<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
市民活動助成金セミナーin滋賀
 助成金を出す企業や団体は、どんな思いで市民活動を応援しているのでしょうか。
その思いを読み取り、金額ではなく思いの価値を受け取る。NPOの受益者とサポータをつなぐにはNPOがどんな思いで、それをつなげばいいか。どんな賞や助成金でも上位3位は、おのずと決まるもの。ボーダーラインになったものは、想いのミスマッチが多いと思います。NPO当事者としてしっかり聞きたいと思っています。

市民活動助成金セミナー
~助成団体とNPOの思いをつなぐ~

助成金を出す企業や団体は、どんな思いで市民活動を応援しているのでしょうか。助成金を受ける団体は、企業や助成団体へ何を伝えていけばいいのでしょうか。助成団体と市民活動団体、それぞれの思いをつなぐセミナーを開催します。
助成による市民活動の応援、地域への貢献をお考えの企業の方も市民活動団体との出会いの場となります。

★日本財団はじめ、助成する企業や団体から助成への思いが聞けます!
★全国の企業から寄付を集めて、地雷除去や少年兵救済活動をする鬼丸昌也さん(NPO法人テラ・ルネッサンス)から寄付や助成金を集めるための考え方が聞けます!

【日時】
2010年2月11日(木・祝)13:30~16:45 
※交流会 17:00~18:00

【会場】
大津市ふれあいプラザ 大会議室 

【プログラム】
13:30~14:15  助成金の活用について
       青木透さん(日本財団 海洋グループ技術開発チーム)
14:15~15:00  寄付や助成金を獲得する広報戦略について
        鬼丸昌也さん(NPO法人テラ・ルネッサンス理事長)
15:00~15:15 助成団体からの助成金紹介
※企業の思い、助成への思い、採択基準、申請の注意点、NPOへの期待などをお話いただきます。
15:30~16:15  ワークショップ
※今までの申請の問題点に気づき、今後に活かす力をつけられます。
16:15~16:45 まとめ

★交流会★
17:00~18:00
場所:あんふぁんカフェ(明日都浜大津 3階)
費用:500円程度
参加者同士の交流会を開催します。名刺交換、情報交換の機会にしてください。

【定員】30名(先着順)

【参加費】500円

===============
★日本財団とは
 日本財団は、全国の地方自治体が主催する競艇の売上金の約2.6%を交付金として受け入れ、国内外の公益事業を実施している団体への事業支援を行っています。社会福祉・教育・文化などの活動、海や船にかかわる活動、海外における人道活動や人材育成の3つの分野を中心に事業を推進しています。国内や海外の様々な課題を解決するために、自ら事業プログラムを起こし実施するとともに、国や地方自治体の施策が行き届かない、企業では実施が困難な取り組みなど、先駆的で創造的な事業を公募し、助成事業として支援しています。
ホームページ:http://www.nippon-foundation.or.jp/(別ウインドウで開きます)
★鬼丸昌也さんプロフィール
 1979年、福岡県生まれ。立命館大学法学部卒。
 高校在学中にアリヤラトネ博士(スリランカの農村開発指導者)と出逢い、『すべての人に未来をつくりだす能力(ちから)がある』と教えられる。様々なNGOの活動に参加する中で、異なる文化、価値観の対話こそが平和をつくりだす鍵だと気づく。
 2001年、初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始める。同年10月、大学在学中に「全ての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざすNGO「テラ・ルネッサンス」設立。カンボジアでの地雷除去支援・義肢装具士の育成、日本国内での平和理解教育、小型武器の不法取引規制に関するキャンペーン、ウガンダやコンゴでの元・子ども兵の社会復帰支援事業を実施。
NPO法人テラ・ルネッサンスのホームページ:http://www.terra-r.jp/(別ウインドウで開きます)

★参加予定の助成団体
日本財団、大阪ガス(株)、しがぎんリース・キャピタル(株)、(財)ダイトロン福祉財団、(財)平和堂財団

●淡海ネットワークセンター
((財)淡海文化振興財団)
 〒520-0801 大津市におの浜 1-1-20 (ピアザ淡海2F)
 TEL.077-524-8440 / FAX.077-524-8442
 E-mail office@ohmi-net.com
[PR]
by sdo-asanoya | 2010-01-27 22:34 | イベントお知らせ
堀田さん
1月17日KSEN共同企画『あの堀田さんを囲んで』
町家共学塾、KSENメンバーなど30人以上の参加となりました。

堀田さん75才!ウィメンズブックストアーの中西さんも75才。
KSEN代表の川本さんの「僕は、もう歳だから。」という言い訳は通じませんね。
芸術の世界では80代がアバンギャルド、前衛的。

平成3年に堀田力さんは検事からボランティアの世界へ。
なんでやろと随分驚いたものですが、17日にお話を聞いてそうだったのかと納得。
詳細は『挑戦!あすならの夢を追って「ボランティアの世界を拓く」』に載っていますが、
17日のお話で琴線に触れたところをご紹介します。

京都の堀川高校の出身。堀川高校といえば、いすもKSEN企画に使わせていただいている
カスタくんの町家から歩いて5分程度。

小説家になるには世間のことを知るのも手と法務省へ。
汚職事件やローキード事件をはじめ数多くの汚職事件を担当。
ボランティアとは間逆の社会問題と直面。

いい学校に行って、いいところに就職するのが当たり前の風潮の中、
昭和47年から3年間外交官としてアメリカの日本大使館へ赴任。

垣根のない庭続きの近所づきあい。
買い物、病院の紹介、ホームパーティなど、なにくれと近所の人の
人情が厚く、小学校だった子どもも見事に順応し、ボランティアの
有難さを肌身をもって知ることとなる。
70年頃のアメリカでは高級キャリアから給料が数分の一になるNPOの世界へ
若者が行くのをみて、驚いた。

日本に帰ってきたから、日本語の離せなくなった子どもにはつらいいじめや
異質の者への風当たりは強く、農耕民族だからこその助け合いがあると思うことは
できず、日本でもアメリカで経験したようなボランティアが必要と実感した。

そして、暖かい暮らしやすい社会を創りたいと「高級キャリア」を捨て、「ボランティア」の世界へ。

動物は子育てはするが親の介護をしない。
人間も昔は今のように寝たきりになってからの長年の介護はなく、
今のような介護問題もまだ家族で支えられる範囲だった。
介護保険制度を作ろうと動いていると、議員からは「家族介護という日本の美徳をつぶす気か。」とくいわれ、「そういうものはもうつぶれかけている。介護をしている子どもの半分は親を虐待しているという報告もある。」と反論。これに限らず、学校開放、壮年世代や団塊世代、子育て世代等々自分の家以外の居場所づくり、NPO法、公益法人制度改革など、20年間大いなる反逆精神をもって活動しておられます。

営利組織の営利という言葉もまだ未成熟。非営利という概念もまだまだ根付いていない。寄付文化の定着もこれから。NPOでのキャリア形成も課題があれど、「生甲斐という報酬を得られる。」というかけがえのない価値がある。

最後に堀田さんに20年後はどんな世の中になっていて欲しいかという私の問いに、
「自分らしくいきいきと生きていける社会の。」という答えがかえってきました。

ボランティアという言葉も個々の価値観により多面体。水と油ではなくボランティアもビジネスも両輪ととらえ、「生甲斐という報酬を得られる。」世界へと多くの人が動き出しています。大切なのは、どちらも取り入れられる人間的幅をどれだけ持てるかということだと思います。ある局面や課題に対し、処方箋の濃度をどう加減するかということではないかな。
[PR]
by sdo-asanoya | 2010-01-23 22:56 | 新しい価値の創造
不幸せの猫じゃないけど
d0004627_22382718.jpg

1月17日は明日を信じて進む日。
この日はMartin Luther King Jr. Memorial Day.
I have a dream.

阪神淡路大震災
日に日に多くなる被災者の知らせに
海をはさんだシアトルからの友情と支援の愛を感じました。
本当に悲しく、本当に人の絆を感じました。

15年目の今年の1月17日は、KSEN企画で堀田力さんのお話。
20年後はどんな世界になっているかという私の質問に、
堀田さん曰く
「普通の人が普通にボランティアやNPOに入っていける
20年後は、個人が自分らしく生きられる世界に。」
そう思って私も20数年NPOという世界にいます。

社会的キャリア

アメリカで出会った助け合いの自然さを思い出しました。
べき論も大切だけど、動こうよ。とにかく動くこと。

そして、今年の1月17日は、「かもめ」、「不幸せという名の猫」がいる」とブログ書きながら聞いていた声の主がレコードでしか語りかけなくなった日。

浅川マキさん
明日もあなたの声とともにブログをつづります。
[PR]
by sdo-asanoya | 2010-01-19 22:33 | ことば
1月30日映像でまちづくり上映会
もう今年はすっかりあけきり、いろいろなことが動いています。
1月17日はアメリカではMartin Luther King Jr. Memorial Day.
あの日シアトルで大学院の申請書を書いていた時から始まった、日米の人の絆の物語の始まり。

誰にでも、始まりはある。映像はパワフルです。地域づくりや人の絆を追った企画を1月30日に行います。
関連URL
======================================================
域づくりフォーラム
~あなたと見つけたい 地域のチカラ~プレイベント 
地域をつなぐ映像 上映会

 地域づくりフォーラム~あなたと見つけたい 地域のチカラ~の分科会
「地域と人をむすぶ 映像のチカラ」で事例として紹介する作品の上映です。
ぜひご覧ください。
 フォーラムでは監督や企画者から、制作への思いや地域で映像を
きっかけに産み出されたものや人々のつながりについて、直接お話を
お聞かせいただきます。

【日程】
2010年1月30日(土)

【会場】
県民交流センター 302室
(大津市におの浜1-1-20ピアザ淡海) 地図はこちら
上映時間
A.「ほんがら」 10:00~11:40
B.「ブラジルから来たおじいちゃん」 13:30~14:30

【鑑賞料】
A.B.各お一人500円
A.B.とも鑑賞されると700円

【申込方法】
 お名前、ご連絡先、ご所属を淡海ネットワークセンターまでご連絡ください。

淡海ネットワークセンター((財)淡海文化振興財団)
〒520-0801 大津市におの浜1-1-20 ピアザ淡海
TEL:077ー524-8440
FAX:077-524-8442
E-mail:office@ohmi-net.com

【作品紹介】
-------------------------------------------------
農村再生ドキュメンタリー 「ほんがら」
 少子化やライフスタイルの変化により、各地で祭など伝統行事の存続が
危ぶまれるなか、単に地域資源を映像アーカイブ化するのではなく、
積極的に地域とかかわり、映像とカメラのちからを借りて、老人たちの
地域に対する「誇り」を若い世代にも伝え、地域住民が自ら伝統継承・
地域再生の道を拓いていくための後押しとして機能するドキュメンタリー映画
づくりを試みた作品です。
■監督・撮影・編集=長岡野亜
■音楽=大場陽子/村田聡
■出演=近江八幡市島町の皆様
■特別協力=原一男
■企画・制作=ひょうたんからKO-MA
■特別協賛=アサヒビール株式会社
■助成=財団法人アサヒビール芸術文化財団
○お問い合わせ先:
マルチメディアセンター
tel:0748-34-0800
e-mail:mura@gonza.xii.jp
URL:http://gonza.xii.jp/hongara(別ウインドウで開きます)

国境を越えて生きる人々の真実に迫るドキュメンタリー
「ブラジルから来たおじいちゃん」
 不況まっただ中の日本から、出稼ぎのつもりで単身ブラジルに渡って73年。
言葉もわからない土地で、10回も職業を変え、破産の憂き目にもあった。
だが、諦めずに努力した甲斐あって、今ではサンパウロで悠々自適の暮らし
をしている。
しかし、紺野堅一さんは家にじっとしているご隠居さんではない。
紺野さんは毎年、日本にやってくる。それは日本にデカセギに来ている
ブラジル人たちを訪ねるためだ。この旅は彼自身の人生を振り返る旅でも
あった。「大日本帝国臣民」として、それともブラジル人として人生を
終わるのか。レイルパス片手に新幹線、ローカル線、バスと乗り継ぎ、
自分の足で歩きながら考える。
■監督 栗原奈名子
■撮影 栗原奈名子、エリオ・イシイ
■整音 小川武
■編集 斉藤貴志、今野裕一郎
■オリジナル音楽 道下和彦
■音楽アドバイザー 稲岡邦弥
■題字 小澤薫
■日本語・ポルトガル語字幕 リリアナ ・ユリエ・マスダ・オダ
■ポルトガル語字幕 ロベルト・マクスウェル、パメラ・畠
■後援:駐日ブラジル大使館/日本ブラジル中央協会/IOM(国際移住機関)
■協力:関西ブラジル人コミュニティ 、BUSSTRIO、NPO大阪アーツアポリア
〇配給・お問い合わせ先:アムキー 
tel./fax:050-1159-9306
e-mail:amky@amky.org
URL:www.amky.org(別ウインドウで開きます)

◆◇◆域づくりフォーラム◆◇◆
~あなたと見つけたい 地域のチカラ~プレイベント 
1月31日(日)
2010年1月31日(日)11:00~17:00
【基調講演者】
石田 達也さん(NPO法人宮崎文化本舗 代表)
芸術文化のまちづくりと、ボランティア相互のネットワーク化を
柱とした事業を中心に、宮崎NPO活動支援センター、みやざきアート
センター等の管理も行っている。
[PR]
by sdo-asanoya | 2010-01-18 21:40 | イベントお知らせ
地域づくりフォーラム 映像による地域づくり

関連URL:https://www.ohmi-net.com/centerinfo/09chiikidukuriforum/index.html
=========================================
1月31日はいよいよ宮崎文化本舗の石田さん滋賀県デビューです。
いつも誠実で朴訥な語り口の石田さんのパワーを1月31日にたっぷり浴びる企画です。
そのほかにも、地域の資源を私たちの思い出更にパワーアップさせる分科会も開催します。
市民活動フェスタの次世代企画で地域が輝く新たな出会いがたくさん生まれて欲しいと思います。

【開催趣旨】
地域づくりフォーラム~あなたと見つけたい 地域のチカラ~
 地域や人々をつなぐ映像、地域サロン、地域ブランドを切り口に、地域にあるチカラや資源を見つけ、人々をつなぎ、地域を元気にするヒントを、みなさんとともに考えるフォーラムを開催します。
 会場では、地域で人をつなぎ、地域のチカラを輝かせている市民活動団体・NPO、ボランティアグループがパネル展示も行います。交流を広げ、たくさんの地域づくりのヒントにも出会っていただけます。わたしたちの地域に、どんなチカラを見つけられるでしょうか。
 みなさまのご参加をお待ちしております。

【日時】 2010年1月31日(日)11:00~17:00
【資料代】 500円(お一人) 
【場所】県民交流センター(ピアザ淡海)大会議室・302室、303室、304室 地図はこちら

【内容】
11:00~ 開会・あいさつ
11:15~ 基調講演:「地域づくりは人づくりから」
       石田 達也さん(NPO法人宮崎文化本舗 代表)
12:00~ 昼休み(会場ではお弁当の販売を行います)
13:00~ 文化会
・分科会1「地域と人をむすぶ映像のチカラ」
 事例紹介 藤田 知丈さん(ひょうたんからKO-MA)農村再生ドキュメンタリー「ほんがら」
      企画・制作
      栗原 奈名子さん(映画監督)「ブラジルから来たおじいちゃん」監督
・分科会2「地域と人をむすぶ地域サロンのチカラ」
 事例紹介 中井 まりえさん(理事長)/住岡 一枝さん(事務局長)(NPO法人日吉台の福祉を語る会
      あじさいくらぶ)
      北川 稔彦さん(NPO法人とよさとまちづくり委員会 代表)
・分科会3「地域と人をむすぶ地域ブランドのチカラ」
 事例紹介 小杉 共弘さん(有限責任事業組合ひこね街の駅 駅長)
      山口 美知子さん(KIKITO東近江地域材循環システム協議会)
・分科会4「地域と人をむすぶNPOのチカラ」ワークショップ 
 ファシリテーター:赤澤 清孝さん(NPO法人ユースビジョン 代表/
      淡海ネットワークセンター運営委員)
15:00~ 各分科会報告
        コーディネーター:井手慎司さん(滋賀県立大学環境科学部 教授/
       淡海ネットワークセンター運営委員)
15:30~ パネル出展紹介
17:00   閉会

★交流会★
17:30~ 2階の淡海ネットワークセンターで交流会を行います。ご参加ください!
参加費:300円

【対象】NPO法人の代表者、会計担当者、事務局スタッフ

◎問合せ先
淡海ネットワークセンター
((財)淡海文化振興財団)
 〒520-0801 大津市におの浜 1-1-20 (ピアザ淡海2F)
 TEL.077-524-8440 / FAX.077-524-8442
 E-mail office@ohmi-net.com
[PR]
by sdo-asanoya | 2010-01-08 22:22 | イベントお知らせ
CDFI 国際セミナー
新年になり、企画ラッシュの中、行ければ行きたい企画です。

CDFI 国際セミナー (近畿ろうきん公開セミナー)

コミュニティ開発と、これを支える社会的金融を考える
~貧困地域を支え、就労促進と地域開発を進めるアメリカのCDF
Iの実践から~
http://www.rokin.or.jp/event/2010/0105_0100.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2008年秋のリーマンショック以来、世界の経済は大きな危機に
陥っており、私たちを取り巻く環境も大きな変化をみせています。

こうしたなか、お金の流れを変え、暮らしを支える社会的事業を創
り出しながら、痛んだコミュニティを編み直していくことが求めら
れています。投機マネー主導型経済の本家でもあるアメリカでは、
一方で、疲弊する地域を支える社会的な金融(CDFI)が、コミュ
ニティ再生に大きな役割を発揮しつつあります。

この近畿ろうきん公開セミナーでは、アメリカのCDFIの実践者
・研究者として中心的な存在であるアンドリュー・ラマス教授をお
招きし、地域・コミュニティ開発の実践の姿とこれを支える金融の
ありようをアメリカの事例をもとに探っていきます。

お金の流れが社会を良くも悪くもすると言う現実を踏まえ、日米そ
れぞれの地域づくりのありようを対比しながら、社会を変える新し
い金融やコミュニティ開発のあり方を探る絶好の機会になると考え
ています。ぜひ多くの方々の参加をお待ちしています。

日にち: 2009年1月14日(木) 夕方6時30分~8時30分
講 師: アメリカ・ペンシルバニア大学 アンドリュー・ラマス
     教授
場 所: ろうきん肥後橋ビル 12階メインホール
住 所: 大阪市西区江戸堀1-12-1 地下鉄四ツ橋線肥後橋
     駅10番出口直結
参加者: 先着70名まで 
参加費: 無 料

スケジュール:
■ 基調講演 「コミュニティを支えるCDFIの実践から」
                  ・・・・・18:30~19:20
講師:アンドリュー・ラマス教授

■ セッション 「日・米の社会的金融をトークする」
              ・・・・・・・・・19:30~20:00
      ・アンドリュー・ラマス教授 
      ・法橋 聡( 近畿ろうきん地域共生推進室 室長)
      ・ほか

■ 質疑応答 会場とのやり取り・・・・・・・・20:00~20:30

主  催 : 近畿ろうきん地域共生推進室
協  力 : 大阪市立大学都市研究プラザ、共生型経済推進フォー
ラム、ソーシャルファイナンス関西、(予定)
■地図
http://www.rokin.or.jp/news/images/map.jpg

■お申込み 
FAXまたはEメールにて「お名前、ご所属、ご連絡先」を以下ま
でお願いします。
近畿ろうきん 地域共生推進室(9時~17時 土・日・祝 休み)
担当:中田
TEL:06-6449-0842 FAX:06-6449-1415 
mailto:tiikikyousei@rokin.or.jp
*お申込みいただいた個人情報は、本セミナーの運営についてのみ
使用いたします。
[PR]
by sdo-asanoya | 2010-01-06 22:45 | イベントお知らせ
寄付は楽しい
アメリカにいた時、寄付って楽しいと思ったものです。
日本でもいよいよそういう機運盛り上がってきました。
自分の目利き力とそれに応えたい側のコラボレーション。
美術館や博物館存在意義とエンターテイメントは寄付とボランティアで一層加速します。

━━★ファンドレイジング・日本2010 ~共感と感動の循環、始まる!~★━━ 
http://jfra.jp/frj2010/
    
■日時:2010年2月6日(土) 7日(日)
2/6(土) 10:30 ~ 18:15(18:30より懇親会を予定)
2/7(日) 10:30 ~ 17:30
■場所:日本財団ビル(東京都港区赤坂) :定員250名【事前申し込み制】
■参加費:会員 6,000円 非会員 11,000円 (懇親会 4,000円:定員100名)(お申込み時に会員になると、割引適用となります)
■申し込み締め切り: 1月29日(金) ※先着順となります。
プログラム詳細とお申し込みはコチラ → http://jfra.jp/frj2010
[PR]
by sdo-asanoya | 2010-01-05 22:22 | 新しい寄付文化の創造
いよいよ
らしさに関して

龍馬伝の主役の福山雅治さんがテレビで
自分らしさってなんですかという質問に関して答えていた。
「らしい」は何だと考えると視野が狭くなる。
考えることも大事だけれど、自分でとにかく動いてみることが大切。
というような話だった。

昨日の龍馬伝では「復讐からは何も生まれない!」というセリフに、
憎しみよりそれを包み込む愛の大切さと苦難を乗り越える試練の果てに見える景色への渇望が染み込んでいて、ジンときました。

これから一年が始まります。
気を引き締めて、身も引き締めて。

d0004627_23125770.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2010-01-04 23:13 | ことば
神社めぐり
長岡天神に立ち寄りました。
今日で三回目、1月3日。
d0004627_22304554.jpg

それから首塚大明神へ。
鳥居をくぐると災いがあるということろ。
西京区大枝沓掛町老ノ坂峠の気の道。
d0004627_22311820.jpg


酒呑童子と聞くと、バッカスと座敷わらしを思い出しますが、
そんなものではなく、討伐すべき者。
首塚のモードは、さもありなんの湿気がありました。

でも、春はもうじきやってきます。
d0004627_2231376.jpg


松尾神社、車折神社、白峰神社、清明神社、下鴨神社、田中神社などなど、
今日は神社めぐり。
[PR]
by sdo-asanoya | 2010-01-03 22:31 | 新しい価値の創造
新年に向けて
今年の1月1日は、白雪の庭からのショットでご挨拶
d0004627_1583699.jpg

前日の強風が止み、静けさの中に小鳥の足跡だけの新雪とその下の薄氷。
今年はどんな人達に会うのだろうか。まだ見ぬ友人と今まで知己を得た方々に幸あれ。
d0004627_159057.jpg
















今年の所信表明は、「もっとブログを書こう!」。
あのこと、このことと思いながら、ついつい日が経つ。
自分の文体のマンネリズムに食傷気味のところもあり、
更新することもなく、言葉少なく、すっかりマイボイスレスコーナーとなっていました....」
今年は一歩一歩と軌跡を書きとめようと思っています。

今年もまたお付き合いください!
[PR]
by sdo-asanoya | 2010-01-02 15:09 | ことば