「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ラ・フォル・ジュルネびわ湖応援CM募集
大津駅や膳所駅、パルコ、そしてびわ湖ホールの沿道にもラ・フォル・ジュルネ びわ湖の垂れ幕があります。いよいよ本格的に露出の時期です。

誰でも参加OK!
ラ・フォル・ジュルネ びわ湖 応援CM募集

ラ・フォル・ジュルネびわ湖の魅力をアピールするCMを製作してこの音楽祭を応援しませんか?応援CMを通して「ラ・フォル・ジュルネびわ湖」の魅力をみなさん独自の視点で伝えてください。

「ラ・フォル・ジュルネびわ湖」の存在とユニークさをよりたくさんの人たちに知っていただくことでこの音楽祭はより一層楽しくなるはず。優秀CMには「ラ・フォル・ジュルネびわ湖」3公演分ペアチケットをプレゼント!
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-03-30 18:15 | イベントお知らせ
胸キュン21文字 2012
d0004627_22445728.jpg

もう春なんです。気分だけでも。

いつもこの頃になると「胸キュン」の電車と青春21文字メッセージ
京阪電車石坂線の車体にも窓つりにも、優勝者のうたがある。

3月31日のびわ湖ホールのロビーコンサートは、「ふるさと」「初恋」にまつわる想いを歌にのせて

大津パルコ店では、第6回「電車と青春 21文字のメッセージ」の優秀賞、入賞作品の紹介と、「ことば」を「絵」にした車内の中吊り作品の原画、京阪電車 石坂青春号の走行風景などを展示しています。
◆3/12(月)~4/1(日) ◆1Fセンターコート
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-03-22 22:46 | 新しい価値の創造
時は過ぎゆきてこそ
タンホイザーは、美しいドイツの森の中に溶け込み、オーソドックスな演出は、日本人のツボにはまった感じでした。

3月もあと2週間。
朝は寒いながらも、昼間は暖かい。

毎日、美しい景色があるところにいる私。
3週間後、3ヵ月後、半年後、1年後、私はどこにいるのか。
簡単な答え。地球でしょ。

確実なことは、あと3,4週間後には、サクラの三井寺があること。
確実に1年ほど動きで、びわ湖ホールの近所周りの芽が出かけています。

自然の暖かさを、人の心と読み替えましょう。
d0004627_22405148.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2012-03-15 22:41 | 新しい価値の創造
花一輪 3月11日

d0004627_23205442.jpg
3月といえば、びわ湖ホール プロデュースオペラ。

昨年のアイーダもバレエが秀逸でしたが、今回のタンホイザーは絵画の中に人間ドラマが埋め込まれているワーグナーファンならずも、私を埋め込んで、といいたくなる至福の時間が、3月10日、11日と繰り広げられます。その通し稽古が続いています。


いよいよです。
3月11日は、まだチケットもとれるかも。

震災の文字なくしては、語れないこの1年。「地域」を育て、支えてくださった多くの皆さんの1年が、世界の「念」となり、創造の館となることを祈り、行動することだと思っています。

いろいろな局面でプロデュースしている恍惚感と苦悩が、サクラの咲く美しいこの日本、いや世界で展開されている。花一輪がpeace in a bowlとなるように。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-03-09 23:24 | 新しい価値の創造
古庭園・大人ライブ 3月
3月4日は、古庭園・大人ライブVol.4に参加しました。

その前はびわ湖ホールのロビーコンサート。
ワーグナーのタンホイザーが3月10日、11日と上演されます。
その盛り上がりを感じるコンサートでした。

電車の中で毎日マラソンランナーを見、それから浜大津でらーめんを食す。
青春21文字メッセージ号も走っている。
湖国の春は、やってきました。
三井寺駅から京阪電車で10分ほどの道を座座まで。
d0004627_9491677.jpg

一ヶ月ほどでサクラ満開の疎水べりを左に折れ、少し歩くと大津絵のお店。d0004627_9511154.jpg

その先の小関越えの道は歩いたことがなかったのですが、大津大神宮の石門のすぐそばに元・正蔵坊古庭園があり、ながらの「座座」の会場です。元・正蔵坊と古庭園を楽しみ守る会の代表遠藤敏子さんは、アートでまちづくりでは有名な方。



d0004627_954473.jpg
























古庭が見えるオフィスを垣間見ました。創造空間!!!

d0004627_9562093.jpg

会場は人でいっぱい。

林家竹丸さん(元NHK記者)と林家卯三郎さん(元獣医)の落語と襲名披露にまつわる話。こんな近距離での落語は初めて。見える古庭の風情と足痺れがあいまって、休憩でのお茶もほどよく、2時間ほどがあっという間に過ぎました。
d0004627_9572566.jpg


4月1日(日)は、15;30から「声にあう」。5月12日(土)は庭でのヴァイオリンとチェロ、6月は趣向を凝らした利き酒企画があるということですので、大津の旧街道散策と合わせれば、ステキな1日となることでしょう。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-03-05 22:42 | 新しい価値の創造