「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
紫の道の会 ラ・フォル・ジュルネに向けて
d0004627_22295937.jpg

近隣にお住まいの方々や企業関係者、紫の道の会のみなさんと一緒にラ・フォル・ジュルネに向け、京阪石場駅から、コラボしが、なぎさのカフェ、びわ湖ホール大ホール前の植栽の雑草引きや清掃の後、愛らしい花を植えました。
d0004627_22305176.jpg

d0004627_22311398.jpg


一人ではできないことも、50人ほどですると2時間ほどで、雑草が生えていたところに春の息吹が。滋賀県造園協会西地区青年委員会の協力があり、素人がしたいようにしたところを丁寧にメンテ。有難い限りです。
d0004627_22332348.jpg

d0004627_22314943.jpg

d0004627_22321041.jpg


読売新聞朝日新聞、ZTVに取り上げていただきました。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-04-24 22:40 | 新しい価値の創造
紫の道の会 花植え 4月21日(土)
みんなと素敵な汗を流しませんか。

4月21日(土)10:00-12:00
ラ・フォル・ジュルネにあわせて紫の道の会が「紫の道」の花壇メ​ンテと花苗えをします。
びわ湖ホール大ホールの外の植え込みは源氏の庭です。集合場所は、びわ湖ホール横のオープンカフェ“なぎさのテラス”エントランスです。

お問い合わせは、大津商工会議所担当富江さんか藤本さんへ。
電話077-511-1500


●紫の道の会
びわ湖ホールのある打出の浜は、紫式部が父の赴任先越前(福井県武生市)へ共に旅立つため船に乗った場所と言われています。

びわ湖ホール横のオープンカフェ“なぎさのテラス”エントランスに、小さな花壇「紫の道・式部の庭」が市民の手により作られ、「シャクナゲ」や「アセビ」などを基調に、「ムラサキシキブ」や「ジュウニヒトエ」などの平安時代や源氏物語を連想する植物が植えられ、斜面には、比叡の山々や琵琶湖のさざ波を表現した景石が据えられています。
びわ湖ホールの湖岸テラスに、「源氏の庭」という花壇がつくられています。

こういうブログも参考になります。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-04-19 18:19 | 新しい価値の創造
ラ・フォル・ジュルネ びわ湖 応援CM募集
CM動画が数種類アップされています。
http://www.youtube.com/user/LFJbiwa2012?feature=mhee

誰でも参加OK!
ラ・フォル・ジュルネ びわ湖 応援CM募集
http://lfjb.biwako-hall.or.jp/2012/cm

評価の方もよろしくお願いします。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-04-15 16:52 | イベントお知らせ
ラ・フォル・ジュルネびわ湖2012 ウェルカムコンサート
ラ・フォル・ジュルネびわ湖2012本公演に先駆け、明日4月15日(日)、ウェルカムコンサートを開催します!
場所は浜大津アーカス 2階 フェスティバルコートで、13:00~と14:00~の2回公演です。
無料でご覧いただけます。

コンサートには、ラ・フォル・ジュルネびわ湖に出演する、びわ湖ホール声楽アンサンブルのメンバーである、ソプラノの松下美奈子とバリトンの相沢創が出演いたします。

〇当日予定されている曲目は次のとおりです。
滝 廉太郎:花
ラフマニノフ:ヴォカリーズ
山田耕筰:ペチカ
林 光:オペラ「森は生きている」より“十二月の歌”

春の昼下がり、皆さまに素敵なひとときをお届けいたします。
皆さまどうぞお越しください.

twitterでも情報をお伝えしています。
http://twitter.com/intent/user?screen_name=LFJbiwako
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-04-14 11:54 | イベントお知らせ
春の余韻
桜咲く前に、芦屋川界隈をメンタリングを受けながら歩きました。
あと何週間でここは桜川、また来たいと思いながら歩きました。
d0004627_1049513.jpg


あれから3週間。

その時に買ったイチジクパンを貪り食ったように、
d0004627_10494792.jpg


今回の旅では私の塩屋時代の思い出界隈を次々とめぐり、30年余りの神戸時間と私時間の積み重ねができました。

私の住む山から交通事情も良く、車で僅か1時間余り。
淡い海のびわ湖から、青い海の須磨へ。
なんて青いんだろう!!!
あの時の感動が蘇ってきます。

須磨を抜け国道2号線から海が広がっています。
なにもかもが新鮮だった。
明石もすぐ。
d0004627_10503261.jpg

大学通学時、「西明石行き」がとてつもなく遠くに感じられましたが、そんなに遠くない。
今や米原もそう遠くない。心理的遠さは愛着度によって違ってきます。

塩屋駅から、ジェームズ山へ。住民だけが入れるあの門。車で迷いながら、「ここ」を確認しました。これが欲しかった。浜辺にあるアパートからジョギングをしてここまで登ってきたんだ。

塩屋周遊の後は須磨の水族館にも行き、国道2号線を元町まで。
d0004627_10504773.jpg

お泊りは、神戸ポートタワーの見えるSuite Hotel。ベランダから行き来する遊覧船や神戸の夜景を眺め、滋賀、京都、神戸、シアトル、今の私と、メモリーフラッシュ。
d0004627_10511526.jpg

「ボー」という汽笛に私の現在、過去、未来が混ざります。

翌日は、酒蔵めぐりで、また芦屋川へ。
d0004627_10513543.jpg

咲きかけの桜をめで、私の住む比叡の山へ。
d0004627_1052590.jpg


今週末、三井寺の桜は満開です。
[PR]
by sdo-asanoya | 2012-04-13 23:05