2年ものの薪をストーブで楽しむ
こなんの森・薪割りくらぶ設立に参画された田代さん(近江環人地域再生学座5期生)のお取り計らいで、
くらぶのお仲間に薪を家まで届けていただきました。底を尽きかけていた薪棚も一杯になりました。田代さんとは、以前センターにもお見えになりいろいろ意見交換しました。12月26日の比良里山クラブの薪割りワークショップではチェーンソーの使い方やメンテ方法、おしゃれな薪棚作りの説明と大活躍。

今日は薪三昧でお部屋を暖かくして、春山の緑や蒼を夢のお供に、寝ることにします。
d0004627_1721690.jpg

[PR]
by sdo-asanoya | 2011-02-12 17:19 | LOHAS・ライフスタイル
<< 湖上で 文化・経済フォーラム滋賀 薪はもうすぐ >>