今夜はどんな言葉を抱いて眠りたい?
愛と寛容

四万十川にキラキラと広がる風の音。
今日のびわ湖は強風でした。
コンチキチンと夢を広く世界へ広げる来年をイメージして。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-07-15 22:42 | ことば
八月の
気がつけばもう7月も中旬。京都は祇園祭で晴れの季節を迎えています。
20分比叡の山を右か左に降りるだけでこうも違うのかと改めて思います。

今夜の会議では、多文化共生メディアをしかけようと、会議終了後のにぎやか談義。
言葉で語るより、見えるカタチで表そう。零度の氷を水にするにもエネルギーが必要ですが、
ここは我慢しながら見える化。

昨日は偶然にも知っている先生と遭遇。ランチタイムの短い時間でしたが、寛容という成分が含まれているところに文化が育ち、まちづくりには男女共同参画の現代仕様が展開されている地域が元気だと、参考文献も教えていただきました。会うべくして会ったと思える出会いでした。

d0004627_23543257.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2009-07-14 23:54 | ことば
創造的混沌
先日は強風と雨の切れ目を縫って、長浜、湖北町、余呉町と回ってきました。
三上山、伊吹山、小谷山と特徴のある風景をここ数年何度も回り、湖と山、川、田園風景、そしてびわ湖と大きな空、街道筋などなどを見るにつけ、人の営みによって守られてきた文化的景観の恩恵を感じます。ここ10年来興味をもって取り組んできたテーマもそれぞれに広がりをみせ、さてこの次は、としばし創造の羽を伸ばしながら考える日々が続きます。

池の主となっている金魚かわいや
d0004627_22492364.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2009-07-11 22:49 | ことば
先客万来
京都では祇園祭りの音色が街のそこここで夏の到来を告げていることでしょう。

7月18日の湖北での企画はいろいろな方の参加があり、価値感の新しい遭遇があると予感させます。
今週はまた湖北めぐり。

オフィスには、助成金設計やCSR関連のご相談、はたまた芸術祭の継続に関してのお尋ねなどなど、先客万来。
7月1日発行のおうみネットも以下のURLでご覧いただけます。
http://www.ohmi-net.com/ouminet/ohminet-69/ohmi69.pdf

池では2週間ほど前に入れた金魚が元気に泳いでいます。
ぼうふらや藻、水面の虫などなど元気に食べながら、何十匹もの同類と一緒に泳いでいたペットショップの室内とは違う生存に対する心構えで随分すばしこい泳ぎができてきました。体長も2倍くらいになったとは池の上から毎日覗く私の思い込みでしょうか。
d0004627_2238384.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2009-07-07 22:38 | ことば
7月18日湖北で
昨日よりは今日と劇的な温度変化。
昨日は半ズボン。今日はタートルネットと長ズボン。
そういう環境に対応しつつ地域での不易流行。

7月18日には湖北にての濃密企画です。

生業があるところ市(いち)がたち、そして文化が生まれる。
その源は自然環境。


==============
市民事業まちづくり車座談義の開催
「風は湖北から 地域資源を活用したまちづくり」

 時代は全国画一的な総合開発から、地域の自然や伝統文化、生活
文化を生かし、地域の人たちが自分たちのことは自分たちの手で、
自分たちの責任において行うまちづくりへと大きくシフトしています。 
今回は、湖北のまちづくりにみる参加と連携やそれを支える行政関
係者にもスポットライトを当て、地域資源活用事業に関する事例発表、
意見交換を通して、市民事業開発のネットワークを創っていきたいと
考えています。
 湖北でユニークな活動を展開している団体や行政関係者、都市農村
交流に関心のある県内外からの参加者など、多様なバックグラウンド
をお持ちの方に参加していただきますので、意見交換が楽しみな企画
です。これはと思うアイデアの持ち込みも大歓迎ですので、参加お待
ちしています。
◇日時:2009年7月18日(土) 14:00-17:30 (受付開始13:30)
◇会場:農事組合法人大戸洞舎(東浅郡湖北町上山田881)
◇定員:25名程度
◇参加費:一人500円 (お茶菓子付き)
◇話題提供:「全国の事例に学ぶ 地域資源を活用したまちづくり」
大室悦賀(淡海ネットワークセンター市民事業創出支援プロジェクト
マネージャー/京都産業大学准教授)
◇事例報告
地産地‘商’を目指す・NPO法人湖北えぇもんづくり本舗
町民出資でまちづくり・株式会社まちづくり湖北
新しい風を吹き込む・余呉町協働型まちづくり
◇対象 
地域づくりのための協働の可能性を探りたい行政職員、市民活動団体・
NPO、個人、社会起業、コミュニティビジネスに興味のある行政職員、
一般社会人、学生、地域や組織運営のあり方に興味のある市民活動団
体・NPO、学生
◇申込み:事前にEメール、ホームページの申込みフォーム、FAX
     にて下記までお申し込みください。

○問い合わせ先、主催
淡海ネットワークセンター
〒520-0801 滋賀県大津市におの浜1-1-20
TEL:077-524-8440 
FAX:077-524-8442
E-mail:office@ohmi-net.com  
URL:http://www.ohmi-net.com/
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-07-02 21:52 | イベントお知らせ