「ほっ」と。キャンペーン
<   2011年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ラ・フォル・ジュルネ びわ湖 2011
今年4月1日からは打出浜にある公益財団法人びわ湖ホールで新設の広報マーケティング部の部長として新しい任務についています。3月末まで事務局長をしていた淡海ネットワークセンター(公益財団法人淡海文化振興財団)は、におの浜にあり一筋向かいに引越したことになります。NPO支援の淡海ネットワークセンターからアートの分野の事業型NPOへ移り、NPOマネージメントの修行を積む日々が続きます。

さて、4月29日、30日はびわ湖ホールで、誰でも気軽に楽しめるラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」が開催されます。

1995年にフランスのナントから始まって、2000年からポルトガル・リスボン、2002年からはスペイン・ビルバオでも開催され、いずれも大成功を収めており、日本では2005年から東京国際フォーラム、2008年から金沢、2010年から新潟と、西日本では初めてびわ湖ホールで開催され、クラシック音楽界にセンセーションを巻き起こしています。

今回の大震災と原発問題で多くの海外アーティストが日本に来られず、今年日本の5ヶ所で開催されるラ・フォル・ジュルネでもいくつかのアーティストや曲目の変更があります。しかしこんな状況だからこそ、『アーティストたちが奏でる素晴らしい音楽とともに、美しさと生きることの意味を皆さんと分かち合えることを心待ちにしています。』というアーティスティック・ディレクターのルネ・マルタン氏からのメッセージやそれに賛同するアーティストの熱い思いで、びわ湖ホールからラ・フォル・ジュルネは順次スタートしていきます。

びわ湖ホールでのラ・フォール・ジュルネのテーマは「ウィーンのベートーヴェン」です。レストランのメニューで好きなものを選べるようにたくさんの公演があり、キッズプログラムも盛りだくさんです。

4月29日詩情あふれるアンヌ・ケフェレックさんのピアノが織り成す創作絶頂期のベートーヴェンを聞くことから始まり、4月30日のしめの仲道郁代(ピアノ)/びわ湖ホール声楽アンサンブル ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団/日本センチュリー交響楽団 ※/三ツ橋敬子(指揮)まで、魂を音符に変える2日間です。

皆様のお越しをお待ちしています。
[PR]
by sdo-asanoya | 2011-04-26 23:23 | イベントお知らせ
2倍速
におの浜から一筋渡ったびわ湖ホールでは、目下2倍速で、物事が動いています。
今年の年度始めから3週間。これからが始まりです。
d0004627_2239543.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2011-04-23 22:40 | 新しい価値の創造
加圧日和
d0004627_2382180.jpg

3月26日(土)地点『Kappa/或小説』上演の後、小説家 朝吹真理子さんと演出家三浦基さんによるアフタートーク中での朝吹さんのどんな文脈だったか忘れてしまったのですが、彼女が言った「加圧」というコトバが妙に耳に残っています。
d0004627_2385849.jpg

今日は加圧日和とでもいうのでしょうか、晴れや曇りの光の中で気の道アングルのトンネルや散り際のサクラを見てきました。
d0004627_23103862.jpg









この駅には狸がおり、一匹だけメスがいます。トロッコ電車で降り立つもし、車で来て桟橋を渡り来るのもよし。ここに来れば分かります。











d0004627_23105747.jpg
[PR]
by sdo-asanoya | 2011-04-19 23:21 | ことば
はっさくでいたい
筒井孝司様

葉桜は心の残照となり、山吹が咲き出しました。
エンドウ豆の芽も春を呼び込んでいます。

>はじめまして。笹井宏之の父です。
>宏之の歌をご紹介いただきありがとうございました。
コメントありがとうございます。
こんなにどきったしたことはありません。
今日も宏之さんのことばを読み返していました。

○葉桜を愛でいく母がほんのりと少女を生きるひとときがある
○桃色の花弁一枚拾い来て母の少女はふふと笑えり
何歳になっても、少女でいたい。こんな風にうたってもらえるなんて。

○それはもう「またね」も聞こえないくり雨降っています ドア閉まります。
○天井と私のあいだを一本の各駅停車が往復する夜
京阪電車の21文字青春メッセージの特別賞として、
来春ラッピング電車に乗せたくなることばです。

○魂がいつかかたちを成すとして あたなははっさくになりなさい
あなたは○○になりなさいといわれたら、やっぱり「はっさく」でいたい!

○切れやすい糸でむすんでおきましょう いつかくるさようならのために
ふーと、まずは深呼吸。...だからこそある、こんにちは。
d0004627_22413167.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2011-04-17 22:45 | ことば
とくちから
京都府立大学に行くために、銀閣寺道でバスを乗りかえる前の早朝のサクラ。
d0004627_2216637.jpg


それから数時間後、さあこのあたりはどこでしょうか。
柳にサクラ、夜にはネオンが川面に反射して。
d0004627_22171333.jpg

二人の傍には枝垂桜。
d0004627_22175454.jpg














d0004627_22181738.jpg

今日は『え―えんとくちから』by笹井宏之を買いました。
26歳で逝った歌が不思議と今日の空やサクラ風景と合っていました。






水田を歩む クリアファイルから散った真冬の譜面を持って
食パンの耳をまんべんなくかじる 祈りとはそういうものだろう
拾ったら手紙のようで開いたら あなたのようでもう見れません
[PR]
by sdo-asanoya | 2011-04-12 22:22 | ことば
今日は湖国めぐり
三井寺のサクラも丘の上にピンクのベールをはっていました。
2、3日での脱皮。高月町でアポあり、その周辺もピンクjのリボン。この週末は高時川には多くの人が行くのでしょうね。タイミングよく余呉の財団法人湖北水源の郷づくりまで。良い人達が事務局に入り、良かったです!少しばかりこれから企画に関して意見交換。

明日からはまた京都府立大学でNPO論が始まります。
d0004627_23302969.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2011-04-11 23:34 | ことば
歩こうよ
やっとサクラが咲きました。でも銀閣寺の夜桜をそぞろ足で愛でる人があまりなく....
来年もまた咲くサクラに夢を託しました。
d0004627_11162170.jpg

「この国には何でもある。本当にいろいろなものがあります。だが希望だけがない。」

2000年の村上龍『希望の国のエクソダス』。
京都府立大学で非営利組織論(今のNPO論)を教えだした頃。
インターネットやソーシャルビジネスによる『中学生による独立国建設』が新鮮だった。
授業でも小説の話をしていた。私にとってはNPO台頭の話と受け止めた。

望みは薄いが(希)、望まなくては望みは逃げてしまう。
「希望がないのよ」と誰かに対して希望をもらうことを請うのではなく、探し、創るもの。

霧雨で視界がきかないところを歩く。それもよし。
出口の見えないこともその時々で必要。

もがいて、もがいて、どうしようもなく苦しいのだけれど。

「踏ん張ろう」
行き先が分からなくても、一歩一歩歩いてきた。

今だから言える。それを信じて一歩一歩歩こう。
[PR]
by sdo-asanoya | 2011-04-10 11:18 | ことば
野口さん
久しぶりの京都大学時計台記念館
d0004627_1059437.jpg

KSENとMPI(Management&Policy Institute経営・政策勉強会)の共催企画として、中東に関心のある人にとって貴重な情報源として周知されているブログ「中東の窓」で情報発信している元外交官・野口雅昭さんに中東からみた日本、外交に関してお話いただきました。
d0004627_1102088.jpg

パネルディスカッション問題提起のMPI関係者。スーツ姿が初々しい。
d0004627_1114251.jpg

ドミノ式に次々起こる中東の政変。100年、50年規模で起こる政治的な地震ともいうべき動きが、若者を中心としたソーシャルメディアの追い風を受け、広がっている。若い世代の急増と雇用問題。ソーシャルメディアで世界的な動きを知った人たち。欧米の独立、イスラム過激派に対抗するという権力の「正当性」を唱え、颯爽と登場したリーダー達は今では老いた独裁者となり、世襲による権力委譲も揺らぎつつある。

「全ての権力は腐敗する。絶対的な権力は絶対に腐敗する。」(アクトン卿)

自国だけの国益促進は成り立たず、テロ、経済破綻国家、地球温暖問題に対応する世界安泰を見据えること。外交で大切なのは信頼関係、情報を活用すること。諜報機関を持てば情報が得られるが、暗殺などのダークサイドもあることを認識すること。安全保障と軍事介入に参加することをイコールですぐに結びつけるのではなく、水中の地雷ともいうべき機雷(きらい)除去など、日本にできる国連平和維持活動がある。

○紛争現場で活躍するNGOと外交に関して
政府と近いと思われスパイと間違えられることもあるが、圧倒的に地域の情報を持っているNGOは大切な存在。北欧やオランダのように海外支援に多額の国家予算をつぎ込んでいる国は「品格」のある国と認知される。日本はどうなのか。

==============
○国連ではODAの対GNI(国民総所得)比が0.7%に達するように目標設定しているが、目標数値をオーバーしている国はDAC(開発援助委員会)加盟の22ケ国の中で5ケ国(デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、オランダ、ルクセンブルク)のみ。しかし金額では、アメリカが最も多い130億ドルを拠出。日本は第5位の約30億ドルを拠出(2009年)、一時期に比べると3分の1に減少している。
○主要先進国における海外援助の制度と動向に関する調査
○転機に立つ海外援助―GAO海外援助比較検討報告書から―
○海外在留邦人

『ほんのしばらくの安全を手に入れるために、本質的で不可欠な自由を放棄してしまう人々は、自由も安全も持つ資格が無い。』(ベンジャミン フランクリン)
[PR]
by sdo-asanoya | 2011-04-10 10:47 | 新しい価値の創造
ジュルネ ラッピング
ラッピング電車 ラ・フォル・ジュルネ
ラ・フォル・ジュルネびわ湖2011の開催に先駆けて4月2日(土)に京阪電車錦織車庫で電車にラッピングをしました。
d0004627_22104249.jpg


びわ湖ホールシアターメイツ会員のなかから抽選で選ばれたみなさんが協力して電車の車体に音符やト音記号のシールをかわいく貼り付け、これって上下逆さま?、電車の前にも張っていいの、マイクで車掌さんかと思うようなアナウンスをする子ども、線路に出るなと言われれば言われるほど、走りたくなる子ども達。最後の音符まで張れるのかと思いましたが、今では毎日可愛く音符が電車の上を走っています。電車を走らせる

技術者の方は写真お願いの大人気。鉄児の夢よどこまでも。

子ども達が楽しく音事を貼り付けてくれたラ・フォル・ジュルネ号の車中には、その時のことが記載されたサインも取り付けていただきます。

何かにつけて柔軟に楽しみながら対応していただける京阪電車石坂線に感謝です。
[PR]
by sdo-asanoya | 2011-04-09 22:15 | ラ・フォル・ジュルネ
約束の駅
今年は残念ながら、私の乗る電車では遭遇できず、写真なしですが。

石坂線21駅の顔づくりグループブログ
「石坂線」という名称と「沿線が通学路線として学生に愛されている」ことから
最優秀賞を「石坂洋次郎青春賞」としています。

これまでの受賞作
・2007「好きもさよならも同じ駅」
・2008「あなたと乗った三年間、各駅だけど特急だった」
・2009「隣に座った君を見ず 窓に映った君を見る」
・2010「11枚綴りの回数券 あなたに会える予約券」

そして2011年は、「約束の駅 電車停まり 僕の心が走り出す」

そして3月11日大震災後応援メッセージ号として「青春=未来」を乗せて走っています。

2012年3月に出会う言葉はなんでしょうか。
今年の一年の積み重ね。
[PR]
by sdo-asanoya | 2011-04-09 22:07 | ことば