AC会議
CIVICUSのCSI(市民社会指標)プロジェクトのアドバイザリー委員会に参加しました。

CIVICUSの市民社会の定義は、以前参加したジョンズホプキンズ大学の市民社会の定義をさらに幅広に定義している意味で、社会を構成している多様なアクターの中に非市民的要素を含むという点で頭の切り替えが必要。それだけに一休さん的な面白さもあり。あれやこれやと知的好奇心いっぱいの会議でした。

多様なアクターの中ではソーシャルエンタープライズも市場性嫌いも反政府的な組織もin。
そういう多様性も抽出具合で、ミックスジュースのブレンドと同じで味付けが変わる。

6月27日は、近畿ソーシャルビジネスフォーラム2009が開催されます。
もう既にたくさんの参加申し込みがあるようです。

その前日に、本能寺の焼け瓦がまだ埋もれている町家で、
北海道グリーンファンドの鈴木さんとの濃密交流会を開催します。

紫陽花や花菖蒲の美しさ、すこし冷やしていただく水無月のやさしい甘さ。
6月の楽しみはたくさんありますが、北海道グリーンファンドの鈴木亨さん
をゲストにお招きする今回のリレートーク特別編を、
みなさまの6月の楽しみリストに付け加えていただければ幸いです。
みなさまのご参加をお待ちしております。
■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■
(以下、6月26日リレートークの詳細です。)
かんさい元気人リレートーク 第7回<特別編>
特定非営利活動法人 北海道グリーンファンド×株式会社 市民風力発電
~風車をまわして地球をまもる!~

【企画趣旨】
京都ソーシャルアントレ会は、関西でご活躍の方を囲んでの
学習・交流の場として「かんさい元気人リレートーク」を開催しています。
第7回は、北海道からゲストにお越し頂く特別編で、
(特活)北海道グリーンファンド事務局長であり、
(株)市民風力発電代表取締役である鈴木亨さんにお話をうかがいます。

北海道グリーンファンドは、1999年の設立以来、様々な形で省エネルギー・
自然エネルギーの普及に取り組んできました。
その中でも最も特徴的なのが、一般の人々から資金を集めて建設される
「市民風車」。

その建設のために事業会社である市民風力発電を設立し、
2001年に北海道の地で生まれたのが日本初の市民風車「はまかぜちゃん」。
その後も事業の展開を続け、全国で10を超える市民風車が今日も元気に
回っています。
現在では、ファンド運営等のファイナンスに特化した
(株)自然エネルギー市民ファンドも設立され、
石川県での新しいプロジェクトが進行しています。

北海道の話、エネルギーの話、お金の話、NPO×会社の話…などなど
鈴木さんの話題は豊富なこと間違いなし!
これを機会に想いや疑問をぶつけて、新しいことを考えるきっかけにして
頂ければ幸いです。

今回は特別編ということで、これまでよりも長い時間を取り、
飲食交えた交流会を企画いたしました。ぜひこちらへもご参加ください。

【内容】
講演内容は、北海道グリーンファンドをはじめたきっかけから
ファンドの成功要因、失敗したこと、今後の課題などを交えきながら、
普段の活動についてお話いただきたいと考えています。

【開催要領】
■日時:2009年6月26日(金)19時から22時 
    受付開始 18時45分 
■場所:「カスタくんの町家」
京都市中京区小川通り六角下る元本能寺町386
http://www.casta-kun.com/modules/casta/index.php?content_id=4

■参加費:講演のみ参加の場合 1,000円(学生500円)
     交流会参加者は上記プラス1,500円(学生はプラス1,000円)
     なお、参加費は当日受付にてお支払いください。 
■参加定員:会場設営の都合上20名程度とさせていただきます。
■申込み方法:KSENウェブサイト内の下記ページ申込フォーム
よりお申込ください。
http://www.ksen.biz/modules/eguide/event.php?eid=29

■タイムテーブル
19:00-19:10 企画趣旨と進行説明
19:10-19:50 鈴木さんのお話(40分)
19:50-20:00 質疑応答
      ※交流会に参加されない方は帰る前に自己紹介タイム
20:00-21:45 交流会・参加者自己紹介・意見交換
21:45-22:00 まとめ

■ゲスト 鈴木 亨(すずき とおる)氏
 北海道生まれ。自治体職員、生協職員を経て、
1999年NPO法人北海道グリーンファンドを設立、
理事・事務局長に就任。2001年株式会社市民風力発電を
設立し、代表取締役を兼務する。2003年株式会社自然エネルギー
市民ファンド代表取締役。北海道省エネルギー新エネルギー
促進条例制定検討懇話会委員(2000~2001年度)、北海道木質
バイオマス資源活用促進協議会委員(2002年度)、経済産業省資源
エネルギー庁グリーンPPS検討会委員(2004年度)、千葉県新エネルギー
プラン策定検討委員会委員(2005年度)、札幌市メガワットソーラー
検討会委員(2007~2008年度)などを務める。現在北海道地域エネルギー・
温暖化対策推進会議委員、環境首都札幌推進協議会委員。主著に
「グリーン電力~市民発の自然エネルギー政策」(コモンズ)、
共著「自然エネルギー市場~新しいエネルギーの姿」(築地書館)。

■関連ウェブサイト
○特定非営利活動法人北海道グリーンファンド
http://www.h-greenfund.jp/whatis/whatistop.html
○株式会社市民風力発電
http://www.cwp.co.jp/
○株式会社自然エネルギー市民ファンド
http://www.greenfund.jp/index.html
[PR]
by sdo-asanoya | 2009-06-22 22:36 | 新しい価値の創造
<< 第6回 協働サロン KSENCSR企画 >>