<   2009年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧
12月13日車座談義
12月13日は、いよいよ車座談義 『欲しいものは自分達で創る!地域を元気に魅力的にするということ』開催です。

【開催趣旨】
地域の個性や魅力を高め、よりよい地域社会の実現に向け、活動をしている方々が、日本全国にいます。地域の課題はその土地の人だけで解決するだけでなく、地域外の多様なネットワークと連携し、解決策を見つけ出していくことに価値があります。
 そこで、「まちづくり」「地域起こし」の中心的な役割を行っている「NPO法人えがおつなげて」代表の曽根原久司氏をお招きし、地域や企業を巻き込む事業開発の心構えやスキル、ネットワーク構築に関して、議論を深めたいと思っています。
また、県内外から参加される多様なバックグランドをお持ちの方との意見交換の場を設けていますので、名刺をご参加で是非お越しください。

■開催日時
2009年12月13日(日)13:30~16:00

■開催場所
滋賀県立県民交流センター 和室 
(大津市におの浜1丁目1-20 ピアザ淡海) 

■参加費
500円(資料代)

◎◎プログラム◎◎
◆講演:テーマ「都市と農村の共生社会を目指して」
曽根原久司氏(NPO法人えがおつなげて 代表理事)
 農をはじめとした地域共生型のネットワーク社会を創ることを
目的に、山梨県北杜市を中心として、南アルプス・八ヶ岳周辺を
はじめ、大阪、兵庫などでも活動している。
◆ワークショップ
 地域内外の多様なネットワークと連携した事業開発のツボを学びます。
◆名刺交換・意見交換

■定員
25名程度

曽根原久司(そねはら ひさし)氏プロフィール
=========================
 明治大学政治経済学部卒業後、金融機関等企業経営の経営コンサルタントを経て、現職。農をはじめとした地域共生型のネットワーク社会を創ることを目的に、「村・人・時代づくり」を行っていくためのNPO法人を設立し、山梨県北杜市を中心に、南アルプス・八ヶ岳周辺、横浜・藤沢・鎌倉周辺、東京、大阪、兵庫などで活動を行っている。山梨大学客員准教授、山梨県コミュニティビジネス推進協議会会長、NPO法人南アルプス山の学校理事長、NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク理事、日本サードセクター経営者協会理事等役職多数。平成19年度毎日新聞グリーンツーリズム対象優秀賞受賞をはじめ、多くの賞を受賞している。
 「風の日と・土の人ー地域の生存とNPOー」(共著) 公人の友社、「都市農村交流プロデュース 実践と考え方」『新都市』2004年12月 (財)都市計画協会、「村・人・時代づくり 都市と農村が共生できる社会を目指して」『季刊まちづくり』16号 学芸出版社 等多数。
==========================
~~車座談義ー番外編~~
 当日は、市民事業創出支援プロジェクトのプロジェクト・マネージャー大室を囲んで、
事業化や地域づくりに関する日頃の悩みや夢などを気軽に語り合う時間を設けます。
(1)12:00~13:30
 弁当持参でお越しください。
(2)16:00~17:00
 車座談義終了後、語り尽くせなかった思いを語りませんか。

大室悦賀(おおむろ のぶよし)プロフィール
==========================
 淡海ネットワークセンター市民事業創出支援プロジェクトマネージャー/
京都産業大学経営学部准教授
 社会的課題をビジネスの手法で解決するソーシャル・イノベーションと
NPOなどのサードセクター、企業セクター、行政セクターの3つのセクターを
研究対象として、全国各地を飛び回り、アドバイスや講演を行っている。

○お申し込み
お名前・所属・住所・電話・FAX・Eメールを記入のうえ、
office@ohmi-net.comまでご連絡お願いします。

Webからの申し込みも可能です。
https://www.ohmi-net.com/shiminjigyou/kurumaza_2/kurumaza2009.html

○お問合せ先
淡海ネットワークセンター
((財)淡海文化振興財団)
 〒520-0801 大津市におの浜 1-1-20 (ピアザ淡海2F)
 TEL.077-524-8440 / FAX.077-524-8442
 E-mail office@ohmi-net.com
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-11-28 08:47 | イベントお知らせ
日高先生
おうみ未来塾塾長の日高敏隆先生がお亡くなりになりました。
9月にはお元気そうで、3月7日の10期生の卒塾式には出席していただけると思っていたのですが、本当に残念です。謹んでお悔やみ申し上げます。

未来塾は日高先生の存在があってこそ、続いてきました。ひとつの大きな時代の転換期を迎えていますが、先生の現場主義への思いは継承していきたいと思っています。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-11-25 22:42 | 新しい価値の創造
水源の里シンポジウム
先日は木ノ本駅から快速であっという間に膳所まで。晴天の出張は、旅気分でした。
d0004627_23232893.jpg


明日の余呉でのシンポジュームは行けず、ブログでのイベント告知のみで残念ながらですが、実り多き会と思います。

「水源の里シンポジウム in 余呉」を開催します!

余呉町は、滋賀県の最北端に位置し、琵琶湖や淀川の流域となる人口4千人ほどの水源の里です。
自然豊かで、地域資源に恵まれた地域ですが、一方で過疎化や高齢化が進行し空き民家や耕作放棄地が増加するなど深刻な課題を抱えています。
しかし、これは決して余呉町だけの課題ではありません。水源の里を次世代に引き継ぎ、元気と活力にあふれた地域にするために、「今、何をすべきか」水源地域の住民と下流地域の都市住民とが参加し、一体となって考えてみたいと思います。

■日時
2009年11月21日(土)13:30~17:00(開場13:00)
■場所
余呉町はごろもホール(余呉町役場西側)
■参加料 無料

内容
================
13:30開場
13:30開会・開会あいさつ
13:40基調講演
テーマ:農山村に活力を!~水源の里を元気と活力ある地域にするために~
高橋 公(たかはしひろし)氏【NPOふるさと回帰支援センター常務理事・事務局長】
15:00事例報告 空き民家など地域資源を活用した活性化の取り組み
15:30パネルディスカッション
17:00終了予定
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-11-20 23:24 | イベントお知らせ
秋晴れin余呉
昨日は一日中雨。
今日はうって変わって晴天。
d0004627_22145858.jpg

余呉バスの取材に余呉まで。
木之本駅から余呉バスで余呉町役場と通りの向かい側の株式会社余呉バスへ。
各地に出かけて観光客は交通弱者という視点と生活弱者への公的目線のあり方に、
市民事業的なアプローチの最適化を考えてきました。

市民出資は金も出し、声もだしと良いと思いながら、責任の所在はどこなのか。
限界集落に近いところへの公共交通のあり方を考えさせるヒヤリングでした。

バスにいっぱい人が乗っていて、それがいい。
乗らなければオンデマンド。
集落に公共バスが来なくなったその喪失感。
安心感をどう保つか。
バスは走っていてこそ。
で、その経費をどうするか。
通常路線とオンデマンド。
需要がなければ、廃止。
そうなんだろうか。
需要はユーザが決めること。

「○○を考える会」はやはり大きく育てるように、その地域で考える。
その中核にあるのは、自分でお金も責任も引き受ける人がいてこそ。
市民出資の株式会社のボランティア役員で運用する良さとその陰を考える必要があると感じた日でした。
この取材に関しては、「おうみネット」1月号の特集で。

木之本駅から新快速でうつらうらと列車に揺られて大津まで。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-11-18 22:04 | 新しい価値の創造
かんさい元気人リレートーク~夢を語れば夢が広がり加速する~
時が経つのは早いもので、もうすぐ12月。
2009年KSEN最終企画のご案内です。

話を聞いていると元気が出てくる、まさに「かんさい元気人」を
12月3日いつもの町家へお招きします。
「夢って…」ともやもやしている若者から、「夢はまだ…」とやりつくして
いない上の世代の方まで皆さん楽しめる企画です。気楽にご参加ください。

======================================================
かんさい元気人リレートーク第9回
~夢を語れば夢が広がり加速する~
日本を元気にする志ある夢を大阪から発信し続ける
大阪維新会の大橋正伸さんに迫る!
2009年12月3日(木)19時から21時
======================================================
 9回目となる今回は、NPO法人大阪維新会の理事長であり、
創業67年の蕎麦屋「しのぶ庵」の三代目でもある大橋正伸さん
にお話を伺います。
 いま日本は元気なんだろうか。
 周りの人たちはキラキラ輝いているのでしょうか。
 大人が輝けば子どもたちも輝く。日本も元気になる。
そのために大人が本気で夢を語り、互いに応援し合う場
「ドリームプランプレゼンテーション」を始め、様々な
活動を展開している大阪維新会。その理念は
「共に夢を語り、共に支援し、共に維新する」。

 夢を語り、共に支え合い、業界や地域に輝きを与える。
まさに「かんさい元気人」である大橋さんの夢や想いに触れて
みませんか。企業経営者であると同時にNPO法人のリーダーとして
活躍される大橋さんならではのお話が楽しみです。
 アツい気持ちになること間違いなし。私はこうしたい!という
夢持ち寄り企画です。

『ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし誰かと見る夢は現実だ。』
                        by オノ・ヨーコ
【開催要領】
■日時: 2009年12月3日(木)19時から21時
      受付開始 18時45分     
■場所: 「カスタくんの町家」
京都市中京区小川通り六角下る元本能寺町386
http://www.casta-kun.com/modules/casta/index.php?content_id=4
■参加費: 1,000円(学生500円)
■参加定員:
会場設営の都合上20名程度とさせていただきます。
どうぞお早めにお申し込みください。

■申込み方法:
下記ウェブサイト最下の申し込みフォームにご記入のうえ、送信ください。
http://www.ksen.biz/modules/eguide/event.php?eid=31

■タイムテーブル(予定)
19:00-19:10 企画趣旨と進行説明
19:10-20:10 ムービー(10分)+大橋さんのお話(50分)
20:10-20:30 参加者自己紹介&ひとこと夢トーク
20:30-21:00 質問&意見交換&交流会

■ゲスト:大橋正伸氏
創業67年になる蕎麦「しのぶ庵」3代目。
『日本の伝統食文化の継承と伝承』を使命に、
地元大阪から新たな蕎麦(食育)文化を創り
日本中に発信している。
「夢を語れば、夢が広がり加速する」をテーマに精力的に活動し、
2008年3月にはNPO法人大阪維新会を設立。
「大人が本気で夢を語る」ドリームプランプレゼンテーション大阪2009
を開催。たくさんの人たちに一歩踏み出す勇気を与え続けている。

■蕎麦しのぶ庵三代目
■有限会社エムアンドエムフーズ代表取締役
■株式会社大橋家代表取締役
■NPO法人 大阪維新会理事長

◆ご意見・ご感想・ご不明点などございましたら、
 お問い合わせフォームよりお願いいたします。
  http://www.ksen.biz/modules/contact/
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-11-15 22:18 | イベントお知らせ
社会起業家フォーラムin大阪
社会起業家フォーラムin大阪
11月24日(火)13時から17時まで

【開催趣旨】
地域のさまざまな福祉課題を解決していくには、地域の「つながり」を再構築し、「地域自らが立ち上がって、地域の福祉課題を解決していく力-『地域福祉力』」を高めていくことが非常に重要です。
そのキーパーソンとして、地域の福祉課題の解決を担うコミュニティ・ビジネスの活動を行う「社会起業家」の活動が注目されています。
大阪府では、この「社会起業家」の活動の振興を図るため、「社会起業家フォーラムin大阪実行委員会」主催の標記フォーラムを下記のとおり開催します。

◎私の前座のお話に続く事例発表が面白そうです。
いろんな意味合いで社会起業家ということばが使われていますが、
とにもかくにも、自分達で何かを前向きにするということは、大切と思います。

事例報告団体: (特活)キッズ&子育てママ応援隊MerryTime
          (特活)くらしのたすけあい えぷろんの会
          (特活)住まいみまもりたい
          寝屋川高齢者サポートセンター
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-11-14 22:51 | イベントお知らせ
車座談義 『欲しいものは自分達で創る!地域を元気に魅力的にするということ』
あっという間に紅葉は落葉へ。
12月は車座談義で締めくくり。

【開催趣旨】
地域の個性や魅力を高め、よりよい地域社会の実現に向け、活動をしている方々が、日本全国にいます。地域の課題はその土地の人だけで解決するだけでなく、地域外の多様なネットワークと連携し、解決策を見つけ出していくことに価値があります。
 そこで、「まちづくり」「地域起こし」の中心的な役割を担っている「NPO法人えがおつなげて」代表の曽根原久司氏をお招きし、地域や企業を巻き込む事業開発の心構えやスキル、ネットワーク構築に関して、議論を深めたいと思っています。また、県内外から参加される多様なバックグランドをお持ちの方との意見交換の場を設けていますので、名刺をご参加で是非お越しください。

■開催日時
2009年12月13日(日)13:30~16:00

■開催場所
滋賀県立県民交流センター 和室 
(大津市におの浜1丁目1-20 ピアザ淡海) 

■参加費
500円(資料代)

◎◎プログラム◎◎
◆講演:テーマ「都市と農村の共生社会を目指して」
曽根原久司氏(NPO法人えがおつなげて 代表理事)
 農をはじめとした地域共生型のネットワーク社会を創ることを目的に、山梨県北杜市を中心として、南アルプス・八ヶ岳周辺をはじめ、大阪、兵庫などでも活動している。
◆ワークショップ
 地域内外の多様なネットワークと連携した事業開発のツボを学びます。
◆名刺交換・意見交換

■定員
25名程度

■対象
 地域づくりのための協働の可能性を探りたい行政職員、市民活動団体・NPO、個人社会起業、コミュニティビジネスに興味のある行政職員、一般社会人、学生、地域や組織運営のあり方に興味のある市民活動団体・NPO、学生

曽根原久司(そねはら ひさし)氏プロフィール
=========================
 明治大学政治経済学部卒業後、金融機関等企業経営の経営コンサルタントを経て、現職。農をはじめとした地域共生型のネットワーク社会を創ることを目的に、「村・人・時代づくり」を行っていくためのNPO法人を設立し、山梨県北杜市を中心に、南アルプス・八ヶ岳周辺、横浜・藤沢・鎌倉周辺、東京、大阪、兵庫などで活動を行っている。山梨大学客員准教授、山梨県コミュニティビジネス推進協議会会長、NPO法人南アルプス山の学校理事長、NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク理事、日本サードセクター経営者協会理事等役職多数。平成19年度毎日新聞グリーンツーリズム対象優秀賞受賞をはじめ、多くの賞を受賞している。
 「風の日と・土の人ー地域の生存とNPOー」(共著) 公人の友社、「都市農村交流プロデュース 実践と考え方」『新都市』2004年12月 (財)都市計画協会、「村・人・時代づくり 都市と農村が共生できる社会を目指して」『季刊まちづくり』16号 学芸出版社 等多数。
==========================

~~車座談義ー番外編~~
 当日は、市民事業創出支援プロジェクトのプロジェクト・マネージャー大室を囲んで、事業化や地域づくりに関する日頃の悩みや夢などを気軽に語り合う時間を設けます。
(1)12:00~13:30
 弁当持参でお越しください。
(2)16:00~17:00
 車座談義終了後、語り尽くせなかった思いを語りませんか。

大室悦賀(おおむろ のぶよし)プロフィール
==========================
 淡海ネットワークセンター市民事業創出支援プロジェクトマネージャー/京都産業大学経営学部准教授
 社会的課題をビジネスの手法で解決するソーシャル・イノベーションとNPOなどのサードセクター、企業セクター、行政セクターの3つのセクターを研究対象として、全国各地を飛び回り、アドバイスや講演を行っている。
==========================
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-11-12 22:28 | イベントお知らせ
おじいさんの旅
そろそろクリスマスプレゼントを何にしようかと思っている人には、Allen Sayの『Grandfather's Jouroney』をお勧めします。

アレン・セイ(英: Allen Say 1939年-)は1939年横浜市生まれ。上海生まれの朝鮮系の父と米国オークランド生まれの日系アメリカ人の母を持つ。戦争という時代の流れの中の日米で育ち、たくさんの仕事を経験し、50歳から本格的に絵本を発表した。オレゴン州ポートランド市在住。孤児だったお父さんは、イギリス人に育てられた。両親が離婚し、おばあさんに育てられ、16歳で渡米。アイデンティティ・クライシスもあったと充分に推測できる。

『Grandfather's Jouroney』は、明治時代に米国に渡り、そして帰国したおじいさんの物語。故郷は遠くにいてこそ感じるもの。この物語を読むとシアトルにいたときに抱いていた複雑な気持ちを思い出す。

違う国での暮らしに慣れ親しみながらも、みんな持っている望郷の念。
"The funny thing is, the moment I am in one country, I am homesick for the other."
外国に長く住んだ経験のある人には、共感できる感情。

優しい絵とよく選ばれた言葉でつづられた絵本です。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-11-07 22:36 | ことば
今日はよき日でした
おとついはとても寒く、今年はじめての暖炉解禁。
部屋の中にあった薪を燃やしました。
一年ほどほっておいてものです。
薪が良く燃えるのは、湿気をきって1,2年ほど乾燥してから燃やすのがいい。
そのぐらい時間という宝物を大切にしておくと、燃えがいいのです。
伐ってすぐは、湿気があってよく燃えません。

そういう燃え具合が、人の活動の発火点にも似ていると思います。

今日は市民事業相談会でした。
チャリティモデルと思っているものが、専門性を価値として需要に対応すれば持続可能な事業となる。また、一見事業性と捕らえていると見失う自分達がしたいことの整理。笑顔の子ども達を見たいというその価値を自分達の宝物とし、それだから一緒にその楽しさを共有したいというファンを増やす。一人の専門家の見方と数人で見る価値化がうまくブレンドし、主催した私たちや今日参加していただいた相談者の方々、それぞれに得たものがありました。そうしたいと思っていても自分だけではうまくいかなくても、応援してもらってるという心の張りが可能性の幅を広げる。相談してもらう側も育つ。その実感があった今日でした。

欲しいものは自分達で創る。それが私のモットー。
だけどさからだからへ、と見方を変えるとできる。
それができつつある実感をもった今日でしした。

それにしても、最近老眼が進みました。
老眼(far sight)とはよくいったものです。
遠くを見つめて
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-11-05 22:57 | 新しい価値の創造
My photo moments
季節はまためぐり
お昼時の光をつかまえに、またいつか行こうか
紅葉の頃のあの時をあの人と
d0004627_21323263.jpg

















d0004627_2133894.jpg















d0004627_21334678.jpg
















d0004627_21341190.jpg
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-11-04 21:33 | ことば