「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
3月4日れいこ的楽しみ方
私の3月4日の楽しみ方

びわ湖ホール プロデュースオペラ 
ワーグナー作曲 歌劇『タンホイザー』ロビーコンサート
2012年03月04日(日) 開演:11:00 終演:11:30 メインロビー

3月10日と11日は、歌劇『タンホイザー』。
この見どころ、聴きどころを、カヴァーキャストの歌声で一足お先にお届け。
ご案内役を務めるのは、本公演の指揮者であり、びわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典。
話術巧みな沼尻さんとの濃密30分。

なぎさのカフェか大津旧公会堂でランチ。
その後は、ながらの座・座での落語。

3月の落語は残念ながらもう完売ですが、4月日はサクラの三井寺を堪能したあとは、座・座で、古庭園・大人ライブ Vol.5「声に遇う」などいかがでしょうか。
三井寺の庫裡(くり)の一つだった「元・正蔵坊(しょうぞうぼう)」と古庭園が見ものです。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-02-28 22:59 | イベントお知らせ
文化が汗をかく

d0004627_2355020.jpg
文化経済フォーラム滋賀の総会での
大原美術館の大原謙一郎さんのお話。

文化をないがしろにしたら、日本はなくなる。
文化の力が未来を拓く。
西国は民間が創る。

文化は汗をかくんだ!

〇公共マインドをもった町衆
〇NPOマインドを持った行政職員
〇プロフェッショナルなアーティスト
こういう3要素で創る未来。

地方の創業力で日本を再生する。

3年ほど前に、同志社大学でお話されたことを
思い出しました。

今年のラ・フォル・ジュルネ(LFJ)はロシアがテーマ。
2月22日のびわ湖ホールでのルネ・マルタンさんの想いが、
地域プロデューサーの核となる。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-02-24 23:06 | 新しい価値の創造
ラ・フォル・ジュルネ in びわ湖ホール
d0004627_1811387.jpg

今年もラ・フォル・ジュルネがびわ湖ホールへやってきます。
今回は19世紀から現代までのロシア音楽の変遷をたどる、驚きと感動に満ちた広大なパノラマ。4月28日(土)から4月30日(月・祝)まで、スケジュール調整はお早めに。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-02-14 18:12 | イベントお知らせ
ファンドレジング日本2012
ファンドレジング日本2012に参加してきました。
とにかくすごい熱気。昨年は500人、今年は700人参加で、
認定ファンドレイジング制度の必修研修参加も300人。
滋賀県からも何人か参加。
淡海ネットワークセンターのおう未来塾出身のMさんも塩尻から参加されていました。懐かしい方々ともお会いでき、日常awayな中でのしばしのリチャージ。

今回もファンドレジングにはデータベース導入が必須というメッセージ。アメリカではフォーラムに行くと寄付データベースのブースがたくさんありました。役に立つと分かっていながら、導入までの道筋を組織全体で共有することが必須なのですが、組織風土を変えながらの道筋をどうつけるか。

設置者は県や市、運営者は財団であったり、NPO法人であったり。公共施設運営にこそ、ビックマークの「民」の旗印を掲げたい!が、です、が、飛んでみましょう。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-02-06 22:21 | 新しい寄付文化の創造