昨日の地域ビジネスネットワークフォーラム
d0004627_2314431.jpg

 昨日は、天気予報に反して、風がきつく寒い日でしたが、フォーラム会場はポジティブな熱気で150名ほどの参加がありました。やはり共催の意義は、大きい。参加者のバックグラウンドが混ぜ混ぜだったのが、良かった。審議官の大塚さんが時間どおりに来られなかったらどうしようと大津駅で待っていましたが、ピカッと光って、「ここは滋賀県だよね。」という大塚さんの笑顔から、一日は始まりました。

 滋賀県庁でのご挨拶に始まり、草津まで視察。百聞は一見にしかずと「青花」で農業、健康製品の連携に関して意見交換。 フォーラムは、150人の前傾姿勢の方々で、熱気いっぱいの内容。やはり、物語性がどれだけあるかが、重要なポイント。「一人負けしない。一人勝ちしない。」というコメンテータ中川さんの言葉が、ストンと心の中で落ちました。フォーラム終了後は、びわ湖ホールや当日オープンしたオープンカフェエリアを体験。突然の訪問でしたが、ホール館長には丁寧に対応していただきました。いつもながらですが、ありがとうございます。

 緊張の糸が切れやや放心状態でしたが、今朝はM市の方が提案型助成金のことで来られ、午後は別のファンド審査会。委員の中で共通の目線が分かってきました。夜はO市の市民委員会。明日は県立大学まで。

 日曜日はゆっくりしたいものの、府立大学の授業の準備と、生きていることは忙しいという実感をいただけ、感謝しています。
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-04-24 23:03 | 新しい価値の創造
<< ローザンヌ国際バレエコンクール 地域ビジネスネットワークフォー... >>